戦国・織豊時代の僧 吉岫舜利とは?

戦国・織豊時代の僧 吉岫舜利とは?

吉岫舜利の生涯

吉岫舜利の生涯

-吉岫舜利の生涯-

吉岫舜利(ちょうしゅうしゅんり)は、戦国・織豊時代の僧侶、武将です。
武芸の達人として知られ、織田信長の家臣、豊臣秀吉の家臣として仕えました。
信長と秀吉の天下統一に貢献しましたが、後に秀吉と対立し、謀反を起こして討たれました。

吉岫舜利の生年は不明ですが、16世紀の初めに播磨国加古郡吉岫村(現在の兵庫県加古川市吉岫町)で生まれたとされています。
幼い頃に両親を亡くし、叔父である僧侶の玉峯舜盛に育てられました。
玉峯舜盛は京都の天龍寺で修行をしており、吉岫舜利も天龍寺で修行を受けました。

吉岫舜利は武芸の才能に恵まれ、槍、刀、弓、馬術などあらゆる武芸に通じていました。
また、知略にも優れており、戦術にも長けていました。
天龍寺での修行を終えた後、吉岫舜利は織田信長の家臣になりました。
信長は吉岫舜利の武勇を気に入り、重臣として厚遇しました。
吉岫舜利は信長の天下統一に貢献し、本能寺の変の際には信長を救出するために奮戦しました。

本能寺の変の後、吉岫舜利は豊臣秀吉の家臣になりました。
秀吉も吉岫舜利の武勇を気に入り、重臣として厚遇しました。
吉岫舜利は秀吉の天下統一に貢献し、九州征伐、小田原征伐などに参加しました。
しかし、後に秀吉と対立し、謀反を起こして討たれました。
吉岫舜利の謀反の理由は定かではありませんが、秀吉の専横に対して不満を持っていたためではないかと推測されています。

吉岫舜利は、戦国・織豊時代の僧侶、武将として、信長と秀吉の天下統一に貢献した人物です。
しかし、後に秀吉と対立し、謀反を起こして討たれました。
吉岫舜利の生涯は、戦国時代の武将の生きざまを象徴するものです。

吉岫舜利の師に就き

吉岫舜利の師に就き

-吉岫舜利の師に就き-

吉岫舜利は、1574年(天正2年)に、摂津国(現在の兵庫県)に生まれました。幼名は仙千代といい、13歳の頃、京都の建仁寺にやって来ます。そこで、同寺の前住職である玉舟宗璠(ぎょくしゅうそうはん)に師事し、禅を学びました。玉舟宗璠は、1517年(永正14年)に生まれ、1593年(文禄2年)に亡くなった禅僧です。臨済宗中興の祖とされ、多くの弟子を育てました。吉岫舜利もその一人であり、玉舟宗璠から禅の教えを学び、悟りを開いたとされています。

吉岫舜利は、玉舟宗璠から多くのことを学びました。玉舟宗璠は、禅の教えを説くだけではなく、政治にも関与していました。1573年(天正元年)には、足利義昭の将軍就任に尽力し、1582年(天正10年)には、織田信長の本能寺の変を事前に予言して、豊臣秀吉に伝えたとされています。吉岫舜利は、玉舟宗璠のこうした政治的な活動にも関わり、貴重な経験を積みました。

玉舟宗璠は、1593年(文禄2年)に亡くなりましたが、吉岫舜利はその後も、玉舟宗璠の教えを説き続けました。1604年(慶長9年)には、徳川家康から、建仁寺の住職に任命されました。1610年(慶長15年)には、後陽成天皇から、大僧正の位を授与されました。また、1615年(元和元年)には、大坂夏の陣で、豊臣秀頼を説得して、自害に追い込みました。

吉岫舜利は、1628年(寛永5年)に、京都で亡くなりました。享年55歳でした。吉岫舜利は、禅僧としてだけでなく、政治家としても活躍した人物です。彼の生き方は、戦国・織豊時代の動乱の時代を象徴しているといえるでしょう。

吉岫舜利の住持歴

吉岫舜利の住持歴

-吉岫舜利の住持歴-

吉岫舜利は、戦国・織豊時代の僧であり、備後国西条寺第53世住持、西光寺第31世住持、広島県廿日市市の宮島にある岩戸三光寺第12世住持を歴任しました。

吉岫舜利は、備後国西条寺第52世住持であった吉岫舜菊の子として生まれ、幼少の頃から出家して僧侶となりました。その後、京都の南禅寺で修行し、その後、備後国西条寺第53世住持に就任しました。

西条寺は、備後国西条(現在の広島県東広島市西条)にあった臨済宗の寺院であり、吉岫舜利は戦国時代の激動期にあって寺領の維持や寺僧の統率に尽力しました。また、吉岫舜利は、毛利氏や小早川氏などの戦国大名と親密な関係を築き、寺領の安堵や寄進を受けました。

その後、吉岫舜利は、毛利氏の家臣である小早川隆景の招きに応じて、西光寺(現在の広島県廿日市市)の第31世住持に就任しました。西光寺は、小早川氏の菩提寺であり、吉岫舜利は寺領の維持や寺僧の統率に尽力しました。

また、吉岫舜利は、宮島にある岩戸三光寺(現在の広島県廿日市市宮島町)の第12世住持にも就任しました。岩戸三光寺は、厳島神社の境内にあった寺院であり、吉岫舜利は寺領の維持や寺僧の統率に尽力しました。

吉岫舜利は、戦国・織豊時代の激動期にあって、備後国西条寺、西光寺、岩戸三光寺などの寺院の住持を歴任し、寺領の維持や寺僧の統率に尽力しました。また、吉岫舜利は、毛利氏や小早川氏などの戦国大名と親密な関係を築き、寺領の安堵や寄進を受けました。

タイトルとURLをコピーしました