– 大谷光演

– 大谷光演

大谷光演の生い立ちと経歴

大谷光演の生い立ちと経歴

– 大谷光演の生い立ちと経歴

大谷光演は、1950年(昭和25年)11月15日、京都府京都市右京区嵯峨野に生まれた。本名は、大谷光貞。真言宗智山派総本山智積院の第63世貫主である。

大谷光演は、智積院の第62世貫主である大谷光暢の長男として生まれた。大谷光暢は、戦後復興期の真言宗智山派を牽引した名僧であり、大谷光演も幼い頃から仏教に親しみ、僧侶になることを志した。

大谷光演は、1969年(昭和44年)に智積院高等学校を卒業後、智積大学仏教学部に入学。1973年(昭和48年)に智積大学仏教学部を卒業し、智積院の僧侶となった。

大谷光演は、智積院僧侶となってからは、智積院の寺務を執り行うとともに、仏教の研究や布教活動に尽力した。また、1998年(平成10年)には、智積院副貫主に就任。2006年(平成18年)には、智積院貫主に就任した。

大谷光演は、智積院貫主となってからは、智積院の再興と活性化に尽力している。また、真言宗智山派の宗務を執行するとともに、他宗派との交流や社会貢献活動にも取り組んでいる。

大谷光演は、2016年(平成28年)に、真言宗智山派の宗祖である弘法大師空海の入定1200年を記念して、智積院で「弘法大師空海入定1200年御遠忌大法要」を挙行した。また、2017年(平成29年)には、智積院で「真言宗智山派宗祖弘法大師空海御遠忌1200年記念大開帳」を開催した。

大谷光演は、2019年(令和元年)に、智積院貫主を退任した。退任後も、真言宗智山派の宗務を執り行うとともに、仏教の研究や布教活動に尽力している。

大谷光演の功績

大谷光演の功績

大谷光演の功績

大谷光演は、本願寺派の第22代法主です。1826年に京都で生まれ、1891年に亡くなりました。大谷光演は、本願寺派の改革に尽力し、近代仏教の礎を築いた人物として知られています。

大谷光演の功績の第一は、本願寺派の教義を近代化し、社会情勢に適応させたことです。大谷光演は、従来の本願寺派の教義が、在家信者の生活実態にそぐわないものであると批判し、在家信徒が日常生活の中で仏教をを実践しやすいように、教義を改革しました。

大谷光演の功績の第二は、本願寺派の組織を近代化し、運営を効率化させたことです。大谷光演は、本願寺派の組織を中央集権化し、財政を統一しました。また、本願寺派の僧侶の教育制度を整備し、僧侶の質の向上を図りました。

大谷光演の功績の第三は、本願寺派の社会事業を拡充し、社会貢献を果たしたことです。大谷光演は、本願寺派の社会事業部を設置し、孤児院や病院、救貧施設などを設立しました。また、大谷光演は、教育事業にも力を入れ、大学や専門学校を設立しました。

大谷光演は、本願寺派の改革に尽力し、近代仏教の礎を築いた人物として知られています。大谷光演の功績は、今日でも本願寺派の発展に大きな影響を与えています。

大谷光演の俳句

大谷光演の俳句

-大谷光演の俳句-

大谷光演は大正13年(1924年)に大阪府に生まれました。父は浄土真宗本願寺派の僧侶で、光演もまた幼い頃から仏教に触れて育ちました。

しかし、光演は僧侶になることを望まず、高校卒業後は出版社に就職しました。出版社に勤めながら、光演は俳句を学び始め、やがて句誌『天狼』に入会します。

光演は、昭和38年(1963年)に『天狼』の同人となり、昭和43年(1968年)には同誌の主宰になります。光演は、主宰として『天狼』を率いて俳壇に大きな影響力を与えました。

光演の俳句は、写生を基本とし、自然をありのままに見つめようとする態度が特徴です。また、光演は、俳句の中に人生の機微を巧みに織り込むことも得意としていました。

光演の句集には、『一隅』(昭和43年)、『花影』(昭和48年)、『サフラン』(昭和53年)、『海辺』(昭和58年)、『花は花』(平成元年)、『いのち』(平成4年)、『彼岸』(平成7年)、『日輪』(平成10年)などがあります。

光演は、平成14年(2002年)に文化功労者に選ばれました。平成19年(2007年)に83歳で亡くなりました。

光演の俳句は、今もなお多くの人々に愛され続けています。その清新な作風と、人生の機微を巧みに織り込んだ句風は、俳句の新しい可能性を切り拓いたものとして高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました