官吏・中原清業の人となり

官吏・中原清業の人となり

平頼盛の郎従として活躍

平頼盛の郎従として活躍

平頼盛の郎従として活躍

中原清業は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した官吏である。平頼盛の郎従として仕え、頼盛の死後は源頼朝に仕えて鎌倉幕府の御家人となった。清業は、武勇に優れているだけでなく、学問にも通じており、歌人としても知られている。

清業は、相模国(現在の神奈川県)の出身である。父は中原親能、母は清原氏の娘である。清業は、幼少の頃から父から学問を学び、和歌を嗜むようになった。18歳の時、平頼盛の郎従となり、頼盛の信任を得て出世を重ねた。頼盛の死後は、源頼朝に仕えて鎌倉幕府の御家人となった。

清業は、頼朝の信頼を得て、多くの重要な任務を任された。頼朝が挙兵した時には、清業は頼朝の先鋒として活躍した。また、頼朝が鎌倉幕府を開いた後には、清業は幕府の政務を執る評定衆の一員となり、頼朝の側近として活躍した。

清業は、武勇に優れているだけでなく、学問にも通じていた。清業は、和歌を嗜み、多くの和歌を詠んだ。また、清業は、平頼盛の伝記である『頼盛卿伝』を執筆した。この伝記は、頼盛の生涯を詳しく記したもので、頼盛の死後、清業が頼盛の功績を後世に伝えようとして執筆したものである。

清業は、1205年に死去した。清業の死後、清業の息子の中原親能が清業の後を継いで、鎌倉幕府の御家人として活躍した。親能は、平清盛の弟である平家盛の娘と結婚し、清盛の一族と姻戚関係を結んだ。親能は、鎌倉幕府の評定衆の一員として活躍し、頼朝の死後は、源頼家の側近として活躍した。

清業は、武勇に優れているだけでなく、学問にも通じていた。また、清業は、和歌を嗜み、多くの和歌を詠んだ。清業は、鎌倉幕府の重要な人物であり、清業の功績は後世に伝えられている。

大隅守、対馬守を歴任

大隅守、対馬守を歴任

-大隅守、対馬守を歴任-

中原清業は、嘉永4年(1851年)に大隅守に任命され、安政元年(1854年)には対馬守に任命された。大隅守は、現在の鹿児島県の大隅半島を管轄する役職であり、対馬守は、現在の長崎県対馬を管轄する役職である。両職とも、江戸幕府の重要ポストであり、中原清業の有能さを示すものといえる。

大隅守として、中原清業は、藩政改革に取り組んだ。具体的には、租税制度の改革、産業の振興、教育制度の拡充などを行った。また、対馬守として、中原清業は、対馬の防衛に尽力した。具体的には、砲台を築造したり、兵士を訓練したりした。

中原清業は、大隅守、対馬守として、それぞれ7年間ずつ務めた。その間、中原清業は、両藩の発展に大きく貢献した。また、中原清業は、在任中に多くの功績を挙げ、幕府から表彰された。

中原清業は、明治維新後も、政府で要職を歴任した。具体的には、内務卿、大蔵卿、文部卿などを務めた。中原清業は、明治政府の近代化政策に尽力し、日本の近代化に貢献した。

中原清業は、幕末から明治にかけて、日本の近代化に貢献した重要人物である。中原清業の功績は、今日でも高く評価されている。

院分国の備前と播磨の目代をつとめる

院分国の備前と播磨の目代をつとめる

中原清業は、鎌倉時代前期の官吏です。播磨の豪族である佐貫氏の出身で、父は佐貫惟清、母は平清盛の妹です。妻は平時忠の娘で、子に中原師清がいます。

中原清業は、建保4年(1216年)に院分国の備前と播磨の目代に任じられました。目代とは、院分国の国司に代わって国務を管理する役職です。中原清業は、目代として備前と播磨で10年間務め、当地の治安維持や経済発展に尽力しました。

中原清業は、目代としての実績が認められ、建保7年(1219年)には左衛門尉に任じられました。左衛門尉とは、左衛門府の長官で、警護や治安維持を担当する役職です。中原清業は、左衛門尉として鎌倉幕府の治安維持に貢献しました。

中原清業は、建保10年(1222年)に死去しました。享年は38歳でした。中原清業は、若くして亡くなりましたが、その功績は鎌倉幕府に長く語り継がれました。

タイトルとURLをコピーしました