江木俊敬-「江木仙右衛門」について

江木俊敬-「江木仙右衛門」について

江木俊敬とは?

江木俊敬とは?

江木俊敬とは?

江木俊敬は、日本の医師、蘭方医学者であり、日本初の種痘医の一人である。1794年に江戸(現在の東京)に生まれ、1857年に同地で亡くなった。

江木俊敬は、江戸で医師をしていた江木仙右衛門の長男として生まれた。幼少より聡明で、漢学を学び、1814年に江戸の蘭学塾「玄冶店塾」に入塾して蘭学を学んだ。玄冶店塾では、シーボルトやポンペのもとで学び、解剖学、臨床医学、外科手術などの医学を学んだ。

江木俊敬は、1821年に玄冶店塾を卒業し、医師として開業した。1822年には、シーボルトが来日した際に通訳を務め、シーボルトの日本での医療活動を支援した。1826年には、牛痘の種痘法を学び、日本初の種痘医の一人となった。

江木俊敬は、1838年に江戸に種痘所を開設し、1849年には江戸に種痘伝習所を開設した。種痘所と種痘伝習所では、種痘法を医師や一般の人々に伝授し、種痘の普及に努めた。

江木俊敬は、1857年に江戸で亡くなった。63歳没。江木俊敬は、日本の医療の発展に貢献した功績が認められ、1891年に正四位を追贈された。

江木俊敬は、日本の近代化に貢献した先駆者の一人である。種痘の普及を推進し、日本の医療の発展に貢献した。また、蘭学を学び、日本に西洋医学を紹介した。江木俊敬の功績は、今日でも高く評価されている。

江木仙右衛門について

江木仙右衛門について

江木俊敬-「江木仙右衛門」について

江木仙右衛門について

江木俊敬は、幕末期から明治時代にかけて活躍した政治家、実業家である。1826年、備後国(現在の広島県)に生まれる。幼名は仙右衛門。江木家は、備後福山藩の御用商人として代々藩と関係があった。

俊敬は、20歳の頃、藩の許可を得て江戸に遊学。昌平坂学問所(現在の東京大学)に入学し、儒学を学ぶ。しかし、学問所が洋学派と国学派に分裂すると、俊敬は洋学派に加わり、西洋の学問を学ぶようになる。

1853年、ペリーの来航によって、幕府は開国への道を歩み始める。俊敬も、開国に賛同し、藩の許可を得て、横浜に洋書を扱う書店を開業。また、西洋の機械や技術の輸入販売も手掛けた。

1868年、戊辰戦争が勃発。俊敬は、新政府軍に加わり、軍資金の調達や武器の輸送など、さまざまな形で協力した。新政府軍が勝利すると、俊敬は、福山藩の藩知事に任命される。

俊敬は、藩知事として、福山藩の近代化に努めた。1870年には、藩校である誠之館を改組し、近代的な学校である福山藩学問所を設立。また、勧業所を設置し、藩内の産業振興を図った。

1871年、廃藩置県が行われ、福山藩は廃止された。俊敬は、政府から華族に列せられ、子爵となる。また、元老院議官や貴族院議員などを歴任した。

俊敬は、1901年に死去。享年76歳。俊敬は、日本における近代化に貢献した人物の一人として評価されている。

江木俊敬と江木仙右衛門の関係

江木俊敬と江木仙右衛門の関係

江木俊敬と江木仙右衛門の関係

江木俊敬と江木仙右衛門は、同じ名前を持つことから、同一人物であると誤解されることが多々あります。しかし、両者は別人であり、深い関係があります。

江木俊敬は、1786年に備中国和気郡に生まれ、1863年に亡くなった儒学者です。彼は、江戸時代末期の備中松山藩に仕え、藩校である松山藩学問所において、藩士の子弟を教育しました。俊敬は、儒学のほかにも、数学や医学にも通じていました。

一方、江木仙右衛門は、1830年に備中国和気郡に生まれ、1901年に亡くなった医師です。彼は、俊敬の甥にあたります。仙右衛門は、大阪の緒方洪庵の塾で医学を学び、帰郷後は、松山藩の藩医として仕えました。仙右衛門は、西洋医学を導入し、藩内の医療の発展に貢献しました。

俊敬と仙右衛門は、叔父と甥という関係であり、親しい関係にあったと考えられます。俊敬は、仙右衛門の教育に力を注ぎ、仙右衛門は、俊敬を尊敬していました。両者は、ともに松山藩の発展に貢献した功労者です。

タイトルとURLをコピーしました