– 大谷五郎右衛門

– 大谷五郎右衛門

阿波徳島城主蜂須賀家政に招かれ、塩田を開く

阿波徳島城主蜂須賀家政に招かれ、塩田を開く

-阿波徳島城主蜂須賀家政に招かれ、塩田を開く-

大谷五郎右衛門は、安土桃山時代から江戸時代初期の豪商である。豊臣秀吉の船手奉行を務めた人物としても知られている。

大谷五郎右衛門は、播磨国(現在の兵庫県)に生まれた。若い頃は海運業を営んでいたが、のちに豊臣秀吉に仕官することになった。秀吉の船手奉行として、朝鮮出兵や九州征伐に従軍した。

関ヶ原の戦いでは、大谷五郎右衛門は東軍に属した。戦後に、徳川家康から摂津国(現在の大阪府)と河内国(現在の大阪府)の領地を拝領した。

大谷五郎右衛門は、領地経営に力を注いだ。阿波徳島城主蜂須賀家政から招かれ、家臣の平田善右衛門と共に海辺の塩田を開いた。また、摂津国と河内国の間に、大坂城と山陽地方を結ぶ大坂街道を開削した。

大谷五郎右衛門は、豪商として活躍し、莫大な富を築いた。また、領主として、領民の生活の向上にも努めた。

その中でも、徳島浦で蜂須賀家政に招かれ行なった塩田開発は、非常に技術的に難しく、かつ砂浜が多い徳島浦の地形を生かしたものであった。

大谷五郎右衛門は、1615年に死去した。享年80。

撫養塩方12ヵ村が開発され、斎田塩として全国的に知られる

撫養塩方12ヵ村が開発され、斎田塩として全国的に知られる

-撫養塩方12ヵ村が開発され、斎田塩として全国的に知られる-

大谷五郎右衛門は、1600年(慶長5年)に淡路島に生まれ、幼い頃から塩の製法について研究を重ねました。やがて、五郎右衛門は独自の製法を確立し、質の高い塩を生産するようになりました。

五郎右衛門の塩は、その品質の高さから評判になり、やがては江戸城まで献上されるようになりました。将軍家からもお墨付きをもらい、五郎右衛門の塩は「斎田塩」として全国的に知られるようになりました。

斎田塩は、その名の通り、伊勢神宮に奉納される塩として使用されました。また、斎田塩は、武家や公家など、上流階級の人々に愛されました。

五郎右衛門の塩は、その品質の高さに加えて、生産量も多かったため、淡路島の経済を支える重要な産業となりました。五郎右衛門の功績は、淡路島の人々からたたえられ、現在でも、五郎右衛門を祀る神社があります。

五郎右衛門の塩は、淡路島の特産品として、現在でも多くの人に愛されています。五郎右衛門の塩は、その品質の高さから、料理の味を引き立ててくれる塩として、多くの料理人に愛用されています。

五郎右衛門の塩は、淡路島の歴史と文化を象徴する食べ物です。五郎右衛門の塩を食べることで、淡路島の歴史と文化を感じることができます。

寛文10年9月死去

寛文10年9月死去

-寛文10年9月死去-

大谷五郎右衛門は、寛文10年(1670年)9月に死去しました。享年68歳でした。彼は、江戸時代初期の商人であり、豪商として知られていました。

大谷五郎右衛門は、近江国蒲生郡八幡町(現在の滋賀県近江八幡市)に生まれました。幼い頃から商才を発揮し、16歳で江戸に出て、呉服商として独立しました。その後、事業を拡大し、日本各地に支店を設けました。

大谷五郎右衛門は、豪商として知られるだけでなく、社会事業にも熱心に取り組みました。彼は、橋や道路の建設、貧困者の救済などを行いました。また、儒学を学び、多くの書物を著しました。

大谷五郎右衛門は、幕府から勘定奉行に任命されましたが、病気を理由に辞任しました。その後、彼は隠居し、書画や骨董品の収集に没頭しました。

大谷五郎右衛門は、寛文10年(1670年)9月に江戸で死去しました。享年68歳でした。彼の死は、江戸の商人社会に大きな衝撃を与えました。

タイトルとURLをコピーしました