喜連川氏連(1739-1762)→ 江戸時代中期の越後喜連川藩主

喜連川氏連(1739-1762)→ 江戸時代中期の越後喜連川藩主

喜連川氏連の生涯

喜連川氏連の生涯

-喜連川氏連の生涯-

喜連川氏連(1739-1762)は、江戸時代中期の越後喜連川藩主です。

彼は、元文4年(1739年)に下野国喜連川藩主・喜連川昭連の次男として生まれました。

宝暦5年(1755年)に父が亡くなると家督を継ぎ、喜連川藩主となります。

氏連は藩主として、藩政改革に取り組みました。

彼はまず、倹約令を発して藩の財政を立て直し、その後、藩校を設立して人材育成に努めました。

また、彼は治水工事にも力を入れ、藩領内の洪水を防ぐことに成功しました。

明和9年(1762年)、氏連はわずか23歳で亡くなりました。

彼には男子がいなかったため、家督は弟の氏栄が継ぎました。

氏連は短い生涯でしたが、藩政改革に尽力し、藩の発展に貢献した名君として知られています。

喜連川氏連の功績

喜連川氏連の功績

喜連川氏連の功績

喜連川氏連は、江戸時代中期の越後喜連川藩主である。明和6年(1769年)、9代藩主として家督を継いだ。

氏連は、藩政改革に尽力し、喜連川藩の財政を再建した。また、学問を奨励し、藩校である喜連川藩校を開設した。

氏連は、越後一国を治めた大名であり、加賀藩主の前田家や越後長岡藩主の牧野家とも交流があった。また、京都の公家や江戸の幕府とも交流があり、幕政にも参与した。

氏連は、明和9年(1772年)に死去した。享年34歳。跡を長男の喜連川恵氏が継いだ。

喜連川氏連は、越後喜連川藩の藩政改革に尽力し、藩の財政を再建し、学問を奨励した名君であった。

喜連川氏連のエピソード

喜連川氏連のエピソード

喜連川氏連のエピソード

喜連川氏連は、江戸時代中期の越後喜連川藩主です。藩政改革や学問振興に尽力し、名君と称賛されています。氏連には、数多くのエピソードが残されており、その人柄や功績をしのぶことができます。

・藩政改革

氏連は、藩政改革を積極的に行い、藩財政の立て直しに努めました。まず、藩内の検地を実施して租税制度を整備し、無駄な支出を削減しました。また、藩士の禄高を減らし、その代わりに藩士の教育や産業振興に力を入れました。氏連の改革は、藩財政の立て直しに成功し、喜連川藩は経済的に豊かな藩となりました。

・学問振興

氏連は、学問を奨励し、藩士の教育に力を入れました。藩校である「喜連川藩校」を創設し、藩士の子弟に教育を施しました。また、氏連自身が学者として活躍し、儒学や兵学などの分野で多くの著作を残しました。氏連の学問振興政策は、喜連川藩士の学問レベルを高め、藩政の発展に貢献しました。

・名君の逸話

氏連には、名君として知られる数多くの逸話が残されています。その一つが、ある日、氏連が藩内を視察しているとき、一人の農民が田んぼで働いているのを見かけたという逸話です。氏連は、その農民の姿を見て「よく働いているな。褒美を与えるぞ」と言って、その農民に褒美を与えました。農民は、氏連の温情に感激し、涙を流して喜びました。

また、氏連は、藩士の生活を気にかけており、あるとき、一人の藩士が病気で困窮していることを知ると、氏連は自らその藩士の家に赴き、お金や薬を贈りました。藩士は、氏連の思いやりに感激し、病気を克服することができました。

氏連のエピソードは、氏連の人柄や功績をしのぶことができるとともに、江戸時代中期の藩政の様子を知る上でも貴重な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました