大谷松吟斎 – 幕末から明治時代の華道家

大谷松吟斎 – 幕末から明治時代の華道家

独笑庵山甫に学んだ華道家

独笑庵山甫に学んだ華道家

-独笑庵山甫に学んだ華道家-

大谷松吟斎は、幕末から明治時代にかけて活躍した華道家です。1845年、江戸に生まれ、独笑庵山甫に師事し、華道を学びました。山甫の死後は、その跡を継いで、独笑庵の二代目家元となりました。

松吟斎は、山甫から受け継いだ華道をさらに発展させ、多くの弟子を育てました。彼の華道は、自然の美しさを表現したもので、写生を重視しました。また、彼は、花を活けるだけでなく、花器や花瓶の制作にも優れていました。

松吟斎の華道は、当時の文化人に高く評価され、多くの文人墨客が彼の門を叩きました。また、彼は、海外にも華道を紹介し、その普及に努めました。1889年、松吟斎は東京美術学校(現在の東京藝術大学)の教授に就任し、華道を教育しました。

松吟斎は、1929年に死去しましたが、彼の華道は、現在でも多くの華道家に受け継がれています。

桑原聴雪の推薦により松月堂古流牧水派29代家元となった人物

桑原聴雪の推薦により松月堂古流牧水派29代家元となった人物

桑原聴雪の推薦により松月堂古流牧水派29代家元となった人物

大谷松吟斎(おおたに しょうぎんさい、1837年 – 1905年)は、幕末から明治時代の華道家である。松月堂古流牧水派29代家元を務めた。

松吟斎は、1837年に江戸に生まれた。幼少期から華道を学び、1854年に松月堂古流牧水派28代家元・桑原聴雪に入門した。聴雪は松吟斎の才能を認め、1860年に家督を譲った。

松吟斎は家元を継いだ後、華道の普及に努めた。1868年に明治維新が起こると、東京に移住し、華道教室を開設した。また、1872年に華道雑誌『花月報』を創刊し、華道の理論や作品を発表した。

松吟斎は、華道の発展に大きな貢献をした人物である。その功績は、現在でも高く評価されている。

松吟斎は、1905年に東京で死去した。享年69。

松吟斎は、桑原聴雪の推薦により、松月堂古流牧水派29代家元となった。松吟斎は家元を継いだ後、華道の普及に努めた。1868年に明治維新が起こると、東京に移住し、華道教室を開設した。また、1872年に華道雑誌『花月報』を創刊し、華道の理論や作品を発表した。松吟斎は、華道の発展に大きな貢献をした人物である。その功績は、現在でも高く評価されている。

近江(おうみ)(滋賀県)表佐村蓮明寺の住職

近江(おうみ)(滋賀県)表佐村蓮明寺の住職

-大谷松吟斎 – 幕末から明治時代の華道家-

近江(おうみ)(滋賀県)表佐村蓮明寺の住職

-生い立ち-

大谷松吟斎は、1801年(享和元年)に、近江国表佐郡表佐村蓮明寺(滋賀県東近江市表佐町)で、住職の次男として生まれました。幼名は勝助といい、16歳の時に名を松月と改めました。1822年(文政5年)に、父が亡くなり、22歳の若さで表佐村本龍寺住職を継ぎました。

-華道との出会い-

松吟斎は、幼い頃から華道に興味を持ち、12歳の時より、近江国膳所城下(滋賀県大津市膳所)の華道家である池坊専好のもとで華道を学び始めました。専好は、京都の華道家である池坊四世専好の孫であり、当時の華道界で活躍する人物でした。松吟斎は、専好のもとで、華道の基本を学び、華道の奥深さに魅了されました。

-華道家としての活躍-

1826年(文政9年)、松吟斎は、池坊四世専好の跡を継いで、池坊五世専好となりました。そして、京都に池坊専好を称しました。松吟斎は、華道家として、多くの作品を残し、華道の発展に貢献しました。

-明治維新後の活躍-

1868年(明治元年)、明治維新が起こり、松吟斎は、維新政府の華道奉行を命じられました。松吟斎は、華道奉行として、華道の普及に努め、華道の地位向上に貢献しました。

-晩年-

1870年(明治3年)、松吟斎は、池坊六世専好に家督を譲り、隠居しました。そして、1875年(明治8年)、75歳で亡くなりました。松吟斎は、華道界で大きな功績を残した人物として、現在でもその名が知られています。

タイトルとURLをコピーしました