【安倍喜平】幕末-明治時代の教育者,実業家

【安倍喜平】幕末-明治時代の教育者,実業家

安倍喜平の生い立ちと教育

安倍喜平の生い立ちと教育

-安倍喜平の生い立ちと教育-

安倍喜平は、1817年(文化14年)7月21日、相模国高座郡善行村(現在の神奈川県横浜市緑区)に生まれました。父は村役人を務めた安倍金蔵、母は菅野氏の娘です。幼い頃から学問を好み、独学で漢籍や蘭学を学びました。1838年(天保9年)、21歳の時に江戸に出て、渋川春海が開いた塾に入門しました。そこで、洋学や医学を学びました。

1843年(天保14年)、26歳の時に、長崎に遊学し、オランダ人医師から医学を学びました。翌1844年(天保15年)、27歳の時に、江戸に戻り、蘭学塾を開きました。また、1845年(弘化2年)、28歳の時には、大坂に遊学し、緒方洪庵の塾に入門しました。そこで、西洋医学を学びました。

1847年(弘化4年)、30歳の時には、江戸に戻り、蘭学塾を再開しました。また、1848年(嘉永元年)、31歳の時には、蕃書翻訳御用掛に任命されました。そこで、蘭書の翻訳に従事しました。1853年(嘉永6年)、36歳の時には、ペリーが浦賀に来航し、日米和親条約が締結されました。安倍喜平は、この条約の翻訳にも携わりました。

安倍喜平の教育事業

安倍喜平の教育事業

-安倍喜平の教育事業-

安倍喜平は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍し、教育事業に尽力した人物です。

喜平は、1839年、盛岡藩の下級武士である安倍平兵衛の長男として生まれました。幼い頃から聡明で、1851年に藩学校に入学しました。藩校卒業後は、江戸に出て、昌平黌(現在の東京大学)で学びました。

昌平黌卒業後、喜平は盛岡藩に戻り、藩校の教員となりました。その後、藩の御用掛を歴任し、1871年には藩の参事となりました。参事として、藩の教育制度の改革に取り組み、藩内に小学校や中学校を設立しました。

1873年、盛岡藩が廃藩置県になると、喜平は東京に移住しました。東京では、文部省の官吏となり、学務局長や専門学務局長を歴任しました。学務局長として、日本の近代教育制度の確立に尽力しました。専門学務局長として、専門学校や大学設立の推進に尽力しました。

1880年、喜平は文部省を退官し、実業家として活躍しました。1882年に東京商業会議所を設立し、初代会頭となりました。また、1885年に東京電灯会社を設立し、初代社長となりました。

1897年、喜平は58歳で死去しました。喜平は、教育事業と実業活動を通じて、日本の近代化に貢献しました。

喜平が設立した東京商業会議所は、現在も日本経済の中心的な役割を果たしています。また、喜平が設立した東京電灯会社は、現在では東京電力ホールディングス株式会社となり、日本の電力供給の重要な役割を果たしています。

喜平の教育事業は、日本の近代教育制度の確立に貢献しました。喜平が設立した学校や大学は、現在でも日本の教育の中心的な役割を果たしています。

喜平は、日本の近代化に大きく貢献した人物であり、その功績は今もなお、人々に敬意を持って受け継がれています。

安倍喜平の実業家としての活躍

安倍喜平の実業家としての活躍

安倍喜平の実業家としての活躍

安倍喜平は、幕末から明治時代にかけて活躍した教育者で実業家です。

彼は1831年、山梨県甲府市に生まれました。生家は旗本でしたが、幼い頃から家運が傾き、貧しい生活を送ったといいます。

12歳の時、家計を助けるために江戸に出て、奉公に出ました。その後、さまざまな職を転々とした後、1853年にペリー来航を機に横浜で英学を学びました。

英学を身につけた後、安倍喜平は、横浜で貿易業を始めます。そして、1869年に、横浜商工会議所の初代会頭に選出されました。

また、彼は、横浜の近代化に尽力し、横浜市会議員や神奈川県会議員も務めました。

1881年には、日本銀行の初代総裁に就任しました。初代総裁という大役を歴任後、1888年に死去しました。

タイトルとURLをコピーしました