「阿部豪逸」とは?幕末の尊攘(そんじょう)運動家として活躍した修験者

「阿部豪逸」とは?幕末の尊攘(そんじょう)運動家として活躍した修験者

阿部豪逸の生い立ちと修験者としての活動

阿部豪逸の生い立ちと修験者としての活動

阿部豪逸の生い立ちと修験者としての活動

阿部豪逸は、1814年に越前国(現在の福井県)に生まれました。家は代々修験者であり、豪逸も幼い頃から修験者の修行を受けました。修験道は、山岳信仰と仏教が融合した日本独自の宗教で、山岳を修行の場とし、山岳の神々を祀っています。豪逸は、修験者として各地を巡り、修行を重ねました。

その後、豪逸は江戸に出て、尊攘運動に参加しました。尊攘運動とは、幕末に起こった、攘夷思想に基づいて外国勢力の排斥と天皇を中心とした国家の復興を目指した運動です。豪逸は、尊攘運動の志士たちと交流し、尊攘思想に共感しました。

1868年に戊辰戦争が勃発すると、豪逸は新政府軍に参加して官軍として戦いました。豪逸は、東北地方を転戦し、新政府軍の勝利に貢献しました。戊辰戦争後、豪逸は官僚として政府に仕えました。しかし、豪逸は政府の腐敗に失望し、1873年に官職を辞任しました。

豪逸は、官職を辞任した後も、民間の尊攘運動に関わり続けました。豪逸は、各地を巡って尊攘思想を宣伝し、尊攘運動の気運を盛り上げました。豪逸は、1885年に亡くなりましたが、その尊攘思想は、日本の近代化に大きな影響を与えました。

禁門の変と長門への帰還

禁門の変と長門への帰還

-禁門の変と長門への帰還-

1864年7月19日、阿部豪逸は禁門の変に参加した。禁門の変とは、尊王攘夷派と幕府の間で起こった武力衝突であり、阿部豪逸は尊王攘夷派としてこの変に参加した。しかし、禁門の変は尊王攘夷派の敗北に終わり、阿部豪逸は長門国に帰還した。

長門国に帰還した阿部豪逸は、尊王攘夷運動を続けることを決意した。阿部豪逸は、長門国で尊王攘夷派の志士たちと交流し、尊王攘夷運動の拠点作りに尽力した。また、阿部豪逸は、長門国で尊王攘夷派の軍隊を組織し、幕府軍との戦いに備えた。

1865年、幕府軍は長門国に侵攻した。阿部豪逸は、長門国で幕府軍と戦い、幕府軍を撃退した。しかし、幕府軍はその後も長門国に侵攻を続け、阿部豪逸は長門国から撤退することを余儀なくされた。

阿部豪逸は、長門国から撤退した後、薩摩国に亡命した。薩摩国で阿部豪逸は、薩摩藩の尊王攘夷派の志士たちと交流し、薩摩藩の尊王攘夷運動を支援した。

1868年、明治維新が起こり、幕府が倒された。阿部豪逸は、明治維新後、政府に出仕し、政府の要職を歴任した。阿部豪逸は、明治維新後も尊王攘夷の志を貫き、日本の近代化に尽力した。

第2次幕長戦争における阿部豪逸の活躍

第2次幕長戦争における阿部豪逸の活躍

– 第2次幕長戦争における阿部豪逸の活躍

第2次幕長戦争は、1863年(文久3年)から1864年(元治元年)にかけて長州藩と幕府の間で行われた戦いである。この戦争において、阿部豪逸は、長州藩側の参謀として活躍した。

阿部豪逸は、1839年(天保10年)に、現在の山口県周南市に生まれた。幼い頃から剣術や槍術を学び、長州藩の藩校である明倫館にも通った。1861年(文久元年)には、長州藩の尊攘運動に参加し、翌年には、第1次幕長戦争で活躍した。

第2次幕長戦争が勃発すると、阿部豪逸は、長州藩の参謀として、毛利敬親(もうりたかちか)を補佐した。阿部豪逸は、優れた戦略家であり、幕府軍を相手に多くの勝利を収めた。特に、1863年(文久3年)7月に起こった御所山砲台などの戦いで、阿部豪逸の指揮のもと、長州藩軍は幕府軍を破った。

しかし、1864年(元治元年)7月、長州藩は幕府軍に敗北し、京都から撤退を余儀なくされた。阿部豪逸も、長州藩軍とともに撤退し、故郷の周南市に戻った。

阿部豪逸は、1865年(慶応元年)に、長州藩の藩兵として戊辰戦争に参加した。戊辰戦争後、阿部豪逸は、明治政府に出仕し、陸軍省や内務省で要職を歴任した。1911年(明治44年)に、72歳で死去した。

タイトルとURLをコピーしました