「中村兵左衛門(9代)」

「中村兵左衛門(9代)」

常陸(ひたち)(茨城県)下館(しもだて)藩の城下で生まれ,代々町年寄や本陣をつとめる商家に生まれる

常陸(ひたち)(茨城県)下館(しもだて)藩の城下で生まれ,代々町年寄や本陣をつとめる商家に生まれる

常陸(ひたち)(茨城県)下館(しもだて)藩の城下で生まれ,代々町年寄や本陣をつとめる商家に生まれる

中村兵左衛門(9代)は、1807年(文化4年)に常陸(ひたち)(茨城県)下館(しもだて)藩の城下で生まれた。家は代々町年寄や本陣をつとめる商家で、兵左衛門は9代目当主であった。

兵左衛門は幼い頃から聡明で、学問を好み、1834年(天保5年)には江戸に出て、緒方洪庵の塾である適塾に入塾した。緒方洪庵は、蘭学の第一人者であり、兵左衛門は緒方洪庵から西洋医学や蘭学を学んだ。

1845年(弘化2年)、兵左衛門は下館に戻り、医院を開業した。兵左衛門は、西洋医学を導入して治療を行い、多くの患者を救った。また、兵左衛門は、緒方洪庵から学んだ蘭学の知識を基に、蘭書の翻訳や、西洋医学の啓蒙活動にも取り組んだ。

兵左衛門は、1868年(明治元年)に下館藩の藩医となり、その後、明治政府の衛生局に出仕した。兵左衛門は、衛生局で、日本の近代化に貢献した。

兵左衛門は、1877年(明治10年)に死去した。兵左衛門は、日本の近代化に貢献した偉人であり、その功績は、今もなお語り継がれている。

醤油を醸造し、江戸に販売店を持つ

醤油を醸造し、江戸に販売店を持つ

-「中村兵左衛門(9代)」-

-醤油を醸造し、江戸に販売店を持つ-

中村兵左衛門(9代)は、江戸時代後期の醤油醸造家です。越後国蒲原郡加茂村(現・新潟県加茂市)で生まれ、幕末、明治、大正の三時代にわたって醤油醸造業を営み、「キッコーマン」の基礎を築きました。

25歳で家督を相続し、醤油醸造業を継ぎました。家業は順調に推移し、やがて江戸に販売店を開設します。江戸は当時の日本最大の消費地であり、醤油の販売には絶好の場所でした。

中村兵左衛門(9代)は、品質にこだわった醤油造りを心がけ、江戸の消費者に受け入れられました。江戸で販売した醤油は「キッコーマン」として知られるようになり、やがて全国的にその名が知られるようになりました。

中村兵左衛門(9代)は、醤油醸造業の近代化にも努めました。明治維新後は、機械化や分業制を導入して、生産性を向上させました。また、研究開発にも力を入れて、新しい醤油の製造方法を開発しました。

中村兵左衛門(9代)の努力により、キッコーマンは日本を代表する醤油メーカーに成長しました。現在でもキッコーマンは、醤油やその他の食品の製造販売をしており、世界的に知られる企業となっています。

早野巴人の門人で俳句をよくし,与謝蕪村(よさ-ぶそん)としたしんだ

早野巴人の門人で俳句をよくし,与謝蕪村(よさ-ぶそん)としたしんだ

-早野巴人の門人で俳句をよくし,与謝蕪村(よさ-ぶそん)としたしんだ-

中村兵左衛門(9代)は、江戸時代中期の俳人であり、俳諧師である。本名は中村信義(のぶよし)。通称は甚左衛門、称号は雲母庵(うんもあん)または卒後雲母(そつごうんも)ともいう。

1686年(貞享3年)に京都の町衆中村家の家に生まれた。家は伏見区深草上六条町(6条油小路下ル)にあり、幕府、宮廷に代々近習として仕え、代々諸国商人や豪商たちと親しく交流を深めた。中村家は、この地で土蔵建造による精米屋を営んでいた商家で、兵左衛門はその9代目である。

1707年(宝永4年)、22歳のときに早野巴人の門人となり、俳諧を学んだ。巴人は大坂の俳諧師で、松尾芭蕉の弟子の一人である。

1709年(宝永6年)、24歳のときに芭蕉の弟子である与謝蕪村と知り合い、親交を深めた。蕪村は、兵左衛門の俳諧の才能を高く評価し、彼を「俳諧の棟梁」と呼んだ。

1716年(享保元年)、31歳のときに、最初の句集『兵左衛門句集』を出版した。この句集は、芭蕉と蕪村の影響を受けた、清新で洒脱な句風で、俳壇に衝撃を与えた。

1727年(享保12年)、42歳のときに、2番目の句集『雲母庵句集』を出版した。この句集は、前句集よりもさらに洗練された句風で、兵左衛門の俳諧の円熟期を代表する作品である。

1755年(宝暦5年)、69歳のときに死去した。兵左衛門の死は、俳壇に大きな損失を与えた。

兵左衛門は、日本俳諧史上において、芭蕉と蕪村に次ぐ、最も重要な俳人の一人である。彼の俳句は、清新で洒脱な句風で、今もなお多くの人々に愛されている。

タイトルとURLをコピーしました