– 阿部定吉

– 阿部定吉

三河の人、松平清康に仕える

三河の人、松平清康に仕える

-# 三河の人、松平清康に仕える

阿部定吉は、三河国に生まれた武士です。幼い頃から武芸に励み、やがて松平清康に仕えることになりました。清康は、三河国の戦国大名で、その武勇と智謀で知られていました。定吉は、清康の信頼を得て、側近として仕えるようになりました。

定吉は、清康が駿河国の今川氏と戦う際には、常にその傍らにいました。また、清康が尾張国の織田氏と戦う際には、定吉は先鋒として大いに活躍しました。清康の死後も、定吉は松平氏の家臣として仕え続け、三河国の発展に尽くしました。

定吉は、清康の死後も、松平氏の家臣として仕え続け、三河国の発展に尽くしました。定吉は、三河国の戦国大名である松平清康に仕えた武将です。清康は、三河国の戦国大名で、その武勇と智謀で知られていました。定吉は、清康の信頼を得て、側近として仕えるようになりました。定吉は、清康が駿河国の今川氏と戦う際には、常にその傍らにいました。また、清康が尾張国の織田氏と戦う際には、定吉は先鋒として大いに活躍しました。清康の死後も、定吉は松平氏の家臣として仕え続け、三河国の発展に尽くしました。

定吉は、清康の死後も、松平氏の家臣として仕え続け、三河国の発展に尽くしました。

息子の弥七郎が清康を誤って殺害し、自殺を図るも思いとどまる

息子の弥七郎が清康を誤って殺害し、自殺を図るも思いとどまる

– – 阿部定吉

-# 息子の弥七郎が清康を誤って殺害し、自殺を図るも思いとどまる

阿部定吉(あべた さだよし)は、室町時代後期の武将。三河国額田郡阿部村の豪族。通称は次郎。子に弥七郎がいる。

定吉は、松平清康に仕えていたが、天文4年(1535年)の守山崩れで清康が戦死した際に、息子の弥七郎が清康の首を誤って殺害した。

弥七郎は、清康の首を手土産に、清康の嫡男である松平広忠に仕えようとしたが、広忠はこれを拒否した。弥七郎は、清康の首を川に流して、自殺を図ろうとしたが、思いとどまった。

弥七郎は、清康の首を阿部村に持ち帰り、阿部山に葬った。そして、清康の菩提を弔うために、阿部山に阿部定吉寺(定吉山阿部寺)を建立した。

弥七郎は、その後、松平広忠に仕え、天文10年(1541年)の織田信秀との戦いで戦死した。

定吉は、清康の死後、三河国額田郡阿部村に留まり、清康の菩提を弔い続けた。天文14年(1545年)に死去。

清康の子・広忠を補佐する

清康の子・広忠を補佐する

-阿部定吉-

-清康の子・広忠を補佐する-

阿部定吉は、室町時代後期の三河国の武将です。今川義元に仕え、清康の死後、その子の広忠を補佐しました。

定吉は、清康の死後、広忠が幼少のため、三河国の家督を相続しました。しかし、広忠は幼少のため、定吉が代わりに政務を執りました。定吉は、広忠に代わって三河国の諸侯を統率し、今川義元に忠誠を誓いました。

定吉は、三河国の家督を相続した後、尾張国の織田信秀と同盟を結びました。信秀は、今川義元のライバルであり、定吉は信秀と同盟を結ぶことで、三河国の安全を確保しようとしたのです。

定吉は、信秀と同盟を結んだ後、三河国の諸侯を率いて尾張国に侵攻しました。しかし、織田信秀は定吉を破り、定吉は三河国に逃げ帰りました。

定吉は、信秀に敗れた後、今川義元に援軍を求めました。義元は、定吉の要請に応じ、三河国に援軍を送りました。義元の援軍のおかげで、定吉は信秀を撃退することができました。

定吉は、信秀を撃退した後、三河国の家督を広忠に譲りました。広忠は、定吉から家督を相続した後、三河国の諸侯を統率し、今川義元に忠誠を誓いました。

定吉は、三河国の家督を譲った後も、広忠を補佐し続けました。定吉は、広忠に政治や軍事の知識を教え、広忠を三河国の立派な領主に育て上げました。

定吉は、永禄3年(1560年)に死去しました。定吉の死後、広忠は三河国の家督を相続し、今川義元に忠誠を誓いました。広忠は、定吉が教えてくれた政治や軍事の知識を活かして、三河国を治めました。

タイトルとURLをコピーしました