義徳 – 飛鳥時代の僧侶

義徳 – 飛鳥時代の僧侶

義徳の生涯

義徳の生涯

-義徳の生涯-

義徳は、飛鳥時代の僧侶です。氏は蘇我氏で、甥に聖徳太子がいます。生年は不詳ですが、585年に蘇我馬子の子として生まれました。名は徳または徳善ともいいます。602年に父・馬子が物部守屋を滅ぼし、物部氏の勢力を一掃した後、604年に聖徳太子とともに摂政を務めました。599年には、法興寺(飛鳥寺)の開基に参画し、601年には、法隆寺建立の勧進にあたりました。同年には、聖徳太子が遣隋使を派遣し、隋との国交を回復させた後、義徳は遣隋使の副使として隋に派遣されました。

義徳は、隋の煬帝に謁見し、日本の現状を報告しました。煬帝は、義徳の弁舌を称賛し、厚くもてなしました。その後、義徳は、隋で仏教を学び、607年に帰国しました。

帰国後、義徳は、聖徳太子の側近として活躍しました。622年には、聖徳太子が死去し、義徳は、聖徳太子の遺志を継いで、仏教の普及に努めました。624年には、法隆寺で行われた「仏舎利の調伏」の儀式に参列し、626年には、聖徳太子の遺骨を法隆寺に納めました。

628年、義徳は、蘇我蝦夷に謀殺されました。享年43です。義徳の死は、蘇我氏と物部氏の争いの激化を招き、645年に、大化の改新が起こりました。

義徳は、聖徳太子の側近として活躍し、仏教の普及に努めた高僧です。その功績は、日本の仏教の発展に大きな影響を与えました。

遣唐使としての活躍

遣唐使としての活躍

– 遣唐使としての活躍

義徳は、遣唐使として中国に渡り、仏教の経典や仏像を持ち帰った。また、中国の文化や制度を日本に伝え、日本の文化や制度の発展に貢献した。

義徳が遣唐使として最初に中国に渡ったのは、推古天皇15年(607年)のことである。このとき、義徳は、小野妹子らとともに、隋の煬帝に謁見し、仏教の経典や仏像を献上した。また、中国の文化や制度について学び、日本の文化や制度の発展に役立てた。

義徳は、推古天皇20年(612年)にも、遣唐使として中国に渡った。このとき、義徳は、隋の煬帝に謁見し、日本の国情について報告した。また、中国の文化や制度についてさらに学び、日本の文化や制度の発展に役立てた。

義徳は、遣唐使として中国に渡ったことで、仏教の経典や仏像を日本にもたらし、日本の文化や制度の発展に貢献した。義徳の活躍は、日本の歴史において重要な功績である。

新羅への帰国

新羅への帰国

新羅への帰国

義徳は、627年(舒明天皇10年)に新羅に帰国した。帰国の理由は、日本での僧侶としての活動が難しくなったためと考えられている。

義徳は、日本に滞在中、舒明天皇の寵愛を受け、623年(舒明天皇6年)には、新羅僧侶として初めて、日本の国師に任命された。しかし、義徳の帰国後は、日本の僧侶たちが義徳を妬み、讒言するようになった。

そのため、義徳は、日本での僧侶としての活動が難しくなり、帰国を余儀なくされたと考えられている。

義徳は、新羅に帰国した後も、僧侶として活動を続けた。647年(天智天皇6年)には、新羅の国王である文武王から、金紫光禄大夫の位を授けられた。また、義徳は、新羅で、多くの仏教寺院を建立し、仏教の普及に努めた。

義徳は、661年(天智天皇10年)に、新羅で亡くなった。享年61歳。義徳の死後、新羅では、義徳を称えるために、多くの寺院が建立された。

義徳は、新羅僧侶として初めて、日本の国師に任命された人物であり、日本の仏教の発展に大きな貢献を果たした。また、義徳は、新羅に帰国した後も、僧侶として活動を続け、新羅の仏教の普及に努めた。義徳は、新羅仏教史上、最も重要な人物の一人である。

タイトルとURLをコピーしました