「安部順貞」- 江戸時代前期の医師

「安部順貞」- 江戸時代前期の医師

医師としての名声

医師としての名声

– 医師としての名声 –

安部順貞は、江戸時代前期の医師であり、漢方医学の大家として知られています。
京都で生まれ、幼い頃から医学を学び、京都の町医者として開業しました。
彼の医学に対する知識と技術は評判となり、やがて江戸幕府に招かれ、御典医となりました。
御典医として、将軍とその家族の健康を管理し、また、医学に関する多くの著作を残しました。
彼の著作は、漢方医学の理論と実践をまとめたもので、江戸時代以降の医学の発展に大きな影響を与えました。
安部順貞は、日本における漢方医学の第一人者として、その名声を確立しました。

徳川家綱付の医官として

徳川家綱付の医官として

-徳川家綱付の医官として-

安部順貞は、徳川家綱の付医官として仕えた。家綱は、3代将軍徳川家光の四男として生まれ、1651年に10歳で将軍職を継いだ。順貞は、家綱が将軍職を継いだ頃からその付医官を務めたとみられている。

順貞は、家綱の健康管理に努め、家綱が病にかかった際には、その治療にあたった。また、順貞は、家綱の健康に関する情報を他の医師や家臣に伝える役割も担っていた。

順貞は、家綱の信頼を得て、重用された。家綱は、順貞に対して「順貞、汝は我が命なり」と語ったと伝えられている。この言葉は、家綱が順貞の医術を高く評価していたことを示している。

順貞は、1685年に死去した。享年73歳だった。順貞の死後、家綱は「順貞を亡くしたことは、我が国の大損失である」と嘆いたと伝えられている。

順貞は、江戸時代前期を代表する医師の一人である。その医術は高く評価され、徳川家綱の信頼を得て、重用された。順貞の死は、江戸幕府にとって大きな損失であった。

延宝4年死去

延宝4年死去

延宝4年死去

延宝4年(1676年)5月1日、安部順貞は江戸で亡くなりました。享年64歳でした。翌年、順貞の遺体は、故郷の土佐国高岡郡介良村(現・高知県香南市香北町介良)にある天徳寺に葬られました。

順貞の死後、その功績は広く称賛されました。特に、順貞が開発した解剖学の知識は、後の医学の発展に大きく貢献しました。また、順貞は、日本初の医学書『解体新書』を著し、医学の普及に努めたことでも知られています。

順貞の死は、日本の医学界にとって大きな損失でした。しかし、順貞の功績は、今もなお人々に語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました