竹内吟秋:九谷焼の巨匠

竹内吟秋:九谷焼の巨匠

生い立ちと修行

生い立ちと修行

-竹内吟秋九谷焼の巨匠-

-生い立ちと修行-

竹内吟秋は、1878年に石川県で生まれました。幼い頃から絵に興味を持ち、東京美術学校(現・東京芸術大学)で日本画を学びました。

卒業後は、九谷焼の産地である石川県小松市に移り住み、九谷焼の伝統技術を学びました。九谷焼は、17世紀後半に誕生した色鮮やかな陶磁器で、その美しさで広く知られています。

吟秋は、九谷焼の伝統技術を学びながら、独自の絵付けを研究しました。彼の絵付けは、繊細な筆遣いで描かれた花や鳥が特徴的で、人々を魅了しました。

こうして、吟秋は九谷焼の巨匠として名声を得るようになりました。彼の作品は、国内外の美術館に収蔵されており、今でも多くの人々に愛されています。

吟秋は、九谷焼の伝統技術を後世に伝えるため、弟子を育てました。彼の弟子の中には、九谷焼の重要無形文化財保持者となる人も多く、吟秋が残した伝統は現在も受け継がれています。

吟秋は、1967年に亡くなりましたが、彼の作品は今もなお人々に愛され続けています。そして、九谷焼は、日本の伝統工芸として、世界中の人々に親しまれています。

九谷陶器支配人への就任

九谷陶器支配人への就任

九谷陶器支配人への就任

竹内吟秋は、大正15年(1926年)に九谷陶器の支配人に就任しました。当時、九谷焼は衰退期にあり、吟秋は九谷焼の復興に尽力しました。

吟秋は、まず九谷焼の伝統技術を継承するため、九谷焼の職人たちの技術向上に努めました。また、新しい時代のニーズに合った九谷焼を制作するために、新しい釉薬や絵付けの技法を開発しました。

さらに、吟秋は九谷焼の販路拡大にも努めました。吟秋は、九谷焼を東京や大阪などの大都市に出品し、九谷焼の知名度を高めました。また、海外にも九谷焼を輸出しました。

吟秋の努力により、九谷焼は復興し、再び日本を代表する陶器となりました。吟秋は、九谷焼の近代化に貢献した功績で、昭和44年(1969年)に人間国宝に認定されました。

吟秋は、昭和50年(1975年)に死去しましたが、吟秋の功績は現在も九谷焼の職人たちによって受け継がれています。九谷焼は、現在でも日本を代表する陶器として、多くの人々に愛されています。

石川県立工業での教職

石川県立工業での教職

-石川県立工業での教職-

竹内吟秋は、石川県立工業学校(現・石川県立工業高等学校)で教職として働いていました。1922年から1931年までの9年間、同校で陶芸を教え、後進の育成に努めました。

吟秋は、石川県立工業学校在職中に、九谷焼の技術を広く伝えるために、様々な活動を行いました。1923年には、同校に陶芸科を設置し、九谷焼の制作と研究を行う場を提供しました。また、1926年には、九谷焼の産地である石川県能美郡を巡回して、九谷焼の伝統技術を調査・記録するなど、九谷焼の保存と継承に尽力しました。

吟秋の教職としての活動は、九谷焼の復興と発展に大きな貢献を果たしました。吟秋が教えた生徒の中には、後に九谷焼の第一人者となる作家も多く輩出し、吟秋は九谷焼の巨匠としてだけでなく、九谷焼の教育者としても大きな功績を残しました。

タイトルとURLをコピーしました