保科正俊 – 戦国時代から織豊時代にかけて活躍した武将

保科正俊 – 戦国時代から織豊時代にかけて活躍した武将

武田信玄の配下として活躍

武田信玄の配下として活躍

– 武田信玄の配下として活躍

保科正俊は、武田信玄の配下として活躍した武将です。1517年に信濃国で生まれ、1576年に死去しました。

正俊は、武田家臣・保科正直の長男として生まれました。1541年に武田信玄に仕え、1548年の上野国平井城攻めで初陣を飾りました。その後、1553年の信濃国村上義清攻め、1555年の駿河国今川義元攻め、1557年の越後国上杉謙信攻めなど、信玄の主要な戦いに参加しました。

正俊は、勇猛かつ知略に優れた武将として知られ、信玄から厚い信頼を寄せられていました。1560年の桶狭間の戦いで信玄が今川義元を破った後、正俊は駿河国に派遣され、同国の平定に努めました。また、1561年の第四次川中島の戦いで、正俊は信玄の命を受けて上杉謙信の陣営を奇襲し、大勝利に貢献しました。

1573年、信玄が死去すると、正俊は武田勝頼に仕えました。1575年の長篠の戦いで、正俊は武田軍の総大将を務めましたが、織田・徳川連合軍に大敗を喫しました。その後、正俊は甲斐国に逃れましたが、1576年に病死しました。

正俊は、武田家臣団の中でも屈指の武将であり、信玄から厚い信頼を寄せられていました。正俊の死は、武田家にとって大きな損失となりました。

信濃先方衆騎馬120騎持

信濃先方衆騎馬120騎持

信濃先方衆騎馬120騎持

保科氏は信濃国の豪族で、信濃先方衆の一員として戦国時代から織豊時代にかけて活躍しました。保科正俊は保科氏の第5代当主として永禄5年(1562年)に誕生したと考えられています。

天正10年(1582年)、保科正俊は織田信長に仕えていた兄・保科正直が本能寺の変で戦死したため、家督を継いだと考えられています。織田政権が崩壊後、保科正俊は徳川家康に仕え、天正18年(1590年)の小田原征伐にも参加しました。

慶長5年(1600年)、保科正俊は関ヶ原の戦いで東軍に属して戦いました。戦後、保科正俊は伊予国松山藩10万石を与えられ、大名となりました。

保科正俊は慶長12年(1607年)に死去するまで松山藩主を務めました。保科氏は徳川幕府に仕え、代々松山藩主として続きました。

保科正俊は信濃先方衆騎馬120騎持の役を担っていました。信濃先方衆は、信濃国の国境を守備する部隊であり、保科正俊は120騎の騎馬隊を率いていました。信濃先方衆は、武田信玄や上杉謙信など、信濃国を狙う敵対勢力から信濃国を守る重要な役割を果たしていました。

徳川家康に仕えた晩年

徳川家康に仕えた晩年

徳川家康に仕えた晩年

保科正俊は、晩年徳川家康に仕え、家康の死後は徳川秀忠に仕えた。正俊は、家康の信頼を得て、多くの重要な任務を任された。

正俊が家康に仕えた最初の大きな仕事は、1600年の関ヶ原の戦いであった。正俊は、家康の東軍に加わり、西軍の石田三成を破った。この戦いで正俊は、功績を挙げて、家康から加増を受けた。

関ヶ原の戦い後、正俊は、尾張国の清洲城主となった。清洲は、尾張国の重要な拠点であり、正俊は、清洲城で尾張国の統治を行った。

正俊は、清洲城主として、尾張国の発展に尽力した。正俊は、尾張国に多くの寺社を建立し、また、尾張国の特産品である尾張焼きの生産を奨励した。正俊の統治下で、尾張国は、経済的に繁栄した。

1616年、家康が死去した。家康の死後、正俊は、家康の遺命により、徳川秀忠に仕えた。秀忠は、正俊を重用し、正俊は、秀忠の死後も徳川家康に仕えた。

正俊は、1625年に死去した。享年82歳であった。正俊は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した武将であり、徳川家康に仕えて尾張国の発展に貢献した人物である。

タイトルとURLをコピーしました