安倍親職 – 鎌倉時代の陰陽師

安倍親職 – 鎌倉時代の陰陽師

陰陽師・安倍親職の生涯

陰陽師・安倍親職の生涯

-陰陽師・安倍親職の生涯-

安倍親職(あべの ちかとし)は、鎌倉時代の陰陽師です。陰陽師の安倍晴明の孫であり、安倍泰親の子です。1172年4月14日に生まれ、1231年9月27日に死去しました。

親職は、1180年に陰陽博士に任じられました。1185年には、源頼朝の挙兵に協力し、頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、幕府の陰陽師として仕えました。親職は、陰陽道の知識を駆使して、幕府の政治や軍事に関与しました。また、親職は、陰陽道や天文学に関する著作も残しています。

親職は、陰陽師として活躍しただけでなく、和歌や蹴鞠にも優れており、文化人としても知られていました。親職は、1231年に死去しましたが、その死後も、陰陽師としての業績は高く評価され、安倍晴明とともに、陰陽道の双璧とされました。

親職は、陰陽師としてだけでなく、文化人としても活躍した人物です。その業績は、現在でも高く評価されており、陰陽道の歴史を語る上で欠かせない人物の一人です。

安倍親職の功績

安倍親職の功績

-安倍親職の功績-

安倍親職は、鎌倉時代の陰陽師であり、安倍晴明の曾孫にあたる。安倍晴明は、平安時代の陰陽師であり、安倍親職の祖先である。安倍親職は、陰陽師として、朝廷に仕え、多くの功績を挙げた。

安倍親職の功績の一つは、陰陽道を体系化したことである。安倍親職は、陰陽道の理論や実践方法をまとめた著作を数多く残した。これらの著作は、後世の陰陽師に大きな影響を与え、陰陽道の発展に貢献した。

安倍親職の功績の二つ目は、陰陽道を朝廷に広めたことである。安倍親職は、陰陽師として、朝廷に出仕し、多くの天皇に仕えた。安倍親職は、陰陽道を使って、天皇の吉凶を占ったり、朝廷の儀式を執り行ったりした。安倍親職の活躍によって、陰陽道は朝廷に広く普及し、重要な役割を果たすようになった。

安倍親職の功績の三つ目は、陰陽道を民間にも広めたことである。安倍親職は、陰陽師として、民間にも出向き、多くの庶民を占ったり、厄除けをしたりした。安倍親職の活躍によって、陰陽道は民間にも広く普及し、庶民の生活に溶け込んだ。

安倍親職は、陰陽師として、多くの功績を挙げ、陰陽道の発展に貢献した。安倍親職の功績は、今日でも高く評価されており、安倍親職は、日本の陰陽道の祖として、尊敬されている。

安倍親職のエピソード

安倍親職のエピソード

-# 安倍親職のエピソード

安倍親職は、鎌倉時代の陰陽師として知られる人物です。その生涯には数多くの逸話が伝わっており、その中には、彼の霊験あらたかな能力を示すものや、彼のユーモアある一面を垣間見ることができるものなど、さまざまなものがあります。

ここでは、安倍親職のエピソードの中から、特に有名なものをいくつかご紹介します。

-安倍親職が疫病を鎮めた話-

平安時代末期、京都では疫病が大流行していました。朝廷は安倍親職に疫病を鎮めるよう命じました。親職は、さっそく疫病神を退治するための儀式を行いました。そして、その儀式が成功し、疫病は鎮まったと言われています。

-安倍親職が雷を落とした話-

あるとき、親職が京都の街を歩いていると、雷が落ちてきました。親職は、その雷を素手でつかみ、空に投げ返しました。すると、雷は消えてしまいました。この話を聞いた人々は、親職の霊験あらたかな能力に驚いたそうです。

-安倍親職が海を割った話-

親職が、あるとき船で海を渡っているときのことです。突然、海が荒れ始めました。船は、波に揺さぶられ、難破しそうになりました。そこで、親職は海に向かって杖を振りかざしました。すると、海が二分され、船は無事に通り抜けることができたと言われています。

-安倍親職が酒に酔った話-

親職は、お酒を飲むのが大好きでした。あるとき、親職は酒に酔って、街のど真ん中で寝てしまいました。通りかかった人々が、親職を起こそうとしましたが、親職は起きません。そこで、人々は親職を担いで、彼の家に帰りました。この話を聞いた人々は、親職のユーモアある一面に笑ったそうです。

以上、安倍親職のエピソードをご紹介しました。これらのエピソードは、親職の霊験あらたかな能力や、彼のユーモアある一面を示すものとして、語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました