「阿倍老人」

「阿倍老人」

阿倍老人の生涯

阿倍老人の生涯

-阿倍老人-

-阿倍老人の生涯-

阿倍老人(阿部老人とも)とは7~8世紀頃に生きたとされている人物である。

阿部老人の生涯について書かれた文献はほとんど残っておらず、その出自や生没年は不明である。

阿倍老人に関する最も古い記述は643年(皇極天皇2年)に発生した乙巳の変に関する記述である。

乙巳の変とは、中大兄皇子が蘇我入鹿を暗殺した事件である。

この事件で阿部老人は中大兄皇子側の将として参加し、大きな功績をあげた。

この功績により、阿部老人は中大兄皇子の信任を得て、参議に任命された。

その後、阿部老人は数々の政務に携わり、660年(天智天皇9年)には大紫冠に叙せられた。

672年(天武天皇元年)には、阿部老人は太政官の最高官である太政大臣に任命された。

阿部老人は太政大臣として、天武天皇を補佐して政治を執った。

しかし、676年(天武天皇5年)に阿部老人は病のために太政大臣を辞任した。

阿部老人は684年(天武天皇13年)に薨去した。

享年は不明である。

阿部老人は、中大兄皇子を助け、乙巳の変の成功に貢献した功臣である。

また、太政大臣として、天武天皇を補佐し、政治を執った。

阿部老人は、日本の歴史上重要な人物の一人である。

阿倍老人の歌

阿倍老人の歌

-阿倍老人の歌-

「阿倍老人」の下に作られた小見出しの「阿倍老人の歌」とは、奈良時代の貴族であり、歌人として知られた阿倍仲麻呂の歌のことを指します。阿倍仲麻呂は、天平五年(733年)に遣唐使として唐に渡り、以来24年間、唐で過ごしました。その間、彼は唐の文化を学び、多くの漢詩や和歌を残しました。阿倍老人の歌は、その中でも特に有名な歌で、彼の郷愁を歌ったものとして知られています。

阿倍老人の歌は、唐から日本に帰国した後、天平宝字三年(759年)に詠まれたとされています。当時、阿倍仲麻呂はすでに70歳を超えており、故郷に帰ることを切望していました。しかし、唐の皇帝が彼を帰国させようとしなかったため、彼は唐にとどまることを余儀なくされていました。阿倍老人の歌は、そのような状況の中で詠まれたものであり、彼の故郷への思いが強く表れています。

阿倍老人の歌は、以下の通りです。

* 青海原 ふりさけ見れば 霞立つ 
加古の島辺 に家ぞ有りける

この歌は、海を眺めて故郷を思い浮かべた情景を詠んでいます。阿倍仲麻呂は、唐から日本に帰国する途中に、青海原を眺めていました。すると、霞が立ち上る彼方に見える加古の島辺に、自分の家があるのが目に浮かんだのです。阿倍仲麻呂は、その情景を思い浮かべながら、故郷への思いを歌いました。

阿倍老人の歌は、故郷への思いが強く表れた歌として知られています。阿倍仲麻呂は、唐で24年間を過ごしましたが、その間、一度も故郷に帰ることができませんでした。そんな彼が、故郷を思い浮かべて詠んだこの歌には、彼の切実な思いが込められています。阿倍老人の歌は、奈良時代の和歌の代表作の一つであり、現在でも多くの人に親しまれています。

阿倍老人の功績

阿倍老人の功績

-阿倍老人-

-阿倍老人の功績-

大化の改新で、阿倍内麻呂(あべのうちのまろ)とともに大友皇子(おおとものおうじ)が主導した中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)のクーデターに参加し、蘇我入鹿(そがのいるか)を殺害した。

大化の改新後、阿倍内麻呂とともに大化の改新を推進し、飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)の造営や、律令の制定、遣唐使の派遣などを行った。

また、阿倍内麻呂とともに、阿倍一族の勢力を拡大し、阿倍内麻呂の死後、阿倍氏の長となり、大化の改新の功労者として重んじられた。

阿倍老人は、大化の改新で蘇我氏を倒し、律令国家の基礎を築いた功績が大きい。また、遣唐使の派遣や、阿倍一族の勢力の拡大などにも貢献した。

-阿倍老人の功績をまとめると、以下の通りである。-

* 大化の改新で蘇我氏を倒し、律令国家の基礎を築いた。
* 遣唐使を派遣し、唐の文物や制度を日本に導入した。
* 阿倍一族の勢力を拡大し、阿倍氏の長となった。

タイトルとURLをコピーしました