「太田守延」(?-1333 鎌倉時代の武将)

「太田守延」(?-1333 鎌倉時代の武将)

元弘の乱における活躍

元弘の乱における活躍

– 元弘の乱における活躍

元弘の乱において、太田守延は後醍醐天皇側に加わり、鎌倉幕府軍と戦った。

1331年(元弘元年)、後醍醐天皇が鎌倉幕府打倒を企て、元弘の乱が勃発した。太田守延は後醍醐天皇側に加わり、鎌倉幕府軍と戦った。

太田守延は、元弘の乱において、数々の戦功を挙げた。特に、1333年(元弘3年)に鎌倉幕府軍が京都に攻め込んだ際には、太田守延は楠木正成らとともに鎌倉幕府軍を撃退した。

しかし、鎌倉幕府軍はその後も攻勢をかけ続け、後醍醐天皇は京都を逃れ、吉野に逃亡した。太田守延もまた、吉野に逃れ、後醍醐天皇を支え続けた。

1333年(元弘3年)に後醍醐天皇が崩御すると、太田守延は護良親王を奉じて鎌倉幕府打倒の戦いを続けた。しかし、1336年(建武3年)に護良親王が鎌倉幕府軍に殺害されると、太田守延は吉野を逃れ、各地を転戦した。

そして、1339年(暦応2年)に太田守延は鎌倉幕府軍に捕らえられ、処刑された。

正慶2=元弘3年の六波羅攻撃

正慶2=元弘3年の六波羅攻撃

-正慶2=元弘3年の六波羅攻撃-

正慶2=元弘3年(1333年)、後醍醐天皇の皇子である護良親王は、鎌倉幕府の討幕を掲げて挙兵した。太田守延は、後醍醐天皇に忠誠を誓っていたため、護良親王の挙兵に参加した。

護良親王率いる討幕軍は、京都に進軍し、六波羅を攻撃した。六波羅は、鎌倉幕府の京都における拠点であり、幕府の有力御家人である北条貞時の嫡男・北条高時の守備していた場所であった。

討幕軍は、六波羅を包囲し、激しい攻撃を仕掛けた。高時は、必死の抵抗を試みたが、討幕軍の勢いは止まらず、ついに六波羅は陥落した。

六波羅の陥落は、鎌倉幕府にとって大きな痛手となった。幕府は、京都における拠点を失い、権威が大きく低下した。また、高時の戦死は、幕府にとって大きな損失となった。

六波羅の陥落を機に、鎌倉幕府は倒壊に向かい、建武の新政が樹立された。太田守延は、建武の新政においても活躍し、建武2年(1335年)には、九州探題に任命された。

しかし、建武の新政は長くは続かず、足利尊氏が反乱を起こした。太田守延は、足利尊氏に抵抗したが、敗北し、建武3年(1336年)に自害した。

太田氏の系譜とその後

太田氏の系譜とその後

-太田氏の系譜とその後-

太田氏は、鎌倉時代から戦国時代にかけて活躍した武家・国人領主です。桓武天皇を祖とする宇多源氏の一族で、鎌倉幕府の御家人として活躍しました。

・太田氏の祖

太田氏の本宗家は、源頼朝の御家人として活躍した太田資政(すけまさ)です。資政は、平安時代末期の治承・寿永の乱で頼朝の挙兵に参加し、鎌倉幕府の草創期に功績を挙げました。

その後、資政の子孫は、近江国(現在の滋賀県)や美濃(現在の岐阜県)で勢力を広げ、鎌倉幕府の有力御家人として活躍しました。

・太田氏の系譜

資政の長男・資基(すけもと)は、近江国浅井郡を領し、浅井氏を名乗りました。資基の子孫は、南北朝時代から戦国時代にかけて近江国の国人領主として活躍しました。

資政の次男・宗資(むねすけ)は、美濃国安八郡を領し、安八氏を名乗りました。宗資の子孫は、戦国時代までに近江国や美濃国で勢力を広げ、織田信長や豊臣秀吉に仕えました。

・太田氏のその後

戦国時代末期、太田氏の一族である太田信吉は、織田信長の家臣として活躍しましたが、本能寺の変後、羽柴秀吉に仕えました。秀吉の死後は、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは東軍として参戦しました。

関ヶ原の戦い後、信吉は下野国(現在の栃木県)小山藩の初代藩主となり、太田氏は江戸時代を通じて大名として続きました。しかし、明治維新後、太田氏は華族に編入され、侯爵の爵位を授与されました。

現在でも、太田氏の末裔は、各界で活躍しています。

タイトルとURLをコピーしました