安倍奥道:奈良時代の功績を遺した歌人・官吏

安倍奥道:奈良時代の功績を遺した歌人・官吏

波乱の人生を歩んだ安倍奥道

波乱の人生を歩んだ安倍奥道

– 波乱の人生を歩んだ安倍奥道

安倍奥道は、奈良時代の歌人・官吏です。天平8年(736年)に生まれ、延暦21年(802年)に亡くなりました。

奥道は、越後国蒲原郡(現在の新潟県小千谷市)に生まれました。父は越後国司の安倍槻麻呂、母は藤原麻呂の娘でした。奥道は、幼い頃から聡明で、詩歌に優れていました。天平19年(747年)に、12歳で大学寮に入学し、文章生となりました。

奥道は、大学寮で文章道を学び、太安万侶や大伴家持らと親交を深めました。天平勝宝8年(756年)に、文章博士となり、翌年に、越後国掾に任命されました。しかし、奥道は、越後国掾を辞任して、奈良に戻りました。

天平宝字元年(757年)、奥道は、大宰少弐に任命され、九州に赴任しました。しかし、奥道は、大宰少弐を辞任して、再び奈良に戻りました。その後、奥道は、播磨国守、左京大夫、大蔵卿などを歴任しました。

延暦4年(785年)、奥道は、右大臣に任命されました。右大臣は、太政官の次官で、天皇を補佐する最高位の官職でした。奥道は、右大臣として、桓武天皇を補佐して、平安京への遷都を行い、蝦夷征討を行いました。

延暦21年(802年)、奥道は、70歳で亡くなりました。奥道は、歌人として、『万葉集』に30首の歌を残しています。また、官吏として、平安京への遷都や蝦夷征討など、数々の功績を遺しました。

奥道は、波乱の人生を歩みましたが、常に和歌を愛し、官吏として朝廷に仕えました。奥道は、奈良時代の功績を遺した歌人・官吏として、後世に語り継がれています。

藤原仲麻呂の乱で活躍した功績

藤原仲麻呂の乱で活躍した功績

– 藤原仲麻呂の乱に活躍した功績

藤原仲麻呂の乱とは、奈良時代の天平宝字8年(764年)に右大臣・藤原仲麻呂が、孝謙上皇と恵美押勝(藤原仲麻呂の甥)らによるクーデターを企て、これに反乱した右大臣・吉備真備らに敗れ、滅亡した事件です。安倍奥道は、この乱に際して、吉備真備らに協力して藤原仲麻呂の乱を鎮圧するのに大きな功績を上げました。

安倍奥道は、乱勃発直後、陸奥国司として東北の軍事力を掌握していました。吉備真備らは、安倍奥道の軍事力を頼りに藤原仲麻呂の乱鎮圧を計画しました。安倍奥道は、吉備真備らの要請に応じ、東北の軍勢を率いて上京し、藤原仲麻呂の軍勢と戦いました。安倍奥道の軍勢は、藤原仲麻呂の軍勢を破り、藤原仲麻呂の乱を鎮圧するのに大きな役割を果たしました。

藤原仲麻呂の乱鎮圧後、安倍奥道は、功績を賞されて右大弁に任じられました。また、東北の軍事力を掌握したまま、陸奥国司兼鎮守府将軍に任じられました。安倍奥道は、陸奥国司兼鎮守府将軍として、東北の軍事力を掌握し、蝦夷の反乱に対する備えを固めました。

安倍奥道は、藤原仲麻呂の乱鎮圧に大きな功績を上げ、その後も陸奥国司兼鎮守府将軍として東北の軍事力を掌握し、蝦夷の反乱に対する備えを固めました。安倍奥道は、奈良時代の功績を遺した歌人・官吏として、その名を残しています。

「万葉集」に収められた一首

「万葉集」に収められた一首

「万葉集」に収められた一首

安倍奥道は、奈良時代の歌人・官吏です。彼の功績は、万葉集に収められた一首に集約されています。その一首とは、次のものです。

「妹が門には寄すともいはずて
 息づきかねて人をなやます」

この一首は、安倍奥道が妹に恋い焦がれた末、ついに結ばれたときの喜びを歌ったものです。この歌は、万葉集の中でも屈指の名歌として知られ、多くの人々に愛誦されています。

安倍奥道の歌は、その素直な情感と美しい表現で、多くの万葉集の歌人たちに影響を与えました。彼の歌は、日本の文学史において重要な位置を占めています。

タイトルとURLをコピーしました