「太田康有」

「太田康有」

鎌倉時代の幕府官僚

鎌倉時代の幕府官僚

鎌倉時代の幕府官僚

太田康有は、鎌倉時代の幕府官僚であり、政治家です。

太田康有は、1220年に武蔵国(現在の埼玉県)で生まれ、1284年に亡くなりました。彼は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。18歳で幕府に出仕し、その後、数々の重要な役職を歴任しました。

太田康有は、政治家としても活躍し、1252年に、北条時頼が執権となると、評定衆に任命されました。評定衆は、幕府の最高意思決定機関であり、太田康有は、そこで重要な役割を果たしました。

また、太田康有は、鎌倉幕府の滅亡にも大きな役割を果たしました。1274年、元が日本に侵攻すると、太田康有は、元軍に協力し、鎌倉幕府を滅亡させました。その後、太田康有は、元朝の官僚となり、中国に渡りました。

太田康有は、鎌倉時代の幕府官僚として、政治家として、そして、鎌倉幕府の滅亡に大きな役割を果たした人物です。彼の生涯は、鎌倉時代の歴史を知る上で、重要な人物です。

弘安3年美作守(みまさかのかみ)

弘安3年美作守(みまさかのかみ)

-「太田康有」-

-弘安3年美作守(みまさかのかみ)-

太田康有は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。通称は二郎。太田氏の一族。

弘安3年(1280年)、美作守に任命される。美作守在任中は、国内の治安維持や税務の取り立てなどに努めた。また、弘安4年(1281年)には、元寇の際に、九州に派遣され、元軍と戦った。

弘安8年(1285年)、美作守を辞任。その後、出家して、法号を道念と称した。

太田康有の墓所は、岡山県美作市にある。

-太田康有の功績-

太田康有は、美作守在任中に、国内の治安維持や税務の取り立てなどに努め、美作国の発展に貢献した。また、弘安4年(1281年)の元寇の際には、九州に派遣され、元軍と戦った。太田康有は、鎌倉幕府の重臣として、日本の治安維持に貢献した武将だった。

公用日記「建治三年記」(「太田康有日記」)をのこしている

公用日記「建治三年記」(「太田康有日記」)をのこしている

-「公用日記「建治三年記」(「太田康有日記」)をのこしている-

鎌倉時代末期に活躍した、太田康有は、鎌倉幕府の評定衆を務めた人物です。彼は、公用日記である「建治三年記」(「太田康有日記」)を残しており、その日記からは、当時の政治情勢や社会の様子を垣間見ることができます。

「建治三年記」は、建治3年(1277年)から建長7年(1255年)までの期間を扱った日記です。この日記には、太田康有が評定衆として参与した会議の内容や、当時の政局に関する情報が詳細に記されています。また、太田康有の私生活や、当時の社会の様子についても触れられています。

「建治三年記」は、鎌倉時代末期の貴重な史料として、歴史研究者に高く評価されています。この日記は、太田康有が亡くなった後、彼の息子である太田康資が引き継ぎ、その後、太田家が代々保管してきました。現在、「建治三年記」は、東京大学史料編纂所が所蔵しています。

「建治三年記」には、以下のような内容が記されています。

* 鎌倉幕府の評定衆として参加した会議の内容
* 当時の政局に関する情報
* 太田康有の私生活
* 当時の社会の様子

「建治三年記」は、鎌倉時代末期の貴重な史料として、歴史研究者に高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました