安倍弟当(?-808) 奈良-平安時代前期の官吏

安倍弟当(?-808) 奈良-平安時代前期の官吏

安倍弟当の生涯

安倍弟当の生涯

安倍弟当の生涯

安倍弟当は、奈良時代から平安時代前期にかけての官吏である。

桓武天皇の御代となる806年(大同元年)に、贈正五位下・左京大夫を授けられた。延暦26年(807年)には、美濃守に任命された。

弟当は、美濃守在任中に郡司の不法な行為を弾劾した。これに対して郡司らは弟当を殺害しようとしたが、弟当はこれを察知して京に逃れた。

808年(大同3年)3月、弟当は美濃守として赴任先の美濃国に向かう途中、美濃国蘇原郡で殺害された。享年70。弟当の死は、桓武天皇の怒りを買い、郡司らは処罰された。

弟当の死後、その功績を称えて従四位上を追贈された。また、弟当の遺体は京に運ばれ、西寺に葬られた。

弟当は、その清廉潔白な人柄と、不法を許さない厳格な態度で知られた。弟当の死は、当時の人々に大きな衝撃を与え、彼の死を悼む歌や詩が詠まれた。

弟当は、平安時代前期の官吏として、その清廉潔白な人柄と、不法を許さない厳格な態度で知られた。弟当の死は、当時の人々に大きな衝撃を与え、彼の死を悼む歌や詩が詠まれた。

安倍弟当の功績

安倍弟当の功績

-安倍弟当の功績-

安倍弟当は、奈良-平安時代前期に活躍した官吏です。彼は、平安時代の初期に活躍し、桓武天皇に仕えました。

弟当は、平安京遷都に際して、桓武天皇の命を受け、遷都地の選定にあたりました。彼は、京都盆地の北西部に位置する現在の京都市左京区一帯に遷都することを提案し、桓武天皇の承認を得ました。この地は、交通の便がよく、水利にも恵まれ、また、山に囲まれていて、防衛にも適していました。

遷都後は、平安京の建設に尽力し、桓武天皇の命を受け、平安京の碁盤目状の区画を定めました。また、平安京の主要な道路である朱雀大路の建設も担当し、平安京の建設を成功させました。

弟当は、さらに、桓武天皇の命を受け、蝦夷征討にも従軍しました。蝦夷征討は、東北地方に居住していた蝦夷を征討するもので、弟当は、征討軍の副将として、蝦夷征討に尽力しました。

蝦夷征討後、弟当は、功績を認められて、桓武天皇から従五位上の位を授けられました。また、桓武天皇の命を受け、平安京の建設を監督する平安京造営使に任命され、平安京の建設を完成させました。

弟当は、平安時代の初期に活躍し、桓武天皇に仕えた官吏として、平安京遷都、平安京建設、蝦夷征討などの功績を残しました。

安倍弟当にまつわる伝説

安倍弟当にまつわる伝説

安倍弟当にまつわる伝説

安倍弟当は、奈良-平安時代前期の官吏であり、貴族として活躍した人物です。弟当(おとまろ)は、弟当(をとまろ)とも表記され、桓武天皇の時代に活躍しました。安倍弟当には、いくつかの伝説が残されています。

そのうちの一つは、弟当が牛を助けたという伝説です。弟当が道を通っていると、牛が泥沼に落ちて苦しんでいるのを見つけました。弟当は、牛を助け出すため、泥沼の中に入り、牛を助け出しました。牛は、弟当に感謝し、弟当の家にやってきました。弟当は、牛を飼い、牛は弟当の家族の一員となりました。

もう一つの伝説は、弟当が鬼を退治したという伝説です。弟当が住んでいた地域に、鬼が住んでいました。鬼は、村人に危害を加え、村人たちは鬼に怯えていました。弟当は、鬼を退治するため、鬼の住む山に出かけました。弟当は、鬼と戦い、鬼を退治しました。村人たちは、弟当を英雄として称賛し、弟当は村人から尊敬されるようになりました。

これらの伝説は、安倍弟当の勇気と優しさを物語っています。弟当は、困っている人を助けるため、自分の命を危険にさらすことも厭いませんでした。弟当の勇気と優しさは、現在でも人々から尊敬されています。

タイトルとURLをコピーしました