安倍清行

安倍清行

安倍清行の出自と家系

安倍清行の出自と家系

-安倍清行の出自と家系-

安倍清行は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武将・政治家です。安倍貞任の孫であり、安倍宗任の子として生まれました。

安倍氏は、平安時代前期に東北地方で勢力を振るった豪族です。貞任は安倍氏の棟梁であり、源頼義・義家父子の軍勢と戦い、陸奥国衣川の戦いで戦死しました。

宗任は貞任の嫡男であり、安倍氏の後を継ぎました。しかし、頼義・義家父子の軍勢に敗れ、陸奥国から追放されました。その後、宗任は伊予国に逃れ、清行を儲けました。

清行は伊予国で育ち、武芸を学びました。その後、上洛して平清盛に仕え、平家の一員となりました。清盛の信頼を得て、平家の重臣として活躍しました。

治承4年(1180年)、清盛が亡くなると、清行は平家の総帥となりました。しかし、源頼朝の挙兵により、平家は没落しました。清行は壇ノ浦の戦いで戦死し、安倍氏は滅亡しました。

清行の出自と家系は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての日本の歴史を理解する上で重要な意味を持っています。清行は、安倍氏という豪族の出身であり、平清盛に仕えて平家の重臣として活躍しました。しかし、源頼朝の挙兵により、平家は没落し、清行は壇ノ浦の戦いで戦死しました。清行の死とともに、安倍氏は滅亡しました。

安倍清行の官歴と功績

安倍清行の官歴と功績

安倍清行の官歴と功績

安倍清行は、平安時代末期の武将、歌人です。清原氏の一族である清原清衡の長男として生まれ、後に安倍氏を名乗りました。安倍清行は、源氏と平氏の間で争われた源平合戦で、平氏についたため、源氏に滅ぼされました。しかし、安倍清行は、官歴と功績を残し、後世に伝えられています。

安倍清行の官歴は、以下の通りです。

* 久安3年(1147年)に、左近衛少将に任命される。
* 仁平2年(1152年)に、右近衛将監に任命される。
* 久寿2年(1155年)に、左近衛中将に任命される。
* 保元元年(1156年)に、右近衛中将に任命される。
* 平治元年(1159年)に、左近衛中将に任命される。

安倍清行の功績は、以下の通りです。

* 久安6年(1150年)に、平忠清とともに、源義朝の軍を破る。
* 保元元年(1156年)に、平清盛とともに、源義朝を討ち取る。
* 平治元年(1159年)に、平清盛とともに、源頼朝を討ち取る。

安倍清行は、源平合戦で平氏についたため、源氏に滅ぼされましたが、官歴と功績を残し、後世に伝えられています。

安倍清行の和歌と文学活動

安倍清行の和歌と文学活動

安倍清行の和歌と文学活動

平安時代前期の歌人・文学者である安倍清行は、845年に生まれました。870年に文章生となり、879年に文章得業生となりました。883年には文章博士となり、文章院のトップとして活躍しました。また、宮内卿や右衛門督などの官職を歴任しました。清行は、和歌の才能に優れており、古今和歌集に23首が入集しています。清行の和歌は、優美で繊細な表現が特徴です。

清行は、文学活動にも功績を残しています。901年に完成した日本書紀の編纂に参加しました。また、清行は、905年に完成した古今和歌集の撰者の一人でもあります。古今和歌集は、日本の和歌の歴史において重要な位置を占める歌集であり、清行の功績は高く評価されています。

清行は、910年に死去しました。清行は、平安時代前期を代表する歌人・文学者の一人として、日本文化史に大きな影響を与えました。

清行の和歌には、次のようなものがあります。

* 「春さりて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天の香具山」(古今和歌集)
* 「夏山に鳴く蝉の声を聞くごとに故郷恋しき吾はなりぬる」(古今和歌集)
* 「秋風に吹き散るもみぢを見ればこそ他郷に旅はせられけれ」(古今和歌集)
* 「冬ごもりせし水際も春くれば水こほり解け春ぞ来るらし」(古今和歌集)

これらの和歌は、清行の繊細な感性と豊かな表現力をよく表しています。

清行の文学活動には、次のようなものがあります。

* 日本書紀の編纂
* 古今和歌集の撰集
* 凌雲集の撰集
* 菅家文草の撰集

これらの文学活動は、清行の日本の文化史への貢献を示しています。

清行は、平安時代前期を代表する歌人・文学者の一人です。清行の和歌は、優美で繊細な表現が特徴です。清行の文学活動は、日本の文化史に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました