安倍貞任 – 平安時代中期の豪族

安倍貞任 – 平安時代中期の豪族

生涯

生涯

-生涯-

安倍貞任は、平安時代中期の豪族である。通称は左兵衛尉。桓武平氏の一族であり、安倍頼時の三男である。母は桓武平氏の一族である平直方(平忠盛の祖父)の娘である。

貞任の生年は不詳である。父頼時が1019年に没した後は、兄の安倍頼良が家督を継いだ。しかし、1028年に頼良が亡くなると、貞任が家督を継承した。

貞任は、父と兄よりもはるかに野心的で、武勇にも優れていた。1051年には、俘囚(蝦夷)の反乱を鎮圧して、朝廷から功績を認められた。しかし、貞任の勢力の拡大は、隣国の胆沢源氏の源義家と衝突した。

1056年、源義家の攻撃を受けた貞任は、安倍氏の本拠地である平泉(現在の岩手県平泉町)を放棄して、奥州に逃亡した。しかし、義家は貞任を追撃し、1062年に貞任を討ち果たした。貞任の死によって、安倍氏は滅亡した。

貞任は、平泉に中尊寺を建立したことで知られている。また、貞任の妹である安倍宗子は、源義家の母である。そのため、貞任と源義家は、甥と叔父の関係にあった。

貞任は、その武勇や野心から、後世において多くの伝説や物語の主人公となった。

前九年の役

前九年の役

前九年の役

前九年の役は、平安時代中期に、清原氏と安倍氏が陸奥国で争った戦いである。清原氏は、陸奥国の国司であり、安倍氏は、陸奥国の豪族であった。前九年の役は、1051年に清原氏が安倍氏を攻撃したことから始まった。戦いは、1062年に安倍氏が降伏するまで続いた。前九年の役は、清原氏が安倍氏を滅亡させ、陸奥国の支配権を確立した。

前九年の役は、清原氏と安倍氏の勢力争いが原因で始まった。清原氏は、陸奥国の国司であり、安倍氏は、陸奥国の豪族であった。清原氏は、安倍氏を支配下に置こうとしたが、安倍氏は、清原氏の支配を拒否した。そのため、清原氏と安倍氏の間に争いが起こった。

前九年の役は、1051年に清原氏が安倍氏を攻撃したことから始まった。清原氏は、安倍氏の居城である厨川柵を攻撃した。安倍氏は、清原氏の攻撃を撃退したが、厨川柵は焼失した。安倍氏は、厨川柵を放棄して、奥州に逃れた。

清原氏は、安倍氏を追撃したが、安倍氏は、奥州で清原氏の軍勢を撃破した。清原氏は、陸奥国に撤退した。安倍氏は、奥州を支配下に置いた。

前九年の役は、1062年に安倍氏が降伏するまで続いた。安倍氏は、清原氏に降伏し、陸奥国を清原氏に譲った。清原氏は、安倍氏を滅亡させ、陸奥国の支配権を確立した。

前九年の役は、清原氏と安倍氏の勢力争いが原因で始まった。戦いは、1051年に清原氏が安倍氏を攻撃したことから始まった。戦いは、1062年に安倍氏が降伏するまで続いた。前九年の役は、清原氏が安倍氏を滅亡させ、陸奥国の支配権を確立した。

最期

最期

-最期-

安倍貞任は、奥州藤原氏の祖である藤原清衡に叛旗を翻し、源頼朝の軍勢と戦った。

貞任は、初めは優勢であったが、源頼朝の軍勢は、次第に勢力を盛り返し、貞任の軍勢を破った。貞任は、陸奥国衣川館に籠城したが、源頼朝の軍勢に攻められ、自害した。

貞任は、奥州藤原氏を滅亡させ、源頼朝の奥州征伐を成功させた。貞任の死は、奥州藤原氏の終焉と、源頼朝の鎌倉幕府の成立を意味した。

貞任の死後、その首は、京都に送られ、晒し者にされた。貞任の首は、その後、奥州に送られ、安倍氏の一族の墓に葬られた。

貞任の死は、奥州藤原氏を滅亡させ、源頼朝が鎌倉幕府を開いたことを意味した。貞任は、奥州の豪族として、源頼朝の鎌倉幕府の成立に大きな影響を与えた人物である。

タイトルとURLをコピーしました