「安倍沙弥麻呂」

「安倍沙弥麻呂」

安倍沙弥麻呂の経歴と功績

安倍沙弥麻呂の経歴と功績

安倍沙弥麻呂は、奈良時代末期から平安時代初期にかけての貴族。官位は従四位下・陸奥出羽按察使。

安倍沙弥麻呂は、安倍氏の一族である阿倍毛人もしくは安倍小弓の次男として生まれた。兄に安倍今麻呂、弟に安倍昇麻呂がいる。

安倍沙弥麻呂は、天平宝字8年(764年)に蝦夷征討の功績により外従五位下に叙せられた。その後、右衛士佐、左衛門佐などを歴任した。

延暦10年(791年)、安倍沙弥麻呂は陸奥出羽按察使に任命された。陸奥出羽按察使は、陸奥国と出羽国の行政を統括する官職であり、安倍沙弥麻呂は蝦夷征討の功績が認められてこの官職に就いたものと思われる。

安倍沙弥麻呂は、陸奥出羽按察使として、蝦夷征討に尽力した。延暦12年(793年)、安倍沙弥麻呂は蝦夷の首領である伊治公麻呂を討ち取り、蝦夷征討を成功させた。この功績により、安倍沙弥麻呂は従四位下に叙せられた。

延暦23年(804年)、安倍沙弥麻呂は死去した。享年50。

安倍沙弥麻呂は、蝦夷征討に尽力したことで知られている。蝦夷征討は、平安時代初期に朝廷が蝦夷を討伐して東北地方を支配下に置こうとした戦争である。安倍沙弥麻呂は、蝦夷征討の最前線で戦い、伊治公麻呂を討ち取るなど、大きな功績を挙げた。安倍沙弥麻呂の功績により、朝廷は蝦夷征討を成功させ、東北地方を支配下に置くことができた。

安倍沙弥麻呂の歌

安倍沙弥麻呂の歌

-# 安倍沙弥麻呂

平安時代前期の貴族、歌人、官人。姓は安倍朝臣。桓武天皇の生母である高野新笠と道嶋大嶋の父。

-# 安倍沙弥麻呂の歌

安倍沙弥麻呂は、平安時代前期を代表する歌人である。勅撰和歌集『古今和歌集』には、彼の歌が10首収められている。彼の歌は、自然の美しさを詠んだものが多い。穏やかな風情を醸し出す、いわゆる大和絵の風景がそこにある。『新古今和歌集』にも3首の和歌が選ばれている。

-代表的な歌-

* -「秋風の吹きにたてる波のさやけさに月ぞのどけき浦の秋風」-
* -「夕されば野辺の秋風身にしみて鶉なくなり露もまだき頃」-
* -「秋の夜は露もまだきを置きてのみ月は照りつつ夜もすがら明し」-

これらの歌は、いずれも自然の美しさや季節の移ろいを詠んだものだ。安倍沙弥麻呂の歌は、当時の貴族たちの間で高い評価を受けていたとされる。

安倍沙弥麻呂の家族や親族

安倍沙弥麻呂の家族や親族

-安倍沙弥麻呂の家族や親族-

安倍沙弥麻呂(あべのさやまろ)は、平安時代初期の貴族、政治家、軍人。桓武天皇の第三皇子、母は藤原薬子の兄・藤原長良の娘・藤原乙牟漏。同母弟に葛原親王(葛原天皇)、嵯峨天皇、淳和天皇、異母兄に平城天皇、早良親王、同母姉に伊都内親王(平城天皇皇后)、他戸内親王(嵯峨天皇妃)、井上内親王がいた。

-父・桓武天皇-

桓武天皇は、第50代の天皇。桓武天皇は、天平宝字8年(764年)に藤原良継の子として生まれた。幼名は安殿皇子。桓武天皇は、延暦4年(785年)に即位した。桓武天皇は、平安京に遷都し、律令制を整備した。桓武天皇は、大同5年(810年)に崩御した。

-母・藤原乙牟漏-

藤原乙牟漏は、藤原長良の娘。藤原長良は、藤原乙牟漏の父であり、藤原薬子の兄である。藤原乙牟漏は、延暦10年(791年)に桓武天皇の妃となり、安殿皇子(後の平城天皇)を儲けた。藤原乙牟漏は、大同4年(809年)に崩御した。

-異母兄弟・平城天皇-

平城天皇は、第51代天皇。平城天皇は、延暦14年(795年)に桓武天皇と藤原乙牟漏の子として生まれた。幼名は葛原皇子。平城天皇は、大同元年(806年)に即位した。平城天皇は、大同4年(809年)に譲位し、安殿皇子(後の嵯峨天皇)に皇位を譲った。平城天皇は、弘仁14年(823年)に崩御した。

-同母兄弟・嵯峨天皇-

嵯峨天皇は、第52代天皇。嵯峨天皇は、延暦17年(798年)に桓武天皇と藤原乙牟漏の子として生まれた。幼名は御影皇子。嵯峨天皇は、大同4年(809年)に即位した。嵯峨天皇は、弘仁14年(823年)に譲位し、淳和天皇に皇位を譲った。嵯峨天皇は、天長10年(833年)に崩御した。

-同母兄弟・淳和天皇-

淳和天皇は、第53代天皇。淳和天皇は、延暦20年(801年)に桓武天皇と藤原乙牟漏の子として生まれた。幼名は大伴皇子。淳和天皇は、弘仁14年(823年)に即位した。淳和天皇は、天長10年(833年)に譲位し、仁明天皇に皇位を譲った。淳和天皇は、嘉祥3年(850年)に崩御した。

-同母姉・伊都内親王-

伊都内親王は、桓武天皇と藤原乙牟漏の娘。伊都内親王は、延暦8年(789年)に生まれた。伊都内親王は、弘仁5年(814年)に平城天皇の妃となった。伊都内親王は、弘仁14年(823年)に崩御した。

-同母姉・他戸内親王-

他戸内親王は、桓武天皇と藤原乙牟漏の娘。他戸内親王は、延暦10年(791年)に生まれた。他戸内親王は、弘仁11年(820年)に嵯峨天皇の妃となった。他戸内親王は、承和5年(838年)に崩御した。

-同母姉・井上内親王-

井上内親王は、桓武天皇と藤原乙牟漏の娘。井上内親王は、延暦12年(793年)に生まれた。井上内親王は、大同3年(808年)に出家した。井上内親王は、弘仁14年(823年)に崩御した。

タイトルとURLをコピーしました