大多和四郎右衛門-寛永の大飢饉で藩倉を破って罪を負った名主

大多和四郎右衛門-寛永の大飢饉で藩倉を破って罪を負った名主

大多和四郎右衛門の生涯

大多和四郎右衛門の生涯

-大多和四郎右衛門の生涯-

大多和四郎右衛門は、江戸時代の寛永年間(1624-1644)に活躍した名主です。大和国(現在の奈良県)吉野郡大多和村の出身で、妻のナオ、娘のウチ、息子の喜左衛門とともに農業を営んでいました。大多和家は代々名主を務めており、四郎右衛門は村人の信頼を集めていました。

寛永18年(1641)、大規模な飢饉が日本を襲いました。この飢饉は「寛永の大飢饉」と呼ばれ、全国各地で多くの人々が餓死しました。大和国もまたこの飢饉の影響を強く受け、多くの村人が飢えに苦しんでいました。

大多和村もまたこの飢饉の影響を受けており、村人たちは飢えに苦しんでいました。四郎右衛門は村人たちの苦しみを見て、何とかして飢えを救おうと決意しました。

四郎右衛門は、村の有力者たちを集めて相談し、藩倉を破って食料を村人に分け与えることを提案しました。藩倉とは、藩が備蓄している食料の倉庫のことです。藩倉を破るのは重罪であり、死罪になる可能性もありました。しかし、四郎右衛門は村人たちの命を救うため、この決断を下しました。

四郎右衛門は、村人たちに藩倉を破って食料を分け与えることを伝えました。村人たちは四郎右衛門の決断を喜び、四郎右衛門とともに藩倉を破って食料を分け与えました。

四郎右衛門の行為はすぐに藩に知られ、四郎右衛門は逮捕されました。四郎右衛門は、藩倉を破った罪で死罪を言い渡されました。しかし、村人たちは四郎右衛門を救おうと、藩に嘆願書を提出しました。藩もまた、四郎右衛門の行為が村人たちを救うためであったことを酌み、死罪を減刑しました。

四郎右衛門は、藩倉を破った罪で流罪となり、伊豆大島に流されました。四郎右衛門は、伊豆大島で10年間流罪生活を送った後、赦免されました。四郎右衛門は、赦免された後、大和国に帰郷し、再び名主を務めました。

四郎右衛門は、寛永の大飢饉で藩倉を破って罪を負った名主として、今日でもその名を知られています。四郎右衛門の決断は、村人たちの命を救い、村人たちの信頼を集めました。四郎右衛門は、大和国の名主として、村人たちに寄り添い、村を繁栄させました。

寛永の大飢饉と領主の施米救済拒否

寛永の大飢饉と領主の施米救済拒否

寛永の大飢饉と領主の施米救済拒否

寛永18年(1641年)、日本列島を襲った「寛永の大飢饉」は、全国各地で甚大な被害をもたらしました。諸藩では、藩倉から米を放出して領民に施す救済策をとりましたが、中には藩倉から米を放出することを拒否した藩主もおり、領民は飢餓に苦しみました。

大多和四郎右衛門が名主を務めていた加賀藩も、寛永の大飢饉に見舞われた藩の一つです。藩主前田利常は、藩倉から米を放出して領民に施すよう命じましたが、家老らは、藩の財政を理由に施米救済を拒否しました。

利常の施米救済拒否を知った大多和四郎右衛門は、藩主の命令を無視して藩倉を破り、米を領民に分け与えました。四郎右衛門の行為は、領民たちから賞賛されましたが、藩主利常は、四郎右衛門を罪人と断じ、処罰しました。

四郎右衛門の行為は、領民たちを飢餓から救うという人道的見地からすれば、正しい行動でした。しかし、藩主の命令に背いたという点では、罪を犯したことは間違いありません。四郎右衛門の行為は、今もなお議論の的となっています。

藩倉の米を村民に分け与え、切腹した大多和四郎右衛門

藩倉の米を村民に分け与え、切腹した大多和四郎右衛門

– 大多和四郎右衛門-寛永の大飢饉で藩倉を破って罪を負った名主 –

-# 藩倉の米を村民に分け与え、切腹した大多和四郎右衛門 -#

寛永の大飢饉は、1640年(寛永17年)から1643年(寛永20年)にかけて日本を襲った大飢饉である。江戸時代に入って初めての全国的な規模の飢饉であり、東北地方と北陸地方を中心に全国各地で飢餓が蔓延し、多くの人々が死亡したとされる。

そんな寛永の大飢饉のさなか、尾張国(現在の愛知県)熱田郡の大多和村の庄屋であった大多和四郎右衛門は、藩の倉に貯蓄されていた米を勝手に村民に分け与えた。藩の許可を得ずに倉を破ったことは重大な罪であり、四郎右衛門はすぐに捕らえられ、切腹を命じられた。

四郎右衛門が藩倉の米を村民に分け与えた理由は、村民が飢餓に苦しんでいるのを見て、見過ごすことができなかったからである。四郎右衛門は名主として、村民の生活を守る責任があった。藩の許可を得なくても、村民を救うために米を分け与えたのは、四郎右衛門の強い決断力と責任感の表れである。

四郎右衛門の切腹は、全国に大きな衝撃を与えた。四郎右衛門の死は、人々の間に藩の厳しい統治に対する批判と、四郎右衛門の村民を思いやる心に共感する気持ちを広めた。四郎右衛門は、飢餓に苦しむ村民を救うために命を懸けた偉大な名主として、今でも人々に語り継がれている。

四郎右衛門の切腹から約300年後、1934年(昭和9年)に、四郎右衛門の功績を称えて、熱田区に「大多和四郎右衛門顕彰碑」が建立された。顕彰碑には、「寛永の大飢饉に際し、藩倉の米を村民に分け与え、切腹した大多和四郎右衛門の偉業を称える」と刻まれている。

タイトルとURLをコピーしました