大田原一清:幕末から昭和時代前期の日本の大名、華族

大田原一清:幕末から昭和時代前期の日本の大名、華族

大田原一清の生涯と功績

大田原一清の生涯と功績

-大田原一清の生涯と功績-

大田原一清(おおたわら かずきよ)は、幕末から昭和時代前期にかけての日本の大名、華族。陸奥国烏山藩の第19代藩主。後に伯爵となる。

-前半生-

大田原一清は、天保13年(1842年)、陸奥国烏山藩の第17代藩主大田原清貞の次男として生まれる。維新後、明治4年(1871年)9月華族に列し、同月21日、明治政府に烏山藩を返上する。明治14年(1881年)5月3日、叙爵。明治21年(1888年)8月には子爵に叙せられた。

-後半生-

明治24年(1891年)8月22日、従兄の大田原清輝の死去により、大田原家および烏山藩旧臣の推薦により、家督を相続。伯爵を襲爵し、烏山藩知事に就任した。明治25年(1892年)1月9日、錦鶏間祗候に任じられる。

明治30年(1897年)12月29日、貴族院議員に就任し、昭和4年(1929年)8月26日まで務めた。

昭和10年(1935年)4月24日、茨城県烏山町(現在の烏山城)で死去。享年94。

-功績-

大田原一清は、長寿を全うし、明治・大正・昭和の3時代にわたり、日本の政界で活躍した。貴族院議員として、烏山藩旧臣の利益に尽力し、また、中央政界においても、天皇陛下に対する loyalな奉仕者として尊敬を集めた。

大田原一清は、幕末から昭和時代前期にかけての日本の政界に大きな功績を残した偉大な人物であった。

大田原家の歴史と家系

大田原家の歴史と家系

大田原一清幕末から昭和時代前期の日本の大名、華族

大田原家の歴史と家系

大田原家は、清和源氏足利氏の一族である,平安時代末期に常陸国那珂郡大田原郷を領して大田原姓を称し,鎌倉時代には常陸国守護に任命され、代々常陸,下総両国を支配した大名。室町時代には関東管領上杉氏の麾下に入り,下総国結城郡を領有。戦国時代には結城氏と争って勢力を扶植したが,のち北条氏綱に従い,下総国の守護代として安房国への通路にあたる関宿城を築き,上総,相模の諸城を領有した。

江戸時代には譜代大名として陸奥国黒羽藩を領し,2万石を領した。藩主は大田原晴清,宗清,政清,清胤,政清,清統,政宏,忠清,一清と続いた。

大田原一清は,1803年(享和3年)に大田原政宏の長男として江戸に生まれた。幼名は忠五郎。1825年(文政8年)に家督を継いで黒羽藩の第9代藩主となった。1848年(嘉永元年)に老中格に任じられ,1850年(嘉永3年)に若年寄に就任した。

1862年(文久2年)に将軍徳川家茂の側近として上洛し,孝明天皇に謁見した。1863年(文久3年)に一大老に就任し、江戸幕府の幕政改革を推進した。1864年(元治元年)に参与に任じられ,1865年(慶応元年)に老中に就任した。

1867年(慶応3年)に大政奉還が行われ,徳川慶喜が将軍を辞職した。大田原一清は,慶喜に従って上野寛永寺に謹慎した。戊辰戦争では,慶喜に従って東北地方に転戦し,会津戦争に参加した。会津藩が降伏した後,大田原一清は謹慎を解かれ,東京に移住した。

大田原一清は,1894年(明治27年)に死去した。戒名は忠清院殿。墓所は東京都台東区の谷中霊園にある。

大田原一清の子孫と現在

大田原一清の子孫と現在

大田原一清の子孫と現在

大田原一清の子孫は、現在も存続している。彼の長男である大田原一清は、1872年に生まれ、1944年に亡くなった。彼は、学習院高等科を卒業後、陸軍士官学校に進み、卒業後は陸軍に勤務した。日露戦争に従軍し、功績を挙げて勲章を授与された。その後、予備役となり、実業界に転じた。彼は、日本製鐵株式会社の社長や、日本商工会議所の会頭などを歴任した。

一清の次男である大田原一清は、1876年に生まれ、1955年に亡くなった。彼は、学習院高等科を卒業後、東京帝国大学法科大学に進学した。卒業後は、司法省に勤務し、判事や検事を歴任した。その後、弁護士となり、大蔵省や内務省の顧問を務めた。

一清の三男である大田原一清は、1881年に生まれ、1963年に亡くなった。彼は、学習院高等科を卒業後、東京帝国大学工科大学に進学した。卒業後は、工部省に勤務し、技師や技監を務めた。その後、実業界に転じ、日本電気株式会社の社長や、日本工業倶楽部(現日本経済団体連合会)の会長などを歴任した。

一清の四男である大田原一清は、1886年に生まれ、1969年に亡くなった。彼は、学習院高等科を卒業後、東京帝国大学法科大学に進学した。卒業後は、外務省に勤務し、公使や大使を務めた。その後、実業界に転じ、日本製鐵株式会社の社長や、日本商工会議所の会頭などを歴任した。

現在、大田原一清の子孫は、各界で活躍している。彼らの中には、政治家、官僚、実業家、学者、芸術家など、さまざまな分野で活躍している人がいる。大田原一清の功績は、子孫たちによって受け継がれ、日本の発展に貢献している。

タイトルとURLをコピーしました