堀直旧 – 江戸時代中期の大名

堀直旧 – 江戸時代中期の大名

堀直旧の生涯

堀直旧の生涯

堀直旧の生涯

堀直旧は、江戸時代中期の大名で、越前国福井藩の第4代藩主。堀直澄の長男として生まれ、1691年に家督を継いだ。直旧は、藩政改革を行い、藩財政を立て直した。また、儒教を奨励し、藩校「明道館」を創設した。直旧は、1725年に死去し、跡を養子の直央が継いだ。

直旧は、1677年に京都で生まれた。幼名は亀麿。堀直澄の長男として生まれ、1688年に世子となった。1691年、堀直澄が死去し、直旧が家督を継いだ。直旧は、藩政改革を行い、藩財政を立て直した。また、儒教を奨励し、藩校「明道館」を創設した。

直旧は、1725年に死去し、跡を養子の直央が継いだ。直央は、直旧の藩政改革を引き継ぎ、藩政を安定させた。また、明道館を整備し、藩士の教育に力を注いだ。直央は、1762年に死去し、跡を養子の直升が継いだ。

直旧は、藩政改革を行い、藩財政を立て直した。また、儒教を奨励し、藩校「明道館」を創設した。直旧は、藩政を安定させ、藩士の教育に力を注いだ。直旧の藩政改革は、福井藩の発展に大きく貢献した。

堀直旧の功績

堀直旧の功績

-堀直旧の功績-

堀直旧は、江戸時代中期の大名で、出羽国由利郡(現・秋田県由利本荘市)矢島藩の第2代藩主。堀直清の嫡男として生まれる。諱は直旧、通称は内膳。官位は従五位下、備前守。

直旧は、藩政において数々の功績を挙げた。まず、藩財政の立て直しに取り組んだ。矢島藩は、直旧の代に大規模な飢饉に見舞われ、藩財政は逼迫していた。直旧は、藩士の俸禄を減らすなどの緊縮策を断行し、藩財政の立て直しに成功した。

次に、藩政改革に取り組んだ。直旧は、藩士の登用制度を改革し、有能な人材を登用した。また、産業振興にも力を入れ、養蚕業や織物業を奨励した。その結果、藩の経済は発展し、藩財政は好転した。

さらに、直旧は、教育にも力を入れ、藩校「由利学校」を創設した。由利学校は、藩士の子弟を教育する学校であり、多くの優秀な人材を輩出した。

直旧は、藩政において数々の功績を挙げ、矢島藩を繁栄させた。直旧の功績は、現在も由利本荘市に受け継がれている。

-直旧の功績-

* 藩財政の立て直し
* 藩政改革
* 産業振興
* 教育振興

堀直旧の人物像

堀直旧の人物像

堀直旧の人物像

堀直旧は、江戸時代中期の大名で、越前国敦賀藩の第7代藩主である。1756年、堀直央の長男として江戸に生まれる。幼名は勇之助。1782年、父の死去により家督を継いだ。

直旧は、藩政改革に熱心に取り組んだ。まず、財政再建のため、倹約令を発布して経費削減を図った。また、新田開発や殖産興業にも努め、藩の財政を立て直した。

さらに、直旧は学問を奨励し、藩校「成徳館」を創設した。成徳館では、儒学や兵学、洋学などのさまざまな学問が教えられ、多くの優秀な人材を輩出した。

直旧は、武芸にも優れた人物で、槍術や馬術に堪能だった。また、茶道や和歌にも精通しており、文化人としても活躍した。

直旧は、1826年に死去するまで、44年間藩主を務めた。その間、藩政改革や学問の奨励など、さまざまな施策を実施して藩の発展に尽くした。直旧は、名君として名高い大名の一人とされている。

直旧の功績は、以下の通りである。

* 財政再建
* 新田開発や殖産興業
* 学問の奨励
* 武芸や文化の振興

直旧は、藩政改革や学問の奨励など、さまざまな施策を実施して藩の発展に尽くした名君である。

タイトルとURLをコピーしました