二階堂行久(1)

二階堂行久(1)

執権・北条泰時の家臣

執権・北条泰時の家臣

-執権・北条泰時の家臣-

二階堂行久は、鎌倉時代初期の武士であり、執権・北条泰時の家臣でした。二階堂氏の祖である二階堂行政の子として生まれ、北条泰時の側近として仕えました。

二階堂行久は、承久の乱で功績を挙げ、北条泰時より所領を賜りました。また、建長元年(1249年)には、北条泰時の命を受けて、鎌倉大仏の造立に協力しました。鎌倉大仏は、現在、神奈川県鎌倉市の大仏寺に安置されています。

二階堂行久は、北条泰時が亡くなった後も、その子である北条経時、北条時頼に仕えました。北条時頼の時代には、弘安の役で活躍し、功績を挙げました。

二階堂行久は、弘安6年(1283年)に亡くなりました。享年82歳でした。二階堂行久の墓所は、神奈川県鎌倉市の浄妙寺にあります。

二階堂行久は、鎌倉時代初期の武人として活躍した人物であり、北条泰時、北条経時、北条時頼の3代の執権に仕えました。鎌倉大仏の造立にも協力し、弘安の役で活躍するなど、功績を挙げました。

評定衆として活躍

評定衆として活躍

-評定衆として活躍-

二階堂行久は、1561年に評定衆に任命され、豊臣秀吉の死後、1598年に五奉行の一人となった。

行久は、評定衆として主に政治・行政を担当し、秀吉の天下統一事業に貢献した。

彼は、秀吉の側近として、各地の領主との交渉や、諸大名の統制など、様々な重要な任務を遂行した。

また、行久は、豊臣政権の法制整備にも尽力し、1591年に「豊臣氏法度」を制定し、豊臣政権の基礎を固めた。

行久は、豊臣政権の重要な人物として、秀吉の天下統一事業に貢献した。

彼は、政治・行政の分野で活躍し、豊臣政権の法制整備にも尽力した。

行久は、死後、従一位左大臣を追贈され、子の二階堂吉良を養子とすることで家督を継がせた。

行久の功績は、今もなお称えられており、彼の墓所は、京都市の東山区にある。

文永3年死去

文永3年死去

二階堂行久(1)

文永3年死去

文永3年(1266)1月28日、二階堂行久は京都で亡くなりました。享年64歳でした。行久の死は、鎌倉幕府に大きな衝撃を与えました。行久は、幕府の重臣であり、北条氏に次ぐ有力御家人でした。行久の死によって、幕府は重要な人材を失うことになりました。

行久は、大隅国(現在の鹿児島県)出身です。承久の乱(1221)で活躍し、鎌倉幕府の御家人となりました。その後、評定衆、執権、連署を歴任し、幕府の中枢で活躍しました。行久は、武勇に優れていただけでなく、政治的手腕にも長けていました。幕府の財政再建や、元寇対策など、多くの重要な政策を推進しました。

行久の死後、幕府は混乱に陥りました。後継者争いが激化し、幕府の権威が低下しました。元寇の襲来もあり、幕府は存続の危機に陥りました。しかし、北条氏を中心とした幕府の武士たちは、必死に戦い、元寇を撃退しました。幕府は、元寇を撃退したことで、権威を回復し、その後も100年以上続きました。

行久は、鎌倉幕府の重要な人物でした。行久の死は、幕府に大きな衝撃を与え、幕府の混乱を招きました。しかし、幕府は、行久の死を乗り越えて、元寇を撃退し、権威を回復しました。行久の功績は、鎌倉幕府の歴史の中で、重要なものとなっています。

タイトルとURLをコピーしました