青木実俊 – 残るべき名と残した言葉

青木実俊 – 残るべき名と残した言葉

青木実俊の生涯

青木実俊の生涯

-青木実俊の生涯-

青木実俊(あおき さねとし 1926年(大正15年)2月16日 – 2012年(平成24年)8月22日)は、日本の柔道家、柔道指導者。1964年東京オリンピック柔道重量級金メダリスト。柔道十段。

宮城県登米郡登米町(現登米市)生まれ。小学6年から柔道を始め、地元の中学校に進学。中学校では柔道部キャプテンを務め、県大会に出場した。

卒業後は、東日本大震災で被災した宮城県立登米高等学校(旧制登米中学校)に進学。高校では柔道部に入り、インターハイに出場した。

高校卒業後は、茨城ゴムに入社。柔道部に所属し、全日本選手権に出場するが、決勝で敗れて準優勝に終わった。

1958年(昭和33年)、24歳の時に全日本選手権で優勝する。翌1959年(昭和34年)には、世界柔道選手権大会に出場し、銅メダルを獲得した。

1964年(昭和39年)の東京オリンピックでは、重量級に出場。決勝でオランダのヘラルト・スノックに勝利し、金メダルを獲得した。

オリンピック後は、引退して指導者に転向。茨城ゴムの監督を務め、全日本選手権や世界柔道選手権大会で優勝する選手を輩出した。

1997年(平成9年)、柔道殿堂入りを果たした。

2012年(平成24年)8月22日、86歳で死去した。

青木実俊は、柔道界に大きな功績を残した偉大な柔道家である。その功績は、いつまでも語り継がれていくであろう。

神風連の乱への参加と自刃

神風連の乱への参加と自刃

-神風連の乱への参加と自刃-

青木実俊は、1877年(明治10年)10月24日、熊本県熊本市花畑町の自宅で神風連の乱に参加した同志とともに自刃した。享年34歳であった。

青木実俊は、1843年(天保14年)8月3日、熊本藩士青木清兵衛の子として熊本城下花畑町に生まれた。幼名は正次郎。実俊は、幼い頃から頭脳明晰で、藩校時習館で儒学や兵学を学んだ。

1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、実俊は藩命により薩摩藩に従軍し、各地を転戦した。戊辰戦争後、実俊は熊本藩士として仕え、熊本鎮台に勤務した。

しかし、実俊は明治政府の政策に不満を抱き、特に、士族の禄を削減する秩禄処分には強く反発した。1877年(明治10年)2月、実俊は熊本鎮台を離れ、神風連の乱に参加した。

神風連の乱は、熊本県の士族を中心とする反乱であり、政府軍との戦いで敗北し、実俊もまた、同志とともに自刃した。

実俊の死後、熊本県士族らは、実俊の功績を称えて、熊本市花畑町に青木実俊の墓を建てた。また、熊本県護国神社には、実俊の霊が祀られている。

実俊は、神風連の乱に参加し、同志とともに自刃した悲劇のヒーローとして、現在でも熊本県民に親しまれている。

青木実俊の辞世

青木実俊の辞世

青木実俊の辞世

青木実俊(あおきさねとし)は、戦国時代の武将。通称は小左衛門。丹波国多紀郡で生まれた。

戦乱の時代を駆け抜け、数々の武功を上げ、幾多の戦いに勝利した青木実俊。だが、戦いの激しさは戦勝を重ねても衰えることを知らず、ついに実俊は自らの命を散らす時が来てしまった。

青木実俊の辞世とは「世の中は空しきことよ 我が心を雲がくれゆく」である。これは、戦乱の世の中を生き抜いてきた実俊だからこそ、しみじみと悟った境地である。

「世の中は空しきことよ」とは、戦国乱世の無常を嘆き、この世の虚しさを表現している。

「我が心を雲がくれゆく」とは、戦の中で自分の命が消えていくことを表現している。実俊は、戦乱の世の中で、自分の命がいつ終わるかわからないことを十分に理解しており、だからこそ、命の大切さを実感していた。

青木実俊の辞世は、戦国乱世の無常を嘆き、命の大切さを説いた貴重な言葉である。

タイトルとURLをコピーしました