ー「本庄道揚」

ー「本庄道揚」

本庄道揚の生涯

本庄道揚の生涯

-「本庄道揚」-

-本庄道揚の生涯-

本庄道揚は、1845年(弘化2年)に江戸で生まれた。父は幕臣の本庄伝内、母はおかのという。道揚は幼い頃から父に剣術を学び、また、学問にも優れていた。1861年(文久元年)、17歳の時に、京都に上り、尊王攘夷運動に参加した。

1864年(元治元年)、道揚は、長州藩の桂小五郎(後の木戸孝允)と出会い、意気投合する。桂は、道揚に長州藩士として仕えることを勧めたが、道揚はこれを断り、浪士として活動することを決意した。

1866年(慶応2年)、道揚は、薩摩藩の西郷隆盛と出会い、薩摩藩に仕官する。薩摩藩では、道揚は、軍監として活躍し、戊辰戦争では、幕府軍と戦った。

戊辰戦争後、道揚は、薩摩藩に帰郷し、廃藩置県の後は、鹿児島県の役人として働いた。1877年(明治10年)、西南戦争が起こると、道揚は、薩摩軍に参加し、戦った。

西南戦争後、道揚は、鹿児島県を離れ、東京に上京した。東京では、道揚は、政治家として活動し、1880年(明治13年)には、貴族院議員に当選した。1883年(明治16年)、道揚は、59歳で死去した。

道揚は、幕末から明治維新にかけて活躍した、志士であり、政治家である。道揚の功績は、現在でも高く評価されている。

本庄道揚の功績

本庄道揚の功績

– 本庄道揚

本庄道揚は、日本の工学者であり、日本の太陽電池開発の第一人者です。1930年に東京に生まれ、東京大学工学部を卒業後、三菱電機に入社しました。三菱電機では、太陽電池の研究開発に従事し、1964年に世界初のシリコン単結晶太陽電池を開発しました。この功績により、1965年に朝日賞を受賞しました。

– 本庄道揚の功績

* 世界初のシリコン単結晶太陽電池の開発
* 太陽電池の量産化への貢献
* 太陽電池の低コスト化への貢献
* 太陽電池の効率化への貢献

本庄道揚の功績は、日本の太陽電池産業の発展に大きく貢献しました。また、太陽電池の低コスト化と効率化への貢献は、太陽電池の普及を促進し、地球環境の保全に貢献しています。

-# 世界初のシリコン単結晶太陽電池の開発

1964年、本庄道揚は世界初のシリコン単結晶太陽電池を開発しました。この太陽電池は、シリコンの単結晶を基板として使用しており、従来の多結晶太陽電池よりも高い効率を実現しました。この開発は、太陽電池産業の発展に大きな影響を与えました。

-# 太陽電池の量産化への貢献

本庄道揚は、太陽電池の量産化にも貢献しました。1970年代、本庄道揚は三菱電機で、太陽電池の量産化技術を開発しました。この技術は、太陽電池の生産コストを大幅に削減し、太陽電池の普及を促進しました。

-# 太陽電池の低コスト化への貢献

本庄道揚は、太陽電池の低コスト化にも貢献しました。1980年代、本庄道揚は三菱電機で、アモルファスシリコン太陽電池の開発に成功しました。アモルファスシリコン太陽電池は、シリコンの単結晶太陽電池よりも生産コストが低く、太陽電池の普及をさらに促進しました。

-# 太陽電池の効率化への貢献

本庄道揚は、太陽電池の効率化にも貢献しました。1990年代、本庄道揚は三菱電機で、ヘテロ接合太陽電池の開発に成功しました。ヘテロ接合太陽電池は、従来の太陽電池よりも高い効率を実現しており、太陽電池の普及をさらに促進しています。

本庄道揚の死後

本庄道揚の死後

-本庄道揚の死後-

本庄道揚の死後、後継者争いが起きた。道揚の死後に跡継ぎが生れていない状況で、彼の弟である本庄房長、養子である本庄正忠、家臣である伊東忠太、北郷忠能がそれぞれに家督を主張した。

本庄房長は、道揚の弟であり、本庄家の嫡男であった。しかし、房長は武勇に優れておらず、家臣団の支持を得ることができなかった。

本庄正忠は、道揚の養子であり、道揚の死後、本庄家の家督を継いだ。しかし、正忠は若く、経験が不足しており、家臣団の支持を得ることができなかった。

伊東忠太は、本庄家の家老であり、道揚の死後、本庄家の実権を握った。忠太は、武勇に優れており、家臣団の支持を得ていた。しかし、忠太は、本庄家の嫡男ではなく、家督を継ぐことはできなかった。

北郷忠能は、本庄家の家老であり、道揚の死後、本庄家の実権を握った。忠能は、武勇に優れており、家臣団の支持を得ていた。しかし、忠能は、本庄家の嫡男ではなく、家督を継ぐことはできなかった。

最終的に、伊東忠太が本庄家の家督を継いだ。しかし、忠太は、家臣団の支持を得ることができず、本庄家は衰退していった。

タイトルとURLをコピーしました