『安部信発』

『安部信発』

幕末から明治時代の活躍

幕末から明治時代の活躍

-安部信発-

-幕末から明治時代の活躍-

安部信発(あべのぶおき)は、幕末から明治時代にかけて活躍した日本の政治家、華族。維新後、安部姓を賜り伯爵に叙せられた。

安部信発は、1842年、上総国夷隅郡津古本村(現在の千葉県夷隅市)に生まれた。幕末には、江戸幕府の幕臣として仕え、開国交渉や倒幕運動に参加した。1868年、戊辰戦争に際しては、新政府軍に従い、箱館戦争で活躍した。

明治時代には、政府に出仕して、内務大臣、農商務大臣、逓信大臣、外務大臣などの要職を歴任した。また、元老院議長も務めた。

安部信発は、自由民権運動を積極的に支持し、立憲政体の確立を目指した。また、殖産興業政策にも尽力し、日本の近代化に貢献した。

安部信発は、1913年に死去した。享年71。

子爵に叙される

子爵に叙される

-子爵に叙される-

1906年(明治39年)9月21日、父・安部信亨の死去に伴い、その爵位を継承して子爵となった。このとき、安部は22歳であった。

安部信亨は、明治維新後に初代内閣総理大臣となった伊藤博文の側近として活躍した人物である。伊藤は、安部を高く評価しており、彼に子爵の爵位を授けたのである。

安部は、子爵の爵位を継承した後も、国政に積極的に参加した。1908年(明治41年)には、貴族院議員に当選し、その後も、数回にわたって貴族院議員を務めた。

安部は、貴族院議員として、主に外交問題や軍事問題について発言した。彼は、日本の帝国主義政策を支持し、日本の軍備増強を主張した。

安部は、1945年(昭和20年)8月15日の終戦後も、政治活動を続けた。1946年(昭和21年)には、参議院議員に当選し、参議院議員を2期務めた。

安部は、1951年(昭和26年)に死去した。享年67歳であった。

タイトルとURLをコピーしました