「安部信賢」

「安部信賢」

安部信賢とは

安部信賢とは

– 安部信賢とは

安部信賢(あべのぶかた)は、戦国時代の武将・大名。信濃国佐久郡の領主。安部宗任の子。安部元真の父。

永正12年(1515年)、安部宗任の子として生まれる。信濃国佐久郡の領主となる。

享禄3年(1530年)、天文の乱で父・宗任が武田信虎に攻められて戦死すると、家督を継ぐ。

天文10年(1541年)、武田信玄が信濃侵攻を開始すると、これに従い、武田氏に従属する。

天文16年(1547年)、上杉謙信が信濃侵攻を開始すると、武田氏から離反し、上杉氏に従属する。

天文17年(1548年)、武田信玄が再び信濃侵攻を開始すると、再び武田氏に従属する。

天文20年(1551年)、武田信玄が松本城を攻めると、これに従い、松本城を攻略する。

永禄3年(1560年)、上杉謙信が再び信濃侵攻を開始すると、再び上杉氏に従属する。

永禄4年(1561年)、武田信玄が再び信濃侵攻を開始すると、再び武田氏に従属する。

永禄6年(1563年)、武田信玄が村上義清を攻めると、これに従い、村上義清を攻略する。

永禄7年(1564年)、武田信玄が信濃国を平定すると、佐久郡の領主として安堵される。

永禄12年(1569年)、武田信玄が三方ヶ原の戦いで織田信長を破ると、これに従い、三方ヶ原の戦いに参戦する。

元亀元年(1570年)、武田信玄が死去すると、武田勝頼が家督を継ぐ。

天正3年(1575年)、長篠の戦いで武田軍が織田・徳川連合軍に大敗すると、これに従い、長篠の戦いに参戦する。

天正10年(1582年)、武田勝頼が織田信長に攻められて自害すると、武田氏は滅亡する。

天正13年(1585年)、死去する。享年71。

安部信賢は、信濃国佐久郡の有力武将であり、武田信玄・武田勝頼の両氏に従属した。戦上手であり、武田氏の信濃侵攻に貢献した。

安部信賢の生涯

安部信賢の生涯

安部信賢の生涯

安部信賢は、1524年に甲斐に生まれました。父は武田信虎、母は正妻の大井の方です。信賢は、武田家の嫡男として誕生しましたが、父である信虎は、信賢を後継者として認めませんでした。そのため、信賢は、甲斐を追われて、信濃に逃亡しました。

信濃では、武田信玄に仕えていました。信玄は、信賢の武勇を賞賛しており、重用していました。信賢は、川中島合戦など、武田家の多くの戦いで活躍しました。しかし、1573年に、信玄が亡くなると、武田家は一気に衰退し、信賢は、武田家を追われて、越後に逃亡しました。

越後では、上杉謙信に仕えていました。謙信は、信賢の才能を評価しており、重用していました。信賢は、謙信の最側近として、越後の政治や軍事に関与しました。しかし、1578年に、謙信が亡くなると、越後も衰退し、信賢は、越後を追われて、甲斐に戻りました。

甲斐に戻った信賢は、武田家を再興しようとしましたが、成功しませんでした。1582年に、織田信長が甲斐に侵攻すると、信賢は武田家を捨てて降伏しました。信長は、信賢を許し、家臣として取り立てました。しかし、1583年に、本能寺の変が起こると、信長は亡くなり、信賢は浪人となりました。

信賢は、豊臣秀吉に仕えようとしましたが、拒否されました。そのため、信賢は、甲斐に帰郷し、隠居しました。1589年に、病死しました。

信賢は、武田家の嫡男として生まれましたが、武田家を追われて、各地を流浪しました。信賢は、武勇に優れており、多くの戦いで活躍しましたが、武田家や越後の衰退とともに、失意の人生を送りました。

安部信賢の功績

安部信賢の功績

– 安部信賢の功績

安部信賢(あべ のぶかた、1502年 – 1569年)は、戦国時代の武将。豊後国日田郡庄内郷(大分県日田市)を領する大名。豊後守護大名の大友宗麟の重臣。

信賢は、豊後守護大名の家臣団である臼杵氏、佐伯氏、戸次氏、大友氏、竹中氏らと並んで大友氏五家の一つである安部氏の当主にあたる。安部氏は源頼朝に仕えた安部清綱を祖とする家系で、信賢は安部氏17代当主である。

信賢は、1528年に大友氏の家督を継いだ大友宗麟の重臣として活躍した。宗麟は、戦国時代における九州の覇者を目指し、豊後国のみならず、筑後国、筑前国、肥前国、肥後国にも領土を拡大していった。信賢は、宗麟の九州統一事業を支え、各地の戦いで活躍した。

信賢の最も有名な功績は、1569年に起こった耳川の戦いにおける勝利である。耳川の戦いは、宗麟と、九州の覇権を争う島津義久との間で行われた合戦で、信賢は宗麟の軍を率いて島津軍と戦った。信賢は、島津軍を破り、宗麟に九州統一事業における大きな勝利をもたらした。

しかし、信賢は耳川の戦いの翌年、1569年に病死した。享年68。信賢の死は、宗麟にとって大きな痛手となり、宗麟は九州統一事業を断念することになった。

信賢は、宗麟の九州統一事業を支えた名将であり、その功績は今もなお称えられている。

タイトルとURLをコピーしました