陶工・初代向井和平と砥部焼の改良

陶工・初代向井和平と砥部焼の改良

砥部焼の発展に貢献した向井和平とその業績

砥部焼の発展に貢献した向井和平とその業績

砥部焼の発展に貢献した向井和平とその業績

愛媛県砥部町で生まれ、砥部焼の改良に努めた陶工・初代向井和平。彼は、砥部焼の伝統的な技法を継承しつつも、新たな技術を取り入れることで、砥部焼の発展に大きく貢献しました。

向井和平は、1872年(明治5年)に砥部町に生まれました。幼い頃から陶芸に興味を持ち、15歳の時に地元の陶工のもとで修行を始めました。その後、京都や東京で陶芸を学び、1900年(明治33年)に帰郷。砥部焼の改良に取り組みました。

向井和平は、砥部焼の伝統的な技法である「天目釉」を研究し、その改良に成功しました。天目釉は、鉄分を多く含んだ釉薬で、独特の黒色や茶色の発色をします。向井和平は、天目釉の配合や焼成方法を改良することで、より美しい天目釉を表現することに成功しました。

また、向井和平は、砥部焼の新製品開発にも取り組みました。彼は、西洋の陶磁器を参考にして、新しい形の器や花瓶を制作しました。また、砥部焼に絵付けを取り入れることで、より装飾的な器を制作しました。

向井和平の努力により、砥部焼は全国的に知られるようになりました。1910年(明治43年)には、砥部焼が初めて内国勧業博覧会に出品され、銀賞を受賞しました。また、1925年(大正14年)には、砥部焼がパリ万博に出品され、金賞を受賞しました。

向井和平は、1937年(昭和12年)に65歳で亡くなりましたが、彼の残した業績は現在も受け継がれています。砥部焼は、伝統的な技法を守りつつも、新しい技術を取り入れることで、進化を続けています。

砥部焼の改良に成功した初代向井和平

砥部焼の改良に成功した初代向井和平

砥部焼の改良に成功した初代向井和平

砥部焼は、愛媛県砥部町で焼かれる陶磁器です。その歴史は古く、平安時代にはすでに焼かれていたとされています。砥部焼は、その美しさから、皇室や貴族に愛され、江戸時代には全国に名を馳せるようになりました。

しかし、明治維新後、砥部焼の生産量は激減し、衰退の一途をたどりました。その理由は、西洋の陶磁器が輸入されるようになり、砥部焼が時代遅れのものとみなされたためです。

そのような状況の中、砥部焼の改良に取り組んだのが、初代向井和平です。和平は、砥部焼の伝統的な技法を尊重しながら、新しい技術を取り入れて、砥部焼の改良に取り組みました。

和平の努力は実り、砥部焼は再び全国に知られるようになりました。和平は、砥部焼の改良に成功した功績により、国の重要無形文化財保持者に認定されました。

和平の功績は、砥部焼の改良にとどまりません。和平は、砥部焼の窯業組合を設立し、砥部焼の生産と販売を組織化しました。また、砥部焼の美術館を建設し、砥部焼の歴史と文化を後世に伝えました。

和平の功績は、砥部焼の発展に大きく貢献しました。和平が改良した砥部焼は、現在でも多くの人々に愛されています。和平の功績は、砥部焼の歴史に永远に刻まれるでしょう。

川登石を用いた白磁の焼成

川登石を用いた白磁の焼成

-# 川登石を用いた白磁の焼成

初代向井和平は、砥部焼の改良に尽力した陶工です。その中でも、大きな功績の一つが川登石を用いた白磁の焼成です。

川登石は、愛媛県砥部町川登地区で採掘される粘土状の石です。この石は、非常に白く、耐火性に優れていることから、白磁の原料として最適でした。

しかし、川登石は、そのままでは焼くとひび割れてしまいます。そこで、向井和平は、川登石を粉末状にし、他の粘土と混ぜて焼成する技法を考案しました。

この技法により、向井和平は、白く美しい砥部焼を焼くことに成功しました。これは、砥部焼の大きな転換点となりました。

向井和平が川登石を用いて焼いた白磁は、非常に高く評価されました。江戸時代には、幕府に献上されるほどでした。

また、向井和平の白磁は、海外にも輸出され、ヨーロッパで高く評価されました。

向井和平の川登石を用いた白磁の焼成は、砥部焼の発展に大きく貢献しました。そして、砥部焼を日本の代表的な焼き物の一つに押し上げました。

タイトルとURLをコピーしました