青木重竜 – 江戸時代後期の大名

青木重竜 – 江戸時代後期の大名

青木重竜の生涯

青木重竜の生涯

青木重竜の生涯

青木重竜は、江戸時代後期の美濃国大垣藩の第6代藩主である。通称は金三郎、式部は、号は黙堂、雪渓。官位は従四位下侍従、中務大輔。

重竜は、文政元年(1818年)12月26日、第5代藩主・青木重当時の嫡男として大垣藩江戸屋敷にて生まれる。母は酒井忠道の娘・静。幼名は金三郎。

天保2年(1831年)、父・重当時の死去により、13歳で家督を相続する。藩政においては、領内を巡視し、民情を視察するなど、藩政改革に尽力した。また、学問を奨励し、藩校・崇広館を創設するなど、文化政策にも力を注いだ。

嘉永6年(1853年)、黒船来航により、江戸幕府は諸藩に警備を命じる。重竜は、幕府の命を受けて、大垣藩兵を率いて江戸に派遣する。

安政5年(1858年)、日米修好通商条約が締結され、開国が決定すると、重竜は、幕府の命を受けて、大垣藩兵を率いて京都に派遣する。

文久3年(1863年)、長州藩が京都で政変を起こし、尊皇攘夷運動が高まると、重竜は、幕府の命を受けて、大垣藩兵を率いて京都に派遣する。

元治元年(1864年)、禁門の変が起こると、重竜は、幕府の命を受けて、大垣藩兵を率いて京都に派遣する。禁門の変で、重竜は大垣藩兵を率いて奮戦し、長州藩を撃退した。

慶応元年(1865年)、重竜は、藩論を勤王に統一し、大垣藩を新政府に帰順させる。

慶応4年(1868年)、戊辰戦争が起こると、重竜は、大垣藩兵を率いて、新政府軍として奥羽越列藩同盟軍と戦う。戊辰戦争で、重竜は大垣藩兵を率いて奮戦し、奥羽越列藩同盟軍を撃破した。

明治元年(1868年)、重竜は、大垣藩知事に任命される。明治4年(1871年)、廃藩置県により、大垣藩は廃藩となり、重竜は、大垣藩知事を辞任する。

明治14年(1881年)1月15日、重竜は、東京府麹町区飯田町(現在の東京都千代田区飯田橋)の自宅で死去する。享年63。

重竜は、幕末から明治維新にかけての激動の時代に、大垣藩を治めた名君である。藩政改革に尽力し、文化政策を奨励し、戊辰戦争で活躍するなど、藩主として大きな功績を残した。

青木重竜の功績

青木重竜の功績

青木重竜の功績

青木重竜は、江戸時代後期の大名であり、旗本青木重賢の長男として江戸に生まれた。天保14年(1843年)に家督を継ぎ、明石藩主となる。重竜は、藩政改革に力を入れ、殖産興業を推進した。また、藩校「敬業館」を創設し、教育の振興にも努めた。

重竜は、幕末の動乱期にあって、佐幕派として活動した。慶応4年(1868年)、戊辰戦争が勃発すると、新政府軍に抵抗したが、敗れて降伏した。その後、謹慎処分を受けたが、明治2年に赦免され、明治4年に死去した。

重竜の功績は以下の通りである。

* 殖産興業を推進し、藩の財政を立て直した。
* 藩校「敬業館」を創設し、教育の振興に努めた。
* 佐幕派として活動し、幕府の崩壊を防ぐために尽力した。

重竜は、江戸時代後期の大名として、藩政改革や教育の振興に努め、幕末の動乱期にあっては、佐幕派として活動した。その功績は、今日でも高く評価されている。

青木重竜の死とその後

青木重竜の死とその後

-青木重竜の死とその後-

青木重竜は、1845年(弘化2年)に44歳で死去した。彼の死因は、心臓発作であったと伝えられている。重竜の死後、青木家は断絶となった。

重竜の死後、青木家の家督は、重竜の養子である青木重顕が継いだ。重顕は、重竜の弟である青木重善の次男であり、1828年(文政11年)に生まれた。重顕は、1845年(弘化2年)に重竜の養子となり、1850年(嘉永3年)に家督を継いだ。

重顕は、1868年(慶応4年)に戊辰戦争で幕府軍に加わった。戊辰戦争は、明治政府軍と幕府軍の間で起こった内戦である。重顕は、戊辰戦争で明治政府軍に敗れ、1869年(明治2年)に隠居した。

重顕の隠居後、青木家の家督は、重顕の養子である青木重業が継いだ。重業は、重顕の弟である青木重良の三男であり、1853年(嘉永6年)に生まれた。重業は、1869年(明治2年)に重顕の養子となり、1870年(明治3年)に家督を継いだ。

重業は、1884年(明治17年)に伯爵に叙せられた。重業は、1917年(大正6年)に75歳で死去した。重業の死後、青木家の家督は、重業の養子である青木重成が継いだ。重成は、重業の弟である青木重暠の長男であり、1884年(明治17年)に生まれた。重成は、1917年(大正6年)に重業の養子となり、1918年(大正7年)に家督を継いだ。

重成は、1945年(昭和20年)に死去した。重成の死後、青木家の家督は、重成の養子である青木重光が継いだ。重光は、重成の弟である青木重典の三男であり、1922年(大正11年)に生まれた。重光は、1945年(昭和20年)に重成の養子となり、1946年(昭和21年)に家督を継いだ。

重光は、1985年(昭和60年)に死去した。重光の死後、青木家の家督は、重光の養子である青木重明が継いだ。重明は、重光の弟である青木重治の長男であり、1949年(昭和24年)に生まれた。重明は、1985年(昭和60年)に重光の養子となり、1986年(昭和61年)に家督を継いだ。

重明は、現在も青木家の当主である。

タイトルとURLをコピーしました