大塚かね

大塚かね

明治-昭和時代前期の社会事業家

明治-昭和時代前期の社会事業家

-大見出し 大塚かね-

-小見出し 明治-昭和時代前期の社会事業家-

大塚かね(1855-1942)は、明治-昭和時代前期の社会事業家である。東京の孤児や貧困層の救済に尽力し、乳児院、病院、学校などの社会施設を設立し、運営した。また、世界的な社会事業家として、国際連盟の社会局委員や、国際救済委員会の委員長も務めた。

-生い立ちと初期の活動-

大塚かねは、1855年、東京に生まれた。父親は大塚徳次郎、母親は大塚さとである。かねは幼い頃から貧しい生活を送っており、12歳の時には父親を亡くし、母親と妹3人で暮らすようになった。かねは、家計を助けるために、裁縫や洗濯などの内職をしながら、勉強を続け、18歳で小学校を卒業した。

-社会事業活動の開始-

かねは、小学校卒業後、東京の貧民街で、貧困層の救済活動を開始した。かねは、貧しい子供たちのために、無料の託児所や塾を開設し、また、貧しい家庭を訪問して、食料や衣類を配給した。かねの活動は、すぐに評判を呼び、多くの人たちから支持されるようになった。

-乳児院の設立-

1887年、かねは、東京の貧民街に私立乳児院を開設した。この乳児院は、貧しい家庭の乳児を受け入れ、ミルクや栄養食を与えて、育てる施設である。乳児院は、すぐに多くの乳児を預かるようになり、かねは、乳児院の運営に奔走した。

-病院の設立-

1893年、かねは、東京の貧民街に私立病院を開設した。この病院は、貧しい人々が無料で診察を受けられる施設である。病院は、すぐに多くの患者を診ることになり、かねは、病院の運営に奔走した。

-学校の設立-

1898年、かねは、東京の貧民街に私立学校を開設した。この学校は、貧しい子供たちが無料で教育を受けられる施設である。学校は、すぐに多くの児童を迎え入れ、かねは、学校の運営に奔走した。

– международная деятельность-

かねは、日本の社会事業活動にとどまらず、国際的な社会事業活動にも取り組んだ。かねは、1919年に国際連盟の社会局委員に任命され、また、1921年には国際救済委員会の委員長に任命された。かねは、これらの組織で、貧困や飢餓の救済活動に尽力した。

-晩年-

かねは、1942年に87歳で死去した。かねの死後、かねの社会事業活動は、多くの人たちによって引き継がれ、今日でも、東京の貧困層の救済活動に貢献している。

伝道と医療の生涯

伝道と医療の生涯

大見出し「大塚かね」の下に作られた小見出しの「伝道と医療の生涯」

大塚かね(1863-1926)は、日本の女性伝道者、看護師である。彼女は、日本のキリスト教伝道と医療の発展に貢献したことで知られている。

大塚かねは、1863年に、福島県耶麻郡湯野町(現在の磐梯町)に生まれた。彼女は、幼い頃に両親を亡くし、祖父母に育てられた。1879年、16歳の時に、彼女はキリスト教に出会い、受洗した。1881年、彼女は、東京の女子神学校に入学した。同校卒業後は、伝道活動に励んだ。1889年、彼女は、アメリカ合衆国に渡り、看護師の訓練を受けた。1893年に帰国後、彼女は、東京の順天堂医院で看護師として働き始めた。

1895年、大塚かねは、北海道函館で、函館伝道女学校を創設した。同校は、北海道で最初の女子校であり、多くの女性をキリスト教に導いた。1898年には、彼女は、函館に、函館順天堂病院を創設した。同病院は、北海道で最初のキリスト教病院であり、多くの患者を救った。

大塚かねは、伝道と医療の生涯を貫き、1926年に、63歳で亡くなった。彼女は、日本のキリスト教伝道と医療の発展に大きな貢献をした人物である。

大塚かねの生涯は、多くの著書や映画で紹介されている。彼女の著書には、「大塚かね自伝」、「大塚かね書簡集」などがある。また、彼女の生涯を描いた映画には、「大塚かね物語」(1930年)、「大塚かね伝」(1953年)などがある。

女性宣教師ヤングマンの協力者

女性宣教師ヤングマンの協力者

-大見出し 大塚かね-

-小見出し 女性宣教師ヤングマンの協力者-

大塚かね (1852-1901) は、日本の女性宣教師であり、カナダ人宣教師アンナ・ヤングマンの協力者でした。彼女は、明治時代に日本にキリスト教を広めるために尽力し、多くの信者を導きました。

大塚かねは、1852年に熊本県に生まれました。1876年に、彼女は熊本にやってきたヤングマンと出会い、キリスト教を学びました。そして、1877年に洗礼を受け、キリスト教徒となりました。

大塚かねは、ヤングマンとともに、熊本や鹿児島で宣教活動を行い、多くの信者を導きました。彼女は、特に女性や子供たちへの伝道を重視しており、彼女が設立した日曜学校には、多くの子供たちが集まりました。

1888年、大塚かねは、ヤングマンとともに、東京に引っ越しました。そして、東京でも、積極的に宣教活動を行い、多くの信者を導きました。彼女は、また、日本基督伝道会社を設立し、日本のキリスト教の発展に貢献しました。

大塚かねは、1901年に、東京で亡くなりました。彼女は、生涯をかけて日本のキリスト教の発展に尽くした素晴らしい宣教師でした。

-大塚かねの功績-

大塚かねは、日本のキリスト教の発展に大きな貢献をしました。彼女の主な功績は以下の通りです。

* ヤングマンとともに、熊本や鹿児島で宣教活動を行い、多くの信者を導いた。
* 女性や子供たちへの伝道を重視し、彼女が設立した日曜学校には、多くの子供たちが集まった。
* 1888年、ヤングマンとともに、東京に引っ越した。
* 東京でも、積極的に宣教活動を行い、多くの信者を導いた。
* 1896年、日本基督伝道会社を設立し、日本のキリスト教の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました