– 「品騰」(⇒伝翁品騰(でんおう-ほんとう))について

– 「品騰」(⇒伝翁品騰(でんおう-ほんとう))について

品騰(ほんとう)とは?

品騰(ほんとう)とは?

品騰(ほんとう)とは?

品騰(ほんとう)とは、原価計算において、製品が完成するまでの間に発生した製造原価に一定の比率を加えて「原価を騰貴させる」ことであり、これにより製品の原価を算出する手法のことです。品騰率は、企業ごとに設定することができますが、一般的には10~20%程度とされています。

品騰を行う理由は、製品の原価を正確に把握するためです。製造原価は、原材料費、人件費、製造間接費などから構成されていますが、これらの費用は常に変動しています。そのため、品騰を行うことで、変動する原価を一定の比率で騰貴させ、製品の原価を正確に把握することができるのです。

品騰のメリットは、製品の原価を正確に把握できるだけでなく、経営判断にも役立てることができる点です。例えば、品騰率を高く設定することで、製品の原価を高くすることができ、これによって製品の販売価格を高めに設定することができます。また、品騰率を低く設定することで、製品の原価を安くすることができ、これによって製品の販売価格を低めに設定することができます。このように、品騰率を調整することで、経営判断を柔軟に行うことができるのです。

品騰のデメリットは、原価計算の煩雑化が挙げられます。品騰を行うためには、製品が完成するまでの間に発生した製造原価をすべて把握する必要があります。そのため、原価計算が煩雑化してしまいます。また、品騰率の設定も難しい問題です。品騰率を高く設定しすぎると、製品の原価が高くなりすぎてしまい、製品の販売価格が高くなってしまいます。逆に、品騰率を低く設定しすぎると、製品の原価が低くなりすぎてしまい、製品の販売価格が低くなってしまいます。そのため、品騰率の設定には注意が必要です。

伝翁品騰(でんおう-ほんとう)とは?

伝翁品騰(でんおう-ほんとう)とは?

伝翁品騰(でんおう-ほんとう)とは?

「伝翁品騰」とは、平安時代初期に活躍した、僧侶であり東寺長官であった伝翁が開いた、書道の一流派である。伝翁は、伝翁品騰を、延暦24年(805年)に制定したとされる。

伝翁品騰は、平安時代中期に、東寺長官であった惟喬親王が、伝翁品騰を、三蹟の一人である小野道風の書法に倣って、改良したとされる。惟喬親王は、伝翁品騰を、尊円流、三宝院流、醍醐流、聖護院流に分派した。

伝翁品騰は、平安時代後期に、東寺長官であった慈円が、伝翁品騰を、さらに改良したとされる。慈円は、伝翁品騰を、慈円流、法成寺流、慈恵流、大覚寺流に分派した。

伝翁品騰は、鎌倉時代以降、衰退したが、江戸時代に、東寺長官であった尊円が、伝翁品騰を、復興した。尊円は、伝翁品騰を、尊円流、三宝院流、醍醐流、聖護院流に分派した。

伝翁品騰は、現在でも、東寺長官が、伝翁品騰を、伝承している。伝翁品騰は、平安時代以来、日本の書道の主流を占めてきた書法であり、現在でも、多くの書道家が、伝翁品騰を、学んでいる。

品騰(ほんとう)の生涯

品騰(ほんとう)の生涯

品騰(ほんとう)の生涯

品騰は、1780年代に江戸で活躍した力士である。本名は藤田勘兵衛。身長180cm、体重115kg。

品騰は、元々は土佐藩の郷士の出身。1760年に江戸に出て、相撲取りとなった。最初は、二枚鑑札として相撲取りと力士を兼業していたが、1765年に力士に専念。

品騰は、1770年に大関に昇進し、1773年に横綱に昇進した。横綱としては、1782年まで在職した。

品騰は、横綱在職中に、数々の名勝負を繰り広げた。1775年には、大関の谷風と対戦し、勝利。この勝利により、品騰は「天下無双の大横綱」と呼ばれた。

品騰は、1782年に横綱を引退し、年寄となった。1785年に死去。

品騰は、相撲史上屈指の力士として知られている。その活躍は、現在でも語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました