「大塚敬業」

「大塚敬業」

生涯と略歴

生涯と略歴

-「大塚敬業」-

-生涯と略歴-

大塚敬業は、1868年に淡路島に生まれました。幼少期から頭脳明晰で、努力家として知られていました。1886年に東京帝国大学経済学部に入学し、1890年に卒業しました。卒業後は、大蔵省に入省し、主税局長や財務次官などを歴任しました。

1908年、大塚敬業は、大蔵大臣に就任しました。大蔵大臣としては、日露戦争後の財政再建に尽力し、金本位制の導入や日銀券の発行など、多くの改革を行いました。また、1911年に制定された所得税法の制定にも関わりました。

1913年、大塚敬業は、内閣総理大臣に就任しました。総理大臣としては、第一次世界大戦後の日本の経済復興に尽力し、シベリア出兵やヴェルサイユ条約の締結など、多くの重要な政策を決定しました。また、1918年に制定された労働組合法の制定にも関わりました。

1922年、大塚敬業は、総理大臣を辞任しました。その後は、貴族院議員や枢密顧問官などを歴任し、1940年に死去しました。

大塚敬業は、日本の経済発展に大きな貢献をした政治家であり、近代日本の父の一人とされています。

著作と業績

著作と業績

-# 著作と業績

大塚敬業は、日本の経済学者、社会学者。東京大学名誉教授。経済学博士。専門は、経済学、社会学、経営学。

1938年、東京生まれ。東京都立戸山高等学校、東京大学経済学部を卒業。1964年、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。

1965年、東京大学経済学部助手。1967年、東京大学経済学部助教授。1973年、東京大学経済学部教授。1976年、東京大学経済学部長。1982年、東京大学経済学部退官。

1983年、日本経済新聞社顧問。1986年、日本経済新聞社常務取締役。1988年、日本経済新聞社専務取締役。1990年、日本経済新聞社副社長。1992年、日本経済新聞社社長。1996年、日本経済新聞社相談役。

2000年、東京大学名誉教授。

主な著作に、『現代資本主義と社会主義』(1972年)、『経済学の現在と未来』(1978年)、『経営学の新しい展開』(1982年)、『日本の企業行動』(1986年)、『日本経済の構造と課題』(1990年)、『日本経済の再生』(1994年)、『日本経済の展望』(1998年)などがある。

大塚敬業の業績は、経済学、社会学、経営学の3つの分野にわたっている。経済学では、ケインズ経済学を批判し、新しい経済学の構築を目指した。社会学では、産業社会論を展開し、日本社会の特質を明らかにした。経営学では、企業行動論を展開し、日本企業の成功の要因を分析した。

大塚敬業は、日本の経済学、社会学、経営学の発展に大きな貢献をした。その業績は、国内外で高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました