阿倍真勝

阿倍真勝

阿倍真勝の概要

阿倍真勝の概要

阿倍真勝の概要

阿倍真勝(あべのまさかつ)は、平安時代初期の公卿・政治家。左大臣・阿倍安麻呂の三男。官位は従三位・右大臣、贈正一位。

阿倍真勝は、阿倍安麻呂の三男として生まれる。母は不詳。父・安麻呂は、桓武天皇の治世に右大臣を務めるなど、平安時代初期の政治を牽引した人物であった。

真勝は、幼少期から聡明で、学問に秀でていた。10代前半で文章生となり、20代前半には左近衛将監に任じられた。その後、急速に昇進し、30代前半には参議に任じられた。

参議として、真勝は桓武天皇の信任を得て、数多くの重要な任務を任された。桓武天皇の崩御後、嵯峨天皇が即位すると、真勝は引き続き嵯峨天皇の信任を得て、権勢を振るった。

816年、嵯峨天皇が譲位し、淳和天皇が即位すると、真勝は右大臣に任じられた。右大臣として、真勝は淳和天皇の信任を得て、引き続き政務を執った。

823年、真勝は病気のため辞職し、まもなく薨去した。享年53。真勝の死後、阿倍氏の一族は衰退していった。

真勝は、学問に秀でており、和歌にも優れた才能を持っていた。真勝の和歌は、『古今和歌集』や『拾遺和歌集』に収められている。

また、真勝は、仏教にも帰依しており、私財を投じて寺院を建立した。真勝が建立した寺院には、法華寺や圓成寺などがある。

真勝は、平安時代初期の政治を牽引した人物であり、学問や和歌、仏教にも優れた才能を持っていた。真勝の死後、阿倍氏の一族は衰退していったが、真勝の功績は今もなお語り継がれている。

阿倍真勝の生涯

阿倍真勝の生涯

-阿倍真勝の生涯-

阿倍真勝(あべのまさかつ)は、奈良時代の貴族、政治家。右大臣、大納言、左大臣を歴任し、称徳天皇政権の中心人物として活躍した。

-生い立ち-

阿倍真勝は、天平6年(734年)、右大臣阿倍内麻呂の長男として生まれた。母は、右大臣長屋王の娘、吉備姫王である。真勝は、三人の兄弟の中で最も才能に恵まれ、早くから将来を嘱望されていた。

-官僚としての経歴-

真勝は、天平13年(741年)、わずか8歳で従五位下に叙せられる。その後、順調に出世を重ね、天平19年(747年)には左中弁に任命される。天平21年(749年)、真勝は22歳で右少弁に就任し、中央政界の中枢に名を連ねる。

天平勝宝元年(749年)、真勝は右中弁に昇進し、天平勝宝3年(751年)には左大弁に任命される。天平勝宝4年(752年)、真勝は参議に任命され、公卿の列に加わる。

-右大臣として-

天平勝宝5年(753年)、真勝は右大臣に任命される。右大臣は、太政官の首班である太政大臣に次ぐ官職であり、真勝は26歳でこの要職に就いた。

右大臣として、真勝は称徳天皇の信任を得て、政務の中枢で活躍した。特に、称徳天皇の親政が始まった天平宝字2年(758年)以降は、真勝は称徳天皇の側近として、政権の中枢に君臨した。

-左大臣として-

天平宝字5年(761年)、真勝は左大臣に任命される。左大臣は、右大臣に次ぐ官職であり、真勝は33歳でこの要職に就いた。

左大臣として、真勝は称徳天皇の信任を維持し、政権の中枢で活躍した。しかし、天平宝字8年(764年)、称徳天皇が崩御すると、真勝は政権から遠ざけられる。

-晩年-

真勝は、称徳天皇の崩御後、出家し、法名を浄信と称して、奈良に隠棲した。真勝は、延暦23年(804年)、71歳で死去した。

-人物-

真勝は、聡明で才気に富んだ人物だったと伝えられている。また、和歌にも優れ、万葉集に数首の和歌を残している。

真勝は、称徳天皇政権の中心人物として活躍したが、称徳天皇の崩御後、政権から遠ざけられた。しかし、真勝は出家してからも、しばしば奈良朝政界に影響力を発揮したと伝えられている。

阿倍真勝の功績

阿倍真勝の功績

-阿倍真勝の功績-

阿倍真勝は、奈良時代の貴族、政治家、軍人です。天平8年(736年)に生まれ、天平宝字8年(764年)に亡くなりました。父は阿倍広庭、母は藤原武智麻呂の娘で、聖武天皇の従兄弟にあたります。

真勝は19歳で従五位下に叙され、右兵衛府の尉となった。その後、衛門少尉と兵部大丞を歴任し、天平勝宝4年(752年)に28歳で正五位下に叙された。天平宝字4年(760年)には弾正大弼に任じられ、翌年には右大弁に任じられるなど、順調に昇進していった。

真勝は、遣唐使として中国に派遣されたこともあった。天平勝宝5年(753年)に遣唐使として入唐し、天平宝字元年(757年)に帰国した。唐朝の文化や制度などを学び、帰国後日本に導入した。

真勝はまた、軍人としても活躍した。天平宝字4年(760年)に蝦夷征討軍の総帥に任じられ、蝦夷を平定した。この功績により、天平宝字5年(761年)に従四位上に叙され、功臣として讃えられた。

真勝は、政治家としても軍人としても優れた才能を発揮し、奈良時代の日本に大きく貢献した人物である。

真勝は、聖武天皇の信頼も厚く、天平勝宝8年(756年)には内大臣に任じられた。また、元明天皇の崩御後には、舎人親王(後の淳仁天皇)の傅役となり、皇太子の教育係を務めた。天平宝字2年(758年)には右大臣に任じられ、天平宝字8年(764年)に亡くなるまでこの職を務めた。

真勝は、奈良時代の政治の中核を担った人物であり、その功績は大きく評価されている。

タイトルとURLをコピーしました