「阿倍御主人」

「阿倍御主人」

阿倍御主人の生涯

阿倍御主人の生涯

-阿倍御主人の生涯-

阿倍御主人は、平安時代前期の貴族・軍人。官位は従二位・左近衛大将。阿倍仲麻呂の子。

阿倍御主人は、宝亀11年(780年)に阿倍仲麻呂の子として生まれた。桓武天皇の寵妃である藤原薬子の兄であり、薬子の計らいで天長10年(833年)に正五位上・左少弁に叙任されて公卿に列し、淳和天皇の治世では侍従・左近衛少将を歴任した。

天長10年(833年)に仁明天皇が即位すると、御主人は従四位下・左近衛中将に叙任され、承和元年(834年)には従四位上に昇叙された。承和6年(839年)には参議に任命され、承和9年(842年)には正四位下に昇叙された。

嘉祥3年(850年)には従三位に昇叙され、嘉祥4年(851年)には左大弁に任命された。この頃、御主人は藤原良房と対立したが、良房の娘である藤原明子と文徳天皇との間に皇子(後の清和天皇)が生まれたことで和解した。

嘉祥4年(851年)10月には大納言に任命され、翌嘉祥5年(852年)1月には右近衛大将を兼任した。また、仁寿3年(853年)には正三位に昇叙された。この頃、御主人は藤原良房と協力して文徳天皇の弟である惟喬親王を皇太子とした。

天安2年(858年)には左近衛大将に任命され、貞観5年(863年)には従二位に昇叙された。貞観8年(866年)には清和天皇が即位し、御主人は左大臣に任命された。

貞観11年(869年)に御主人は病のため薨去した。享年90。

御主人は、桓武天皇の寵妃である藤原薬子の兄であり、文徳天皇の皇后である藤原明子の叔父であり、清和天皇の祖父である。また、御主人は文徳天皇と清和天皇の皇太子時代の傅を務め、両天皇の治世で重きをなした。

阿倍氏の氏上

阿倍氏の氏上

-「阿倍御主人」の下に作られた小見出しの「阿倍氏の氏上」-

阿倍氏の氏上とは、阿倍氏の祖先神とされる神々のことである。阿倍氏の氏上は、阿倍氏の出自や歴史を紐解く上で重要な手がかりとなっている。

阿倍氏の氏上として最も知られているのは、彦坐王である。彦坐王は、第11代垂仁天皇の皇子であり、阿倍氏の祖先とされる。彦坐王は、阿倍野に祀られていた阿倍氏の氏神である阿倍御主人神社の祭神とされている。

彦坐王以外にも、阿倍氏の氏上として、阿倍大兄皇子、阿倍倉梯麻呂、阿倍安倍など、数多くの神々が祀られている。これらの神々は、阿倍氏の出自や歴史にゆかりのある神々であり、阿倍氏の氏神として崇められている。

阿倍氏の氏上は、阿倍氏の歴史や文化を理解する上で重要な手がかりとなっている。阿倍氏の氏上を祀る神社は、阿倍氏の氏族や歴史を伝える貴重な史跡となっている。

-阿倍氏の氏上の主な神々-

* 彦坐王
* 阿倍大兄皇子
* 阿倍倉梯麻呂
* 阿倍安倍
* 阿倍御主人

右大臣への就任

右大臣への就任

– 大見出し 阿倍御主人

-# 小見出し 右大臣への就任

阿倍御主人は、平安時代初期の貴族。参議・右大臣・大宰権師・左大臣・太政大臣を歴任し、従一位に叙せられた。

阿倍御主人は、天平4年(732)に生まれた。父は参議・右大臣を務めた阿倍安麻呂である。阿部氏は、物部氏の流れをくむ古代豪族で、阿倍御主人はその嫡流であった。

阿倍御主人は、延暦元年(782)に参議に任じられた。その後、右大臣・大宰権師・左大臣を歴任し、桓武天皇の死後には太政大臣に就任した。阿倍御主人は、桓武天皇の信任が厚く、右大臣・左大臣の在任期間は合わせて10年以上に及んだ。

阿倍御主人は、政治家として優れた手腕を発揮した。桓武天皇の死後、皇太子・安殿親王(のちの平城天皇)と皇太弟・神野親王(のちの嵯峨天皇)の間で皇位継承争いが勃発したが、阿倍御主人は安殿親王を支持し、その即位を実現させた。また、阿倍御主人は、蝦夷征討や造都などにも功績を挙げた。

阿倍御主人は、承和9年(842)に薨去した。享年111歳。

阿倍御主人は、平安時代初期を代表する政治家の一人である。その業績は、後世の貴族社会に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました