「阿倍虫麻呂」

「阿倍虫麻呂」

阿倍虫麻呂の生い立ちとその家族

阿倍虫麻呂の生い立ちとその家族

-阿倍虫麻呂の生い立ちとその家族-

阿倍虫麻呂(あべのむしまろ)は、奈良時代の貴族で、桓武天皇の時代に遣唐使として唐に渡り、約20年間滞在した。唐では、科挙に合格して官僚として仕え、唐の文化や制度を日本に伝える役割を果たした。

阿倍虫麻呂は、745年に越前国(現在の福井県)で生まれた。父は阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)、母は藤原吉縄(ふじわらのよしつな)の娘である。父は桓武天皇の叔父で、官僚として活躍した。母は藤原氏の出身で、桓武天皇の后の一人である藤原乙牟呂(ふじわらのおとむろ)の姉である。

阿倍虫麻呂は、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。10代の頃には、大学寮(だいがくりょう)で儒学を学び、優秀な成績を収めた。その後、官僚として働き始め、777年に遣唐使の一員として唐に渡った。

阿倍虫麻呂は、唐で科挙に合格し、官僚として仕えた。唐では、玄宗皇帝から重んじられ、翰林院(かんりんいん)の学士や礼部侍郎(れいぶじじょう)などを歴任した。阿倍虫麻呂は、唐の文化や制度を日本に伝える役割を果たし、日本の文化の発展に貢献した。

阿倍虫麻呂は、約20年間唐に滞在した後、804年に日本に帰国した。帰国後、桓武天皇から重んじられ、参議や大宰権帥(だざいのごんのそち)などを歴任した。阿倍虫麻呂は、806年に死去した。

阿倍虫麻呂の経歴と活躍

阿倍虫麻呂の経歴と活躍

-阿倍虫麻呂の経歴と活躍-

阿倍虫麻呂は、奈良時代の貴族、歌人であり、遣唐使として唐に渡った人物です。

-生い立ち-

阿倍虫麻呂は、665年に出生したとされています。父の阿倍御主人(あべのみうしお)は、天智天皇の孫で、中納言や右大臣を歴任しました。母の河辺伊須気阿波刀自(かはべのいすかいあわとのじひめ)は、河辺臣麻呂の長女でした。

-遣唐使として-

阿倍虫麻呂は、717年に遣唐使副使として、唐に渡りました。正使は、大伴旅人とされています。阿倍虫麻呂らは、724年に帰国するまで、唐に滞在しました。

-唐での活躍-

阿倍虫麻呂は、唐に滞在中に、科挙に合格し、進士に進みました。また、玄宗皇帝から、正五位上・光禄大夫・左散騎常侍の官位を授与されました。

-帰国後-

阿倍虫麻呂は、帰国後、右京大夫、大宰大弐などを歴任しました。また、730年には、遣唐大使に任命されましたが、唐に渡る前に病没しました。

-歌人として-

阿倍虫麻呂は、歌人としても知られており、『万葉集』に多くの歌が残されています。その歌には、唐への憧れや、故郷を思う気持ちが詠まれています。

-阿倍虫麻呂の功績-

阿倍虫麻呂は、遣唐使として唐に渡り、科挙に合格し、進士に進みました。また、玄宗皇帝から、正五位上・光禄大夫・左散騎常侍の官位を授与されました。これらは、阿倍虫麻呂の才能と努力の賜物であり、その功績は高く評価されています。

阿倍虫麻呂と大伴坂上郎女の贈答歌

阿倍虫麻呂と大伴坂上郎女の贈答歌

阿倍虫麻呂と大伴坂上郎女の贈答歌

阿倍虫麻呂は、奈良時代の貴族、歌人、官僚。刑部卿(ぎょうぶきょう)に任じられたことから「刑部卿虫麻呂」と呼ばれる。また、遣唐使として唐に留学し、唐の玄宗皇帝に仕えたことから「唐人虫麻呂」とも呼ばれる。

大伴坂上郎女は、奈良時代の歌人。聖武天皇の皇太子であった軽皇子(のちの文武天皇)の妃。持統天皇、文武天皇、聖武天皇の三天皇に仕えた。

阿倍虫麻呂と大伴坂上郎女は、文武天皇の時代の遣唐使として唐に渡った際に知り合ったとされている。二人は、お互いに贈答歌を交わし、互いに恋心を抱いたと伝えられている。

阿倍虫麻呂が唐から帰国した後、二人は結婚した。しかし、阿倍虫麻呂は、まもなく病死してしまった。大伴坂上郎女は、阿倍虫麻呂の死を悼み、多くの歌を詠んだ。

阿倍虫麻呂と大伴坂上郎女の贈答歌は、日本の和歌史上、最も有名な恋愛歌の一つである。二人が交わした歌は、お互いの愛情や悲しみを切々と歌い上げており、後世の人々にも感動を与え続けている。

阿倍虫麻呂と大伴坂上郎女の贈答歌の一例を紹介する。

阿倍虫麻呂の歌

「わが恋は 水底の石の 苔よりも 深く青みどり 思えども尽きず」

この歌は、阿倍虫麻呂が大伴坂上郎女への愛を、水底の石の苔よりも深く青みどりであると比喩して詠んだ歌である。阿倍虫麻呂の愛情の深さが伝わってくる歌である。

大伴坂上郎女の歌

「君が行く 跡に立てるや 足摺の 深くも踏みに まがね知らねば」

この歌は、大伴坂上郎女が阿倍虫麻呂が唐に旅立つ際に詠んだ歌である。大伴坂上郎女は、阿倍虫麻呂の足跡をたどって、自分も同じように唐に旅立ちたいという気持ちを詠んだ歌である。大伴坂上郎女の阿倍虫麻呂への愛情が伝わってくる歌である。

阿倍虫麻呂と大伴坂上郎女の贈答歌は、日本の和歌史上、最も有名な恋愛歌の一つである。二人が交わした歌は、お互いの愛情や悲しみを切々と歌い上げており、後世の人々にも感動を与え続けている。

タイトルとURLをコピーしました