阿倍家麻呂

阿倍家麻呂

伊治呰麻呂の乱と出羽鎮狄将軍

伊治呰麻呂の乱と出羽鎮狄将軍

– 阿倍家麻呂

-# 伊治呰麻呂の乱と出羽鎮狄将軍

阿倍家麻呂は、奈良時代の貴族・官僚・軍人。阿倍宿奈麻呂の子。官位は正四位下・参議。

762年(天平宝字6年)に伊治呰麻呂の乱が起こると、出羽鎮狄将軍として、乱の鎮圧に赴いた。乱は764年(天平神護元年)に鎮圧され、家麻呂は凱旋した。

伊治呰麻呂の乱は、東北地方の蝦夷が、中央政府の支配に反発して起こした反乱である。乱は762年(天平宝字6年)に始まり、764年(天平神護元年)に鎮圧された。

乱の鎮圧には、朝廷が大規模な軍隊を派遣した。軍隊は、陸奥国と出羽国の2方面から蝦夷を攻撃した。陸奥国の軍隊は、坂上田村麻呂が率い、出羽国の軍隊は、阿倍家麻呂が率いた。

阿倍家麻呂は、出羽国の軍隊を率いて、蝦夷の根拠地である多賀城を攻撃した。多賀城は762年(天平宝字6年)に蝦夷が占拠しており、蝦夷の拠点となっていた。

阿倍家麻呂は、多賀城を攻撃し、蝦夷を撃破した。蝦夷は敗北し、多賀城から撤退した。阿倍家麻呂は、多賀城を占領し、蝦夷の乱を鎮圧した。

蝦夷の乱が鎮圧されると、朝廷は阿倍家麻呂を「出羽鎮狄将軍」に任命した。出羽鎮狄将軍は、出羽国の軍隊を指揮する官職である。阿倍家麻呂は、出羽鎮狄将軍として、出羽国の蝦夷を監視した。

阿倍家麻呂は、770年(宝亀元年)に死去した。死後、従三位を追贈された。

秋田城廃止と民衆の動揺

秋田城廃止と民衆の動揺

-阿倍家麻呂-

-秋田城廃止と民衆の動揺-

秋田城は、平安時代初期に蝦夷(現在の東北地方)を支配するために築かれた城である。秋田城は、733年に阿倍家麻呂によって築かれ、802年に廃止された。秋田城の廃止は、蝦夷の反乱が鎮圧されたことによるものである。しかし、秋田城の廃止は、蝦夷の民衆に大きな動揺を与えた。

秋田城の廃止により、蝦夷の民衆は、これまで蝦夷を支配していた阿倍家麻呂の支配から離れることになった。蝦夷の民衆は、阿倍家麻呂の支配に不満を抱いており、阿倍家麻呂の支配から離れることを喜んだ。しかし、秋田城の廃止により、蝦夷の民衆は、新たな支配者の下に置かれることになった。虾夷の民衆は、新たな支配者の下に置かれることを恐れた。

秋田城の廃止は、蝦夷の民衆の生活にも大きな影響を与えた。秋田城は、蝦夷の民衆にとって、政治の中心地であり、経済の中心地であった。秋田城の廃止により、蝦夷の民衆は、政治の中心から離れ、経済の中心から離れることになった。蝦夷の民衆は、政治の中心から離れることを憂い、経済の中心から離れることを憂いた。

秋田城の廃止は、蝦夷の民衆に大きな動揺を与えた。虾夷の民衆は、阿倍家麻呂の支配から離れることを喜んだが、新たな支配者の下に置かれることを恐れた。蝦夷の民衆は、秋田城の廃止により、政治の中心から離れ、経済の中心から離れることを憂いた。蝦夷の民衆は、秋田城の廃止により、生活が苦しくなることを恐れた。

鎮狄使の派遣と秋田城介の設置

鎮狄使の派遣と秋田城介の設置

-鎮狄使の派遣と秋田城介の設置-

鎮狄使とは、蝦夷征伐を目的として朝廷から派遣された軍事指揮官のことです。阿倍家麻呂は、天平宝字元年(757年)に鎮狄使に任命され、蝦夷征伐の指揮を執りました。家麻呂は、陸奥国に軍勢を集結させ、蝦夷の拠点である胆沢城を攻撃しました。蝦夷は激しく抵抗しましたが、家麻呂の軍勢は胆沢城を陥落させ、蝦夷の首領である阿倍仲麻呂を捕らえました。

蝦夷征伐の成功を受けて、朝廷は翌天平宝字2年(758年)に秋田城を築城し、秋田城介を設置しました。秋田城は、蝦夷を監視し、蝦夷の反乱に備えるための拠点として機能しました。秋田城介は、秋田城の守備を指揮し、蝦夷との交渉にあたりました。

秋田城の築城と秋田城介の設置により、蝦夷の反乱は鎮圧され、東北地方は朝廷の支配下に置かれました。蝦夷征伐は、阿倍家麻呂の功績によるところが大きく、家麻呂は蝦夷征伐の英雄として称えられました。

-秋田城の構造-

秋田城は、東西約1.2キロメートル、南北約1.3キロメートルの規模を有する日本の古代城柵の跡です。城は、東西南北をそれぞれ1.2キロメートルほどの直線で結ぶ方形の土塁で囲まれており、その内側には、大、中、小の三つの郭が設けられています。大郭は、城の南東部に位置し、中に政庁や兵舎などが建っています。中郭は、大郭の北西に位置し、倉庫や工房などが建っています。小郭は、城の北東部に位置し、兵舎や馬小屋などが建っています。

秋田城は、蝦夷の反乱に備えて築城されたため、城の周囲には深い堀が掘られています。また、城の四隅には、物見櫓が建てられています。物見櫓は、蝦夷の動向を監視するために使用されました。

秋田城は、日本の古代城柵の中でも、特に保存状態が良い城として知られています。城跡からは、土器や瓦、金属器などの遺物が多数出土しており、当時の生活の様子をうかがうことができます。

-秋田城の意義-

秋田城は、蝦夷征伐の拠点として築城された城柵であり、東北地方の平定に重要な役割を果たしました。また、秋田城は、東北地方と蝦夷地を結ぶ拠点としても機能しており、蝦夷との交易や文化交流が行われていました。

秋田城は、日本の古代城柵の中でも、特に保存状態が良い城として知られており、当時の生活の様子をうかがうことができます。秋田城跡は、国の特別史跡に指定されており、多くの観光客が訪れています。

タイトルとURLをコピーしました