大塚成賢 – 幕末の武士

大塚成賢 – 幕末の武士

大塚成賢の生涯

大塚成賢の生涯

-大塚成賢の生涯-

大塚成賢は、江戸時代末期の武士、政治家。筑前福岡藩士。名は勝賢、初名は政彦。通称は四郎助。号は国光。諱は成賢。

1812年(文化9年)、筑前福岡藩士・大塚政義の次男として生まれる。1830年(天保元年)、藩校・修猷館に入学し、1838年(天保9年)に卒業。

1841年(天保12年)、藩主・黒田斉溥に従って江戸に上り、幕府の老中・水野忠邦に拝謁する。1843年(天保14年)、藩主に従って日光東照宮に参拝する。

1847年(弘化4年)、藩主の命で京都に上り、勤皇派の公卿や志士と交流する。1848年(嘉永元年)、藩主に従って江戸に上り、幕府の老中・阿部正弘に拝謁する。

1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、藩主の命で江戸に上り、幕府の老中・堀田正睦に拝謁する。1854年(安政元年)、藩主に従って京都に上り、朝廷に攘夷を建白する。

1858年(安政5年)、藩主に従って江戸に上り、幕府の老中・井伊直弼に拝謁する。同年、藩主の命で京都に上り、朝廷に攘夷を建白する。

1859年(安政6年)、藩主に従って江戸に上り、幕府の老中・安藤信正に拝謁する。同年、藩主の命で京都に上り、朝廷に攘夷を建白する。

1860年(万延元年)、藩主に従って江戸に上り、幕府の老中・久世広周に拝謁する。同年、藩主の命で京都に上り、朝廷に攘夷を建白する。

1861年(文久元年)、藩主に従って江戸に上り、幕府の老中・松平乗全に拝謁する。同年、藩主の命で京都に上り、朝廷に攘夷を建白する。

1863年(文久3年)、藩主に従って江戸に上り、幕府の老中・板倉勝静に拝謁する。同年、藩主の命で京都に上り、朝廷に攘夷を建白する。

1864年(元治元年)、禁門の変が勃発すると、藩主に従って京都に上り、朝廷軍に加わる。同年、長州藩が京都を攻撃すると、藩主に従って長州藩を討伐する。

1865年(慶応元年)、第二次長州征伐が勃発すると、藩主に従って長州藩を討伐する。同年、薩摩藩と長州藩が同盟を結ぶと、藩主に従って薩長同盟を阻止する。

1866年(慶応2年)、大政奉還が行われると、藩主に従って江戸に上り、幕府の老中・徳川慶喜に拝謁する。同年、王政復古が行われると、藩主に従って京都に上り、新政府に加わる。

1868年(明治元年)、明治維新が成ると、藩主に従って東京に移り住む。1871年(明治4年)、廃藩置県が行われると、福岡県参事となる。

1874年(明治7年)、福岡県参事を辞任し、東京に移り住む。1883年(明治16年)、死去。享年72。

戊辰戦争での活躍

戊辰戦争での活躍

戊辰戦争での活躍

大塚成賢は戊辰戦争で活躍し、幕府軍の勝利に貢献した。戊辰戦争は、1868年(慶応4年)に勃発した、幕府軍と新政府軍との間の内戦である。大塚成賢は、幕府軍の旗本として参戦し、各地を転戦した。

大塚成賢は、戊辰戦争の序盤、鳥羽伏見の戦いに参加し、新政府軍を撃破するのに貢献した。その後、大塚成賢は、東北地方に転戦し、会津戦争に参加した。会津戦争は、幕府軍と新政府軍が、会津藩を巡って戦った戦争である。大塚成賢は、会津藩の支城である二本松城を攻め落とし、新政府軍を撃退した。

戊辰戦争の終盤、大塚成賢は、箱館戦争に参加した。箱館戦争は、幕府軍と新政府軍が、箱館を巡って戦った戦争である。大塚成賢は、箱館奉行の榎本武揚に協力して、新政府軍を相手に戦った。しかし、大塚成賢は、榎本武揚が降伏した後に、新政府軍に投降した。

大塚成賢は、戊辰戦争で活躍し、幕府軍の勝利に貢献した。しかし、幕府軍は新政府軍に敗れ、大塚成賢は新政府軍に投降した。

維新後の功績

維新後の功績

– 維新後の功績

大塚成賢は、戊辰戦争後、新政府に出仕し、民政局長官、大蔵大輔、工部大輔を歴任しました。また、1871年には、岩倉使節団の一員として欧米を視察しました。

大塚成賢は、新政府の中で、近代化政策を推進した一人でした。彼は、郵便制度の整備、道路の開削、鉄道の建設などに尽力しました。また、洋式教育の導入にも力を入れ、1872年には、東京に外国語学校(後の東京外国語大学)を創設しました。

大塚成賢は、1873年に工部卿に任命されました。工部卿として、彼は、全国の鉱山や工場の調査を行い、近代的な産業の発展を図りました。また、富岡製糸場の建設にも尽力しました。

大塚成賢は、1878年に内務卿に任命されました。内務卿として、彼は、地方自治制度の整備や警察制度の改革を行いました。また、学制の改革にも着手し、義務教育の導入を図りました。

大塚成賢は、1880年に死去しました。享年48歳でした。大塚成賢は、幕末の動乱期に活躍した武士であり、維新後の近代化政策を推進した政治家でした。

大塚成賢の維新後の功績は、次の通りです。

* 民政局長官、大蔵大輔、工部大輔を歴任
* 岩倉使節団の一員として欧米を視察
* 近代化政策を推進
* 郵便制度の整備、道路の開削、鉄道の建設に尽力
* 洋式教育の導入に尽力、東京外国語学校(後の東京外国語大学)を創設
* 工部卿に任命され、全国の鉱山や工場の調査を行い、近代的な産業の発展を図る
* 富岡製糸場の建設に尽力
* 内務卿に任命され、地方自治制度の整備や警察制度の改革を行う
* 学制の改革に着手し、義務教育の導入を図る

タイトルとURLをコピーしました