– 安倍頼時

– 安倍頼時

平安時代中期の豪族

平安時代中期の豪族

平安時代中期の豪族 – 安倍頼時

1. 概要
安倍頼時(あべのよりとき)は、平安時代中期の豪族。奥州藤原氏の祖であり、清原氏と並び奥州の二大豪族として君臨した。

2. 生涯
安倍頼時は、921年(延長9年)に生まれる。出自については諸説あるが、安倍氏の一族である安倍貞任の長男とされる。父である貞任は、桓武天皇の孫である葛原親王の子孫で、陸奥国に下向して安倍氏を名乗った。

頼時は、幼い頃から武芸に秀でており、15歳の時に奥州鎮守府将軍に任命される。その後、奥州の豪族たちを従え、平将門の乱を平定するなど、朝廷に重んじられた。

940年(天慶3年)に、藤原純友の乱が勃発すると、頼時は朝廷の命を受けて軍勢を率いて九州に赴き、平定に貢献した。この功績により、頼時は従五位下に叙せられ、陸奥守に任命された。

963年(康保4年)に、頼時は朝廷の命を受けて、蝦夷を討伐する。この蝦夷征伐は、7年間にわたって行われ、頼時は蝦夷を降伏させた。この功績により、頼時は正五位上に叙せられ、陸奥権守に任命された。

970年(天延2年)に、頼時は横死する。享年50。頼時の死後、安倍氏は衰退し、奥州の覇権は清原氏が握ることとなった。

3. 人物・エピソード
安倍頼時は、武勇に優れた豪族として知られている。また、聡明で知略に長けた人物でもあった。頼時は、奥州の豪族たちを従えて朝廷に重んじられ、蝦夷征伐など数々の功績を挙げた。

頼時については、次のようなエピソードが残されている。

・935年(承平5年)、頼時は藤原秀郷と共に平将門の乱を平定した。この時、頼時は将門の首を斬り落とし、朝廷に献上した。

・940年(天慶3年)、藤原純友の乱が勃発すると、頼時は朝廷の命を受けて軍勢を率いて九州に赴き、平定に貢献した。この功績により、頼時は従五位下に叙せられ、陸奥守に任命された。

・963年(康保4年)に、頼時は朝廷の命を受けて、蝦夷を討伐する。この蝦夷征伐は、7年間にわたって行われ、頼時は蝦夷を降伏させた。この功績により、頼時は正五位上に叙せられ、陸奥権守に任命された。

4. 評価
安倍頼時は、平安時代中期の豪族として、数々の功績を挙げた。頼時の武勇と智謀は、朝廷に重んじられ、奥州の豪族たちを従えて奥州の覇権を握った。頼時の死後、安倍氏は衰退したが、頼時の功績は今も語り継がれている。

陸奥(むつ)の俘囚の長

陸奥(むつ)の俘囚の長

-陸奥(むつ)の俘囚の長-

安倍頼時は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての武将、豪族。奥州藤原氏の分家である安倍氏の出身。陸奥(むつ)の俘囚(ふしゅう)の長として、源頼朝による奥州征伐と戦い、戦死した。

-生い立ち-

安倍頼時は、安倍貞任の孫、安倍宗任の子として、陸奥(むつ)国の安倍氏の本拠地である衣川館(ころもがわやかた)で生まれた。安倍氏は、陸奥(むつ)の俘囚(ふしゅう)の長として、朝廷に服属していたが、頼時の父である安倍宗任は、源義家に反乱を起こして戦死したため、頼時は幼い頃から苦労した。

-奥州藤原氏の台頭-

源義家が奥州を平定した後は、奥州藤原氏が陸奥(むつ)の支配権を握った。奥州藤原氏は、安倍氏と敵対関係にあったため、頼時は奥州藤原氏から弾圧を受け、衣川館を捨てて逃亡した。

-源頼朝の挙兵-

源頼朝が挙兵すると、頼時はこれに応じて鎌倉に参じた。頼朝は、頼時の力を評価して重用し、奥州征伐の軍勢に加えた。

-奥州征伐-

1189年、源頼朝は奥州征伐を開始した。頼時は、源頼朝の軍勢に加わり、奥州藤原氏の本拠地である平泉(ひらいずみ)を攻撃した。平泉は、奥州藤原氏の総帥である藤原泰衡によって守られており、頼時たちは激戦を繰り広げた。

-戦死-

1189年10月23日、頼時は平泉の戦いで戦死した。享年36歳であった。頼時の死は、源頼朝に大きな衝撃を与え、奥州征伐の決意を固めた。

-評価-

安倍頼時は、陸奥(むつ)の俘囚(ふしゅう)の長として、朝廷に服属しながらも、奥州藤原氏や源頼朝と戦い、戦死した悲劇の武将である。頼時の死は、源頼朝に大きな衝撃を与え、奥州征伐の決意を固めた。

源頼義との戦い(前九年の役)

源頼義との戦い(前九年の役)

– 安倍頼時
-# 源頼義との戦い(前九年の役)

安倍頼時は、平安時代前期の武将。安倍氏の一族で、安倍貞任の弟。陸奥国胆沢郡に拠って、俘囚の頭目として、東国の治安維持に努めた。

1051年(永承6年)、源頼義が陸奥守に任命され、奥州に下向。頼義は、安倍氏を討伐するため、軍勢を率いて胆沢郡に侵攻してきた。

頼時は、胆沢城に籠城し、頼義軍と戦った。しかし、頼義軍は、圧倒的な兵力と武力で、ついに胆沢城を陥落させた。頼時は、城を脱出して、北方に逃亡した。

頼義は、逃亡した頼時を追撃し、1062年(康平5年)、ついに、比叡山に頼時を降伏させた。頼時は、京に送られ、処刑された。

前九年の役は、安倍氏と源氏の間で争われた、奥州の覇権を争う戦いであった。この戦いで、源氏が勝利し、奥州の支配権を握ることとなった。

タイトルとURLをコピーしました