亀年禅愉 – 戦国時代の僧侶

亀年禅愉 – 戦国時代の僧侶

臨済宗の僧侶

臨済宗の僧侶

「臨済宗の僧侶」

亀年禅愉は、臨済宗の僧侶でした。臨済宗とは、南宗禅の一つで、唐の臨済義玄によって開かれた宗派です。臨済宗は、曹洞宗とともに日本に禅宗を伝えた二大宗派の一つです。

亀年禅愉は、臨済宗の僧侶として、多くの弟子を育てました。また、亀年禅愉は、戦国時代の動乱期にあって、人々の心を救うために多くの活動を行いました。亀年禅愉は、戦国時代の民衆に大きな影響を与えた僧侶でした。

亀年禅愉は、天文19年(1550年)に、近江国(現在の滋賀県)に生まれました。亀年禅愉は、幼い頃から仏教に興味を持ち、15歳のときに、出家して臨済宗の僧侶となりました。亀年禅愉は、京都の相国寺で修行し、後に、越前国の永平寺に移りました。

永平寺で修行した亀年禅愉は、その後、越前国の曹洞宗の寺院である永平寺に招かれて、住職となりました。亀年禅愉は、永平寺住職として、曹洞宗の復興に努めました。

亀年禅愉は、永禄12年(1569年)に、越前国の戦国大名である朝倉義景の招きを受けて、朝倉氏の菩提寺である長興寺に住職となりました。亀年禅愉は、長興寺住職として、朝倉氏の家臣や領民に仏教を説きました。

元亀元年(1570年)、朝倉義景が織田信長に敗れて自害すると、亀年禅愉は、長興寺を退いて、京都に戻りました。亀年禅愉は、京都で、多くの弟子を育てるとともに、人々の心を救うために多くの活動を行いました。

亀年禅愉は、天正19年(1591年)に、京都で入寂しました。亀年禅愉は、戦国時代の民衆に大きな影響を与えた僧侶でした。

妙心寺の住持

妙心寺の住持

-# -亀年禅愉 – 戦国時代の僧侶-

-# -妙心寺の住持-

亀年禅愉(きねんぜんゆ)は、戦国時代に活躍した禅僧です。1499年に河内国丹南郡(現在の大阪府柏原市)に生まれ、諱は諱は永禅。号は亀年で、別号に白雲隠士。臨済宗妙心寺派の僧侶で、妙心寺の第63世住持を務めました。

亀年禅愉は、幼い頃から仏教に親しみ、14歳で出家して妙心寺に入門しました。その後、各地の禅寺を歴任し、1543年に妙心寺の住持に就任しました。亀年禅愉は、住持就任後すぐに、荒廃していた妙心寺の復興に取り組みました。寺を修繕し、仏像や経典を整備するとともに、多くの弟子を集めて禅の教えを説きました。亀年禅愉の尽力により、妙心寺は戦国時代の動乱を乗り越えて、隆盛を極めることになりました。

亀年禅愉は、禅の教えだけでなく、儒学や和歌にも通じており、多くの著書を残しました。その中でも、特に有名なのが『亀年禅愉集』です。『亀年禅愉集』は、亀年禅愉の禅の教えや、和歌、漢詩などを集めたもので、戦国時代の禅僧の思想や生活を知る上で貴重な資料となっています。

亀年禅愉は、1569年に死去しました。享年71。亀年禅愉の死後、妙心寺は弟子たちが受け継ぎ、今日まで続く名刹として栄えています。

後奈良天皇の帰依を受ける

後奈良天皇の帰依を受ける

-後奈良天皇の帰依を受ける-

足利義晴が追放され、室町幕府が衰退した戦国時代、亀年禅愉は、後奈良天皇の帰依を受ける。このことは、亀年禅愉の人望や学識が広く認められていたことを示す。

後奈良天皇は、亀年禅愉の講義を聞き、仏教の奥義を学ぶ。また、亀年禅愉は、後奈良天皇の相談に乗り、政治的なアドバイスも行う。亀年禅愉は、後奈良天皇の信任が厚く、宮廷でも大きな影響力を持つ。

後奈良天皇は、亀年禅愉の功績を称え、彼に「法印」の位を授与した。法印は、僧侶に与えられる位で、亀年禅愉の学識と徳性を認めた証である。

亀年禅愉は、後奈良天皇の帰依を受けただけでなく、他の公家や武将からも敬慕された。亀年禅愉は、戦国時代の動乱期にあって、仏教の教えを説き、人々に安らぎを与えた。その功績は、後世まで語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました