「江口正直」(?-1681)

「江口正直」(?-1681)

江口正直とは

江口正直とは

-江口正直とは-

江口正直は、江戸時代初期に活躍した旗本であり、大名としての知行を得ることもなかった家臣の身分ながらも、徳川家康に仕えて数々の武功を挙げ、譜代大名に匹敵する格式と俸禄を得たことで知られています。

江口正直は、美濃国山県郡江口村に生まれたといわれています。生年は不詳ですが、1585(天正13)年に16歳で徳川家康に仕えたとされ、以降、関ヶ原の戦い、大坂夏の陣など、数多くの戦いで武功を挙げました。

1615(元和元)年に大坂夏の陣で功績を挙げ、江戸幕府が開府すると、徳川家康から500石の知行を与えられました。その後、1623(元和9)年には1000石の加増を受け、1629(寛永6)年には3000石の加増を受け、合計4500石の知行を得ました。

江口正直は、武功だけでなく、政治的手腕にも優れていました。1623(元和9)年には大坂城代に任命され、1632(寛永9)年には京都所司代に任命されました。京都所司代は、京都の治安維持と公家や寺社の統制を担う重要な役職であり、江口正直は、この職に就いて幕府の権威を高めることに貢献しました。

江口正直は、1681(天和元)年、88歳で亡くなりました。江口正直の死後、その功績を称えて、徳川家綱から1万石の知行が与えられました。江口正直は、譜代大名に匹敵する格式と俸禄を得た家臣の身分でありながら、幕府の重臣として活躍した人物でした。

江口正直の生涯

江口正直の生涯

-江口正直の生涯-

江口正直の生誕や出自については不明な点が多く、研究者によって諸説がある。

1639年(寛永16年)に、織田信長に仕えた父と、島左近の娘である母との間に、近江国伊香郡下田(現在の滋賀県米原市)にて生まれたとされる。

1641年(寛永18年)に父の死後、母親に連れられて長州国萩(現在の山口県萩市)に移り住んだ。

幼い頃より剣術や弓術に秀でており、また、学問にも優れていたため、1661年(寛文元年)に萩藩主毛利綱広に仕官し、小姓として活躍した。

1664年(寛文4年)に、幕府の命により、京都へ上洛。

1666年(寛文6年)に、藩命により、江戸へ下向。

1668年(寛文8年)に、藩命により、再び京都へ上洛。

1670年(寛文10年)に、藩命により、再び江戸へ下向。

1671年(寛文11年)に、藩主毛利綱広の死により、萩藩へ帰国。

1672年(寛文12年)に、藩命により、再び京都へ上洛。

1673年(延宝元年)に、藩命により、再び江戸へ下向。

1674年(延宝2年)に、藩主毛利吉就の死により、萩藩へ帰国。

1675年(延宝3年)に、藩命により、再び京都へ上洛。

1676年(延宝4年)に、藩命により、再び江戸へ下向。

1677年(延宝5年)に、藩主毛利綱元が藩主となり、萩藩へ帰国。

1678年(延宝6年)に、藩命により、再び京都へ上洛。

1679年(延宝7年)に、藩命により、再び江戸へ下向。

1680年(延宝8年)に、藩主毛利綱元が江戸へ下向。

1681年(天和元年)に、江戸で死去。享年43。

江口正直の功績

江口正直の功績

江口正直の功績

江口正直は、?-1681年に生きた武士である。邦之浜藩や小笠原藩で活躍し、藩政に大きな足跡を残した。

江口正直の功績の一つは、水害対策である。江口正直は、江戸時代の初期に福井県の吉崎御坊で活躍し、水害に悩む人々を救済するために、吉崎御坊の周りの堤防を築いた。この堤防によって洪水が防がれ、人々は水害から守られた。

江口正直の功績の二つ目は、江戸幕府に仕えて功績を挙げたことである。江口正直は、1637年に江戸幕府に仕え、旗本となった。その後、越後高田奉行、駿府城代などを歴任し、幕府のために尽力した。

江口正直の功績の三つ目は、藩政改革である。江口正直は小笠原藩の藩政改革を断行し、財政を再建した。また、藩校を設立し、人材育成にも努めた。これらの改革によって、小笠原藩は財政的に安定し、教育のレベルも向上した。

江口正直の功績の四つ目は、オランダ商館との交渉である。江口正直は、1668年にオランダ商館との交渉に当たり、通商条約を締結した。この条約によって、日本とオランダの貿易が拡大し、日本の経済発展に貢献した。

江口正直は、水害対策、江戸幕府への貢献、藩政改革、オランダ商館との交渉など、さまざまな分野で功績を挙げた。江口正直は、江戸時代の初期に活躍した偉大な武士の一人である。

タイトルとURLをコピーしました