「紀大磐」とは?名将であり、罪人だった男

「紀大磐」とは?名将であり、罪人だった男

新羅遠征と諸将との対立

新羅遠征と諸将との対立

-新羅遠征と諸将との対立-

661年、百済・高句麗が唐の侵攻によって滅ぼされると、倭国(日本)と新羅が朝鮮半島で対立するようになった。663年、新羅は唐と同盟を結び、倭国を攻撃してきた。このとき、倭国の将軍・紀大磐(き の おおいわ)は、新羅軍を迎え撃って勝利を収めた。しかし、紀大磐は唐の侵攻を甘く見ていたため、新羅軍の再侵攻を許してしまう。その後、唐・新羅連合軍は倭国に侵攻し、白村江の戦いで倭国は敗北した。

白村江の戦いの後、紀大磐は諸将から責任を問われ、処刑された。紀大磐は名将であったが、新羅遠征での失態が致命傷となった。また、紀大磐は諸将との対立も深まっており、そのことも処刑の原因となったと考えられている。

紀大磐の処刑後、倭国は唐と新羅に服属することとなった。この服属状態は、約100年間続いた。その間、倭国は唐や新羅から文化や技術を学び、国家としての基礎を固めていった。

紀大磐は、倭国の歴史において、名将であり、罪人であった。紀大磐の処刑は、倭国に大きな影響を与え、その後の倭国の歴史を大きく変えた。

任那を拠点に三韓の王を目指した反乱

任那を拠点に三韓の王を目指した反乱

任那を拠点に三韓の王を目指した反乱

紀大磐は、6世紀後半に任那を拠点に三韓の王を目指して反乱を起こした人物である。彼は百済の武寧王の子で、幼少の頃から任那に居住していた。任那は、朝鮮半島の南部に位置する地域で、百済の支配下に置かれていた。紀大磐は、任那の豪族たちの支持を得て、599年に百済に対して反乱を起こした。反乱軍は、百済の軍勢を破って任那の支配権を掌握し、紀大磐は「任那王」を名乗った。

紀大磐は、任那を拠点に三韓の統一を目指して、新羅や高句麗と戦った。しかし、新羅と高句麗の連合軍に敗れ、602年に降伏した。紀大磐は、新羅に捕らえられて、603年に処刑された。

紀大磐の反乱は、任那の百済支配に対する不満が高まっていたことを示している。また、三韓の統一が、新羅と高句麗の連合によって阻止されたことを示している。紀大磐は、反乱を起こしたことで罪人となったが、任那の独立を回復しようとした彼の功績は評価されている。

百済と戦い、兵力が尽きて帰国

百済と戦い、兵力が尽きて帰国

-百済と戦い、兵力が尽きて帰国-

大伴磐は、百済と戦い、兵力が尽きて帰国したことがあります。

589年、百済が高句麗に攻め込まれ、日本に救援を求めてきました。磐は、百済救援のため、2万の兵を率いて百済に向かいました。しかし、百済と高句麗の軍勢は強く、磐の軍勢は苦戦を強いられました。

磐は、百済の首都である漢城を包囲しましたが、陥落させることができませんでした。また、高句麗の援軍が到着し、磐の軍勢はさらに苦しくなりました。

磐は、兵力が尽きてしまったため、百済から撤退せざるを得ませんでした。磐は、帰国後、失態を償うため、天皇に自害を願い出ましたが、天皇はこれを許しませんでした。

磐は、帰国後も、軍人として活躍し、592年に高句麗を破り、遼東半島を制圧しました。磐は、593年に病死しましたが、その死は、百済救援に失敗したことを悔やんで自殺したのではないかと言われています。

タイトルとURLをコピーしました