紀皇女 – 古代日本の悲劇のヒロイン

紀皇女 – 古代日本の悲劇のヒロイン

紀皇女の生涯

紀皇女の生涯

-紀皇女の生涯-

紀皇女は、日本史上の悲劇のヒロインとして知られています。彼女は、天武天皇と持統天皇の第一皇女として、661年に生まれました。
幼少の頃から聡明で才色兼備と称され、皇太子として立てられます。

しかし、病弱な紀皇女は成人しても皇位に就くことができず、弟の草壁皇子が皇太子となりました。草壁皇子と紀皇女は仲睦まじく、二人は結婚しました。しかし、草壁皇子は紀皇女を一人残して早世してしまいます。

悲しみに暮れる紀皇女は、草壁皇子の遺児を養育します。しかし、一度は権力を握りながらも、徐々にその力を失ってしまいます。そして、729年に紀皇女は亡くなります。

紀皇女の死後、草壁皇子の遺児である光明皇后が即位しました。光明皇后は、母である紀皇女の悲願であった都を平城京に遷都しました。

紀皇女の生涯は、悲劇に満ちたものでした。しかし、彼女は聡明で才色兼備であり、光明皇后の即位や平城京遷都など、日本史に大きな足跡を残しました。

紀皇女の歌

紀皇女の歌

-紀皇女の歌-

悲劇のヒロインとして知られる紀皇女は、多くの歌を残した。その中には、彼女の悲しみや苦しみを歌ったものも多く含まれている。

最も有名な歌の一つは、夫である大津皇子を亡くした後に詠んだ歌である。

* -「大皇子の御稜の辺をば、行けども行けども、飽かぬものかも。草は生い繁く。露は降りしきる。我が衣手に、露は降りしきる。」-

この歌は、大津皇子の墓の近くをいつまでも歩き続け、彼を偲ぶ彼女の姿が描かれている。草が生い茂り、露が降りしきる中、彼女は夫の死を悼み、悲しみをつのらせている。

また、彼女は夫との思い出を歌った歌も残している。

* -「大皇子の御馬どもかも、馬ゆきて、よするばかりぞ、食む草の、露も置き露も」-

この歌は、大津皇子が亡くなった後、彼の馬が主人を慕って、彼の墓の近くで草を食べている様子を詠んでいる。馬は主人を亡くした悲しみを忘れることができないように、彼女は夫への思いをいつまでも忘れることができないことを歌っている。

紀皇女は、その悲劇的な人生の中で、多くの歌を残した。彼女の歌は、彼女の悲しみや苦しみを歌ったものも多く、彼女の心の内を垣間見ることができる。

紀皇女を詠んだ歌

紀皇女を詠んだ歌

-紀皇女を詠んだ歌-

紀皇女は、悲劇的な生涯を送った古代日本の女性。
聖徳太子の異母妹で、推古天皇の皇太子でしたが、622年に蘇我入鹿によって暗殺された。

紀皇女の死後、その悲劇的な生涯を悼んで多くの歌が詠まれた。
その中でも有名なのが、万葉集に収められている「柿本人麻呂の歌」です。

柿本人麻呂の歌は、紀皇女の死後約100年後に詠まれたもの。
紀皇女の墓を訪れた柿本人麻呂は、その美しい墓を前に、紀皇女の生涯を偲び、その悲劇を嘆いた。

歌の中では、紀皇女を「天つ空に 雲居に隠りし 月よりも 光かぐやけく 皇女」と詠い、その美しさと高貴さを称えている。
また、紀皇女の死を「玉の緒よ 絶えて久しく なりぬとも 忘れず思ほゆ 妹が笑顔」と詠い、その死を悼んでいる。

柿本人麻呂の歌は、紀皇女の悲劇的な生涯を伝える貴重な史料であるとともに、その文学的な価値も高い。
紀皇女の死を悼んで詠まれた歌の中でも、最も有名な歌の一つである。

タイトルとURLをコピーしました