「大槻伝蔵」 加賀藩の財政を立て直した武士

「大槻伝蔵」 加賀藩の財政を立て直した武士

足軽の子から大出世の藩財政指南役「大槻伝蔵」

足軽の子から大出世の藩財政指南役「大槻伝蔵」

-足軽の子から大出世の藩財政指南役「大槻伝蔵」-

加賀藩第9代藩主・前田重継の時代に藩財政を立て直し、優れた農政家として知られる大槻伝蔵は、1683年、金沢の足軽の子として生まれました。幼少期は貧しい暮らしを送っていましたが、優れた才能を見込まれて藩校「明倫堂」に入学。そこで学んだ儒学や経済学の知識を活かして、藩の財政改革に携わるようになりました。

前田重継は、藩の財政立て直しのため、家臣たちに意見を求めました。そこで、伝蔵は藩の財政赤字の原因は、藩の収入を上回る出費にあると指摘。そして、出費を抑えるために、藩士の給料や役人の数を減らすこと、藩の借金を減らすために、藩が所有する土地や建物を売却することなどを提案しました。

伝蔵の提案は、藩の重臣たちから猛反発を受けましたが、前田重継は伝蔵の提案を採用。伝蔵の改革によって、加賀藩の財政は好転し、藩の財政赤字は解消されました。伝蔵の功績を称えて、前田重継は伝蔵に藩財政指南役の職を与えました。

伝蔵は、藩財政指南役として、加賀藩の財政改革をさらに進めました。伝蔵は、藩の収入を増やすために、藩の特産品である加賀絹や加賀蒔絵の販売を奨励し、藩の支出を抑えるために、藩士の給料を削減し、藩の借金を減らすために、藩が所有する土地や建物を売却しました。

伝蔵の改革によって、加賀藩の財政は飛躍的に改善されました。加賀藩は、借金のない藩となり、藩の財政は安定しました。伝蔵の功績を称えて、前田重継は伝蔵に藩の重臣に取り立てました。

伝蔵は、加賀藩の財政改革だけでなく、農政改革にも尽力しました。伝蔵は、藩の農民たちに新しい農法を教え、農作物の生産量を増やすことを奨励しました。伝蔵の改革によって、加賀藩の農作物の生産量は飛躍的に増加しました。

伝蔵は、1754年に71歳で亡くなりました。伝蔵の死後、加賀藩の財政は再び悪化し、借金だらけの藩となりました。しかし、伝蔵の改革によって加賀藩は借金のない藩となり、藩の財政は安定したため、加賀藩は幕末まで存続することができました。

吉徳の死後、反対派により流罪

吉徳の死後、反対派により流罪

吉徳の死後、反対派により流罪

加賀藩の財政を立て直した武士、大槻伝蔵は、吉徳の死後、反対派により流罪に処された。吉徳が亡くなった直後、藩内では、伝蔵を弾劾する動きが強まった。伝蔵は、吉徳の信任が厚く、藩政の実権を握っていたため、多くの藩士から妬まれていた。

藩主・前田綱紀は、伝蔵を流罪に処すことを決めた。伝蔵は、越後国高田藩(現在の新潟県上越市)に流された。伝蔵は、流罪先で病に倒れ、1714年に亡くなった。

伝蔵の流罪は、加賀藩にとって大きな損失となった。伝蔵は、藩政に精通しており、藩財政の立て直しに貢献した有能な人物だった。伝蔵の流罪により、加賀藩は財政難に陥り、藩政は混乱した。

伝蔵の流罪は、藩主・綱紀の失政とも言われている。綱紀は、伝蔵の才能を正しく評価することができず、反対派の讒言に乗せられて伝蔵を流罪に処してしまった。綱紀の失政により、加賀藩は大きな損害を被った。

伝蔵の流罪は、加賀藩の歴史の中で、最も重要な事件のひとつである。伝蔵の流罪は、加賀藩に大きな影響を与え、藩政の混乱を招いた。

のちに小説や芝居で取り上げられた「加賀騒動事件」

のちに小説や芝居で取り上げられた「加賀騒動事件」

-のちに小説や芝居で取り上げられた「加賀騒動事件」-

大槻伝蔵は、加賀藩の重臣であり、財政を立て直した武士として知られている。しかし、彼の人生にはもう一つの顔があった。それは、「加賀騒動事件」への関与である。

加賀騒動事件とは、1835年に加賀藩で起こった騒動である。この騒動は、藩主の前田斉泰と家老の大槻伝蔵の対立が原因で起こったとされている。

斉泰は、藩の財政を立て直すために様々な改革を行った。しかし、これらの改革は藩士の反発を招いた。そして、斉泰と伝蔵の関係が悪化し、騒動が勃発したのである。

騒動は、伝蔵が藩を追放されることで収束した。しかし、この騒動はのちに小説や芝居で取り上げられ、広く知られるようになった。

小説では、伝蔵は忠義の士として描かれることが多い。一方、芝居では、伝蔵は謀略家として描かれることが多い。

いずれにしても、伝蔵は加賀騒動事件の中心人物であり、彼の生涯は多くの作品の中で描かれている。

-伝蔵が追放された理由-

伝蔵が追放された理由は、斉泰と伝蔵の対立が原因である。斉泰は、藩の財政を立て直すために様々な改革を行った。しかし、これらの改革は藩士の反発を招いた。そして、斉泰と伝蔵の関係が悪化し、騒動が勃発したのである。

騒動のきっかけとなったのは、伝蔵が斉泰の側近を殺害したという噂である。この噂は、斉泰の怒りを買い、伝蔵は藩を追放された。

しかし、伝蔵が実際に側近を殺害したかどうかは定かではない。伝蔵は、斉泰の側近を殺害したことを否定しており、斉泰の側近が自殺したともいわれている。

いずれにしても、伝蔵は藩を追放され、騒動は収束した。

タイトルとURLをコピーしました