「城丘前来目」

「城丘前来目」

「城丘前来目」とは

「城丘前来目」とは

– 「城丘前来目」とは

「城丘前来目」とは、京都府舞鶴市にある城丘地区で行われる伝統行事です。毎年10月最終日曜日に開催され、多くの観光客が訪れます。

「城丘前来目」の起源は、平安時代末期にさかのぼります。当時、城丘地区は海賊の襲撃に遭うことが多く、村人たちは海賊から村を守るために、城丘城を築きました。城丘城は、海賊の襲撃を防ぐとともに、村人たちの避難場所としても利用されました。

鎌倉時代になると、城丘地区は海賊の襲撃に遭うことが少なくなり、城丘城は廃城となりました。しかし、城丘城の跡地には、海賊から村を守ったという言い伝えが残されており、毎年10月最終日曜日に「城丘前来目」が行われるようになりました。

「城丘前来目」は、城丘城の跡地で行われる神事です。神事は、村の氏神である城丘神社の宮司が執り行い、村人たちが参列します。神事は、海賊から村を守った先祖を供養し、村の安全を祈願するために行われます。

「城丘前来目」は、城丘地区の伝統行事であり、村人たちが大切にしている神事です。毎年10月最終日曜日に開催され、多くの観光客が訪れます。

大蔵省を占拠し、大伴室屋の兵に包囲される

大蔵省を占拠し、大伴室屋の兵に包囲される

-大蔵省を占拠し、大伴室屋の兵に包囲される-

天平宝字8年(764年)11月16日、藤原仲麻呂は、舎人親王を擁して太師の位につき、翌17日には大蔵省を占拠して百官を集め、勅を偽作して、大伴古麻呂を大宰帥、小野東人を太宰大弐に任命して、大宰府を襲撃させた。

18日、大伴古麻呂は、豊前国にいたが、大宰府を襲うという情報を得ると、すぐに兵を率いて大宰府に引き返した。大宰府に到着すると、大蔵省を占拠した藤原仲麻呂の軍と戦い、これを撃破した。

19日、藤原仲麻呂は、大蔵省を占拠し、百官を集めて勅を偽作したことが発覚すると、大伴古麻呂の軍に追われて、奈良の都から逃亡した。大伴古麻呂の軍は、藤原仲麻呂を追撃したが、藤原仲麻呂は、大和国を抜け出して、伊勢国に逃亡した。

20日、藤原仲麻呂は、伊勢国に滞在していたが、大伴古麻呂の軍が迫っていることを知ると、さらに北上して、美濃国に逃亡した。大伴古麻呂の軍は、藤原仲麻呂を追撃し、美濃国で藤原仲麻呂と会戦した。

21日、藤原仲麻呂は、美濃国で戦死し、大伴古麻呂は、藤原仲麻呂の乱を鎮圧した。

タイトルとURLをコピーしました