紀押勝 – 敏達天皇12年に百済に派遣された豪族

紀押勝 – 敏達天皇12年に百済に派遣された豪族

紀押勝の生涯

紀押勝の生涯

– 紀押勝の生涯

紀押勝(きのおしかつ)は、敏達天皇12年(583年)に百済に派遣された豪族です。百済で10年間学び、帰国後は朝廷に仕えました。推古天皇11年(603年)に、聖徳太子の側近として、遣隋使として中国に派遣されました。帰国後は、聖徳太子の死後も朝廷で活躍し、皇極天皇4年(645年)に、中大兄皇子と中臣鎌足が起こした乙巳の変(いっしのへん)で活躍しました。

-# 遣隋使としての活躍

推古天皇11年(603年)、紀押勝は、聖徳太子の側近として、遣隋使として中国に派遣されました。隋の煬帝に、日本の国情を伝え、友好関係を築くことが目的でした。紀押勝は、隋の首都である大興城(現在の西安)に滞在し、隋の文化や制度を学びました。また、隋の煬帝に、日本の国情を伝え、友好関係を築くための交渉を行いました。

-# 乙巳の変での活躍

皇極天皇4年(645年)、紀押勝は、中大兄皇子と中臣鎌足が起こした乙巳の変(いっしのへん)で活躍しました。乙巳の変は、蘇我入鹿を討ち、蘇我氏を滅亡させることを目的としたクーデターでした。紀押勝は、中大兄皇子と中臣鎌足の側近として、乙巳の変に参加しました。乙巳の変は成功し、蘇我入鹿は討たれ、蘇我氏は滅亡しました。

-# 晩年

乙巳の変の後、紀押勝は、朝廷で活躍しました。皇極天皇7年(648年)には、左大臣に任命され、朝廷の最高官職を務めました。また、斉明天皇2年(656年)には、遣唐使として、中国に派遣されました。遣唐使は、唐の高宗に、日本の国情を伝え、友好関係を築くことが目的でした。紀押勝は、唐の首都である長安(現在の西安)に滞在し、唐の文化や制度を学びました。また、唐の高宗に、日本の国情を伝え、友好関係を築くための交渉を行いました。

紀押勝は、斉明天皇4年(658年)に、66歳で亡くなりました。紀押勝は、敏達天皇から斉明天皇までの5代の天皇に仕えた、日本の歴史上、重要な人物です。

百済への派遣の経緯

百済への派遣の経緯

-百済への派遣の経緯-

紀押勝は、敏達天皇12年(583年)に百済に派遣された豪族です。この派遣の経緯については、史料によって若干の違いがありますが、一般的には次のような流れであったと考えられています。

582年、百済の聖明王が新羅と高句麗の侵攻を受けて、日本に救援を求めてきました。敏達天皇は、この要請を受けて、翌年に紀押勝を百済に派遣して、聖明王に援助を約束しました。

紀押勝は、583年に百済に到着し、聖明王に日本の援助を伝えました。聖明王は、紀押勝の来訪を喜んで、彼を厚遇しました。紀押勝は、百済に滞在中は、日本の文化や技術を伝え、百済の文化の発展に貢献しました。

紀押勝は、587年に日本に帰国しました。帰国後、彼は敏達天皇に百済の現状を報告し、両国の友好関係をさらに深めるために尽力しました。

紀押勝の百済への派遣は、日本の外交政策における重要な出来事でした。この派遣により、日本と百済の友好関係がさらに深まり、両国間の文化交流が盛んになりました。また、この派遣は、日本が朝鮮半島情勢に介入するきっかけとなり、後の朝鮮半島への出兵につながる重要な出来事となりました。

日羅の帰国

日羅の帰国

日羅の帰国

日羅は、敏達天皇12年に百済に派遣された豪族、紀押勝の子です。百済では、太子となった阿佐太子の師として仕えました。

敏達天皇14年に、日羅は帰国しました。日羅は、帰国時に百済の土産として、仏像や経典を持ち帰りました。これらの土産は、日本に仏教を伝えたことで知られています。

日羅は、帰国後も阿佐太子の師として仕えました。阿佐太子が推古天皇2年に即位すると、日羅は、阿佐太子の側近として活躍しました。

日羅は、推古天皇11年に死去しました。日羅の死は、日本に仏教を伝えた人物の死として、大きな悲しみを持って迎えられました。

日羅の帰国は、日本に仏教を伝えた大きな出来事でした。日羅の帰国によって、日本に仏教が伝わり、日本文化に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました